農薬について知ろう

福島第一原発避難エリア内で放棄された牛の体内の人工放射性物質

Distribution of artificial radionuclides in abandoned cattle in the evacuation zone of the Fukushima Daiichi nuclear power plant
福島第一原発避難エリア内で放棄された牛の体内の人工放射性物質
Tomokazu Hukuda 東北大学
PLOS ONE   January2013 volume8
 
福島第一原発から20Km圏内の79頭の牛の臓器中の放射性物質濃度を測定した。検査したすべての臓器からセシウム -134とセシウム -137が検出された。さらに、臓器特異的に肝臓から銀 -110m(半減期249.8日)、腎臓からテルル -129m(半減期33.6日)を検出した。
胎児(牛)と幼児(牛)からは母牛のそれぞれ1.19倍、1.51倍のセシウムが検出された。
 
方法と結果
2011429日から1115日にかけて、79頭の牛を捕獲した。地域別では、南相馬27頭、川内村52頭。
3地点で捕獲した。
地点1 南相馬 牛舎内にいた 未汚染の飼料 汚染した水
地点2 川内村 放し飼いにされていた(汚染)
地点3 南相馬     〃
 
  • 銀とテルルの両方とも胎盤を通過できるが、胎児の臓器からは、銀 -110m、テルル -129mとも検出されなかった。
  • バンダジェフスキーの研究で報告されている内分泌器官、とくに甲状腺のセシウム蓄積は、我々の研究ではみられなかった。
  • ウクライナのセシウム -137汚染地域の人々の膀胱の尿上皮に増殖性の細胞がみられたり、慢性的な炎症がみられることの報告があった。しかし我々の研究では、膀胱に比較的高いセシウム蓄積が見られたが、今までのところ目視では異常を見つけられなかった。
  • チェルノブイリ事故後に羊の肝臓に、セシウム以上の銀 -110mの蓄積が報告されている。
福島第一原発事故後、大量のテルル -132が放出された。初期には、テルル -129mより高い濃度のテルル -132が避難エリアで検出された。テルル -129mが腎臓に蓄積していることから、同様にテルル -132も事故後、すぐに腎臓に蓄積しただろう。テルル -132の半減期は3.2日で、ヨウ素-132に変わる。ヨウ素 -132は甲状腺に蓄積する。以前に行われた研究でも、牛に経口投与された放射性テルルはヨウ素 –132になり、甲状腺に蓄積した。これらの研究は甲状腺のリスク評価に当って、ヨウ素 -131と同様にテルル -132にも注意する必要性を示している。

 

解説
セシウムの体内分布については、以前の動物実験で筋肉を中心に全身に均一に分布するといわれていたものの、バンダジェフスキーの研究で、内分泌器官にかたよって分布するという人での研究もあり、正確な研究が必要とされていました。今回の研究結果でも、以前の動物実験での結果と同じ結論−筋肉を中心に全身にまんべんなく分布する−ことが確かめられました。もう少し詳しい研究が必要ですが、セシウムに関して、どこかの器官に濃縮するという可能性はかなり低く、現状では気にする必要性は少ないと思います。
しかし、今回の研究で気になるのは、テルル -129m、テルル –132です。経済産業省の平成231020日の報告によると(http://www.meti.go.jp/press/2011/10/20111020001/20111020001.pdf)、福島第一原発から放出された量として、

となっている。テルル -132はテルル -129m26.7倍放出されており、テルル –129mが腎臓に7000ベクレル/Kg蓄積していたことから、その26.7倍の蓄積の可能性があり、そのテルル -132がヨウ素 -132に変わって甲状腺に移行して被曝をもたらしていた可能性があります。
テルル -132はセシウム -137、セシウム -134の合計量の2.7倍放出されており、半減期78.2時間でヨウ素 -132に変わります。

