化粧品について知ろう

ナノ化酸化チタン長期曝露による細胞のガン化

論文で紹介します

Disturbed mitotic progression and genome segregation are involved in cell transformation mediated by nano-Tio2 long-term exposure
ナノ化酸化チタン長期曝露による細胞のガン化は細胞分裂進行と分離がかく乱されることによって起こる。
HuangS 国立Chung Hsing 大学  台湾
Toxicol Appl Pharmacol, 2009 Dec 1,241(2):182-94


酸化チタンナノ粒子(直径100nm以下)は、毒性が低いため化粧品や薬に広範に使われている。しかしながら最新の研究では、酸化チタンナノ粒子は動物での発ガン性や種々の培養細胞での細胞毒性や