スチレンの発ガン性をNTPが2011年に認定しました

スチレンの発ガン性をアメリカ国家毒性計画(NTP)2011年に認定しました。
Report on Carinogens,13
 
ヒトでの発ガン性の証拠は限定的、毒物実験では発がん性に充分な証拠がある。
 
ヒトでの発ガン研究
  1. スチレン曝露した労働者にリンパ造血組織のガンの発生率と死亡率の増加とリンパ球のDNA付加体(DNAにくっつく)と遺伝障害の増加が見られる。
  2. 食道ガンとすい臓ガンの増加にも、ある程度の証拠が有る。
  3. 発ガン性の完全な証拠はないが、スチレン曝露した労働者のリンパ球に、DNA付加体と染色体異常があることから、スチレン曝露と発ガンの関係は信頼できる。
  4. ヒトでの発ガンの多くの証拠は、強化プラスチック産業、スチレン−ブタジエンゴム産業という2つの分野から来ている。
 
動物実験
  1. CD-1マウスのオス、メスの吸入実験で良性肺しゅよう及び悪性しゅよう(両者をまとめる)
  2. オス、B6C3Fの経口投与で、良性+悪性肺しゅようが投与量に比例して増加。
 
遺伝毒性
  1. スチレンの分解産物、スチレン-7.8-オキサイドはDNA付加体を作る(DNAにくっつく)
  2. スチレン-7.8-オキサイドは、試験管内の実験では突然変異を起こす。
  3. マウスへの投与でDNAの1本連鎖が切断される。
 
曝露
スチレン製造工場、タバコの煙、自動車の排ガス、生シナモン、ポリスチレン容器から、スチレンの溶出
 
カナダの研究では、
子ども 0.8μg/kg/
大人 0.4μg以下/kg/
 (体重が50kgとすると、20μg//1日→1日、1人20μgの摂取)
喫煙者 3.5μg/kg/
    
   
次の論文はポリスチレン容器からのスチレン溶出量を調査しています。
調査したのはDFA(アメリカ食品医薬品局)です。
 
Updated evaluation of the migration of styrene monomer and oligomers from polystyrene food contact materials to food and food simulants

ポリスチレン容器から食品へのスチレン及びスチレンオリゴマーの溶出量の最新調査
ポリスチレン容器から食品への溶出量は、
 
スチレン(モノマー) 2.6163ng(2.6μg/kg163μg/kg
スチレンダイマー
(スチレンが2つ結合しているもの)
 検出限界以下〜4.8ng/g

解説
カップ麺などの容器には、ほとんどポリスチレン(PSと表記)が使われています。
ポリスチレンの中には、スチレンが残っており、食品に移行します。
今、そのスチレンがNTP(アメリカ国家毒性計画)により、2011年に発ガン性が認定されました。IARC(国際ガン研究機関)によっても、2002年にグループ2B(ヒトに対して発がん性の可能性がある)に分類されています。
 
2015年2月の日本スチレン工業会のホームページを見ると
・スチレンには発がん性がない
IARCの認定は、多くの科学者が新しいデータを考慮していないと指摘している。
・遺伝毒性はない
としていますが、IARCNTPという、2つの大きな機関の認定と大きなへだたりがあります。

グリフォサート、ダイアジノン、マラチオン、パラチオン、テトラクロルビンフォスの発ガン性をIARCが認定しました

グリフォサート(商品名 ラウンドアップなど)、ダイアジノン、マラチオン、パラチオン、テトラクロルビンフォスの発ガン性をIARC(国際ガン研究機関)が認定しました。
Lancet. March 20,2015
 
商品名 種類など 発ガン性 分類
ヒト 動物
テトラクロルビンフォス
有機リン系殺虫剤、
EU禁止、
アメリカ動物用のみ
不充分 充分 2B
パラチオン
有機リン系殺虫剤、
EU、アメリカ、日本禁止
不充分 充分 2A
マラチオン
遺伝毒性、酸化ストレス、
炎症、ホルモンかく乱
マラソン
有機リン系殺虫剤、
現在多量に使われている。
限定的
ノンホジキンリンパ腫
前立腺ガン
充分 2A
ダイアジノン
遺伝毒性、酸化ストレス
エキソジノン、
ショットガン
有機リン系殺虫剤、
アメリカとEUでは使用が制限
限定的
ノンホジキンリンパ腫
白血病
肺ガン
限定的 2A
グリフォサート
遺伝毒性、酸化ストレス
ラウンドアップ
750種類以上
除草剤、
世界中で最も多く使用されている
空気、水、食品から検出
限定的
ノンホジキンリンパ腫
充分 2A

解説
IARCの今回の発ガン性認定で重要な点は、グリフォサート(商品名:ラウンドアップなど)です。アメリカのアグロビジネスの巨大資本モンサント社が製造、遺伝子組換え作物の拡大に伴い、世界中の使用量が増加しました。アメリカ環境保護庁(EPA)によると、
 
アメリカ2007年 農地 アメリカ2007年 家庭 アメリカ2007年 産業 政府
8200084000トン 23003600トン 59006800トン

日本では、2004年に8782トン余りの原体製剤が輸入されている(農薬毒性の事典)。遺伝子組換え農作物の輸入急増により、日本政府はグリフォサートの残留許容量を、トウモロコシ0.1ppm1.0ppmに、大豆が6.0ppm20ppmに緩和されています。(基準値が高い食品としては、小麦5ppm、大麦20ppm、綿実10ppm、ナタネ10ppmなどになっています)
実際に残留量を調べた報告では、大豆にグリフォサート3.3ppm。グリホサートの分解物AMPA(アミノメチルフォスフォニック酸)、5.7ppmFood Chemistry 153(2014)207-215)
 
この報告では、有機大豆11点、慣行大豆10点、遺伝子組換え大豆10点、計31点中のグリフォサート+AMPA(分解物)を調べた所、遺伝子組換え大豆のみ、10点のみから残留を検出しました。
現在、使われている農薬として他に気になるのがマラチオンとダイアジノンです。
マラチオンは輸入小麦のポストハーベスト農薬としてよく使われます。
小麦への残留基準値は8ppm
ダイアジノンは使用量が多く、日本国内では2004年に6014.9トンが生産されています。(農薬毒性の事典)

大豆試料中のグリフォサートの残留物 およびAMPA
図1. 大豆試料中のグリフォサートの残留物およびAMPA (n = 31).

 
 
 

バナナの病気と農薬の関係(ブラックシガトカ病)

バナナの病気と農薬の関係(ブラックシガトカ病)

『ブラックシガトガ病』

フィジーのシガトカ谷で、1963年に確認され、東南アジア、南太平洋に広がった世界的に深刻な病気です。
バナナの葉が黒く変色するため、光合成を阻害し、収穫量が半減しする病気です。

 
葉が黒くなり、ボロボロになってしまっています。          ブラックシガトカ病にかかったバナナ。葉が黄変、
                                               黒化し、一部は根元から折れてしまっています。

ブラックシガトカ病にかかると・・・
収穫量が半減
・農薬使用
  →年間に25〜40回
・農薬にかかるコスト
  バナナの最終価格の1520
・殺菌剤への耐性菌が増加
    さらなる殺菌剤の使用が必要に
・農薬の集中使用で
  その分解物で高濃度に汚染
マンセブの集中使用でその分解物エチレンチオウレアにプランテーション内の水が汚染されていた
エチレンチオウレアアメリカ科学アカデミーで発がん性の恐れ

バナナのブラックシガトカ病に対する耐性についての論文より
メキシコでは、ブラックシガト病が、1980年代に確認され、15年で急速に全土に広がった。この病気により収穫量は50〜100%減少する。バナナ畑では合成殺菌剤を使う。2010年ではメキシコ国内のバナナ農家は殺菌剤に5500万ドル(日本円で55億円)使った。

 
農薬を多量に使う防除法
1年間に殺菌剤(マンゼブ)を35回
その内14〜20回を他の農薬に切り換える場合もある。
 
中間型防除法
マンゼブ、クロロタロニルを15回

農薬を使わないバナナ園と多量に農薬を使うバナナ園からブラックシガトカ病原菌を収集
 
農薬に対する耐性を調べた。
半数致死濃度という値を使い、値が半減するのに使用した農薬の濃度を調べた。
 
結果
多量に農薬を使うバナナ園では、マンセブでは2倍、農薬によっては濃度を10倍以上にしないといけないものもあった。これは農薬に対して耐性がついていると言える。
マンセブ アメリカ環境保護庁(EPA)
発がん性の恐れ

弊社で販売しているオーガニックバナナに使っているのは
Timorex Gold(天然植物性殺菌剤)
ブラックシガトカ病にも高い効果があり、EUでも認可

今、安売りで売られているバナナは、5100円前後でしょうか?
この安いバナナを作るためには、多くの農薬を必要としています。
農薬を使用しても、農薬に対して菌に耐性がついてしまい、さらなる農薬の使用、違う農薬の使用・・そしてまた耐性菌がでて…といたちごっこが続きます。使用している農薬の中にはマンセブなど発がん性の恐れのあるものもあるのです。
安く買えることは、消費者にとってとてもありがたいことです。
でも、その裏には、多量の農薬使用という問題があることを知ってもらえたらなと思います。(岩田)


 

みかんとメチダチオン(農薬)の危険な関係

みかんメチダチオン(農薬)の危険な関係

メチダチオンは、みかんによく使われる農薬です
実は、メチダチオンは、劇薬扱いの農薬。
EUでも、アメリカでも登録廃止
発がん性の恐れもあり、健康被害が出た場合に影響が大きい
でも、日本ではメチダチオンが使用可能

メチダチオン
メチダチオンは、カミキリ虫対策に使われる農薬。カミキリムシが木に入ると、木は枯れてしまうため、
メチダチオンを使用しているのです。

みかんの木が枯れてしまったら、また実を収穫するまでに、10年以上費やさなくてはならないのです。
だから、みかん農家さんは、農薬を使うのですね。


メチダチオンって、どんな問題点があるの?
メチダチオンは発がん性の恐れがあります。また、メチダチオンだけではありません。
メチダチオンが変化してできるメチダチオンオクソンメチダチオンより毒性が高い可能性あるのです!
アメリカの調査では、
アーモンドへの残留
メチダチオン 1800ppb(1.8ppm)
メチダチオンオクソン 1800ppb(1.8ppm)
という結果も出ています!


実際に、どれくらい検出されているの?
東京都で、どれくらい果実にメチダチオンが残っているか、検査したら・・・
 
 
検体 検出  残留値  許容量
 清美  1  1  0.18ppm  5ppm
 ハッサク  1  1  0.75ppm
 デコポン  2  1  0.24ppm
 レモン  1  1  0.43ppm
                      平成24年東京都の残留農薬検査より
この他に不検出のかんきつ類として、安政柑、カラマンダリン、みかん(3サンプル)がありますが、メチダチオンが44%のかんきつ類にメチダチオンが残っているという結果に!

もし、このハッサクを食べたとしたら?
ハッサク1個 300g 残留値0.75ppm食べられる部分195g体重 50kgが分の1(66g)食べたら?
                               ↓

1日の摂取許容量を超える!
(生きている間、毎日摂取し続けても、健康に影響が出ないと考えられる一日あたりの量)

かんきつ類に農薬がこんなに残留している・・・その現状にびっくりです。毎日これだけ食べることはないのかもしれませんが、正直気になります。
私はこの原稿を作るまで、メチダチオンについては名前ぐらいしか知りませんでした。
消費者である私たちは、知らない情報がたくさんあります。また、インターネットで便利になり、しっかりとした根拠のわからない情報もたくさん出回っています。
自分で知ろうと思い調べてみなければわからない、調べてもわかりづらい情報がたくさんあります。そういった情報をもっとわかりやすくみなさんにお伝えしていけたらなと思います。
(岩田)


2015/1/21
誤りが有りましたので、2点訂正いたしました。
1. メチダチオンに発がん性がある為に、EUやアメリカで登録廃止になっているかのような表現が有りましたが、登録廃止の理由ではありません。しかし、メチダチオンには、動物実験で発がん性が見られる事は確かですので、表現を訂正させていただきました。
2. 
不検出の安政柑、カラマンダリン、みかん(3サンプル)を計算に入れず、8割のかんきつ類に残留しているような記述をいたしましたが、データを再確認したところ、9サンプル中4サンプルからの検出でした。
(外山)


名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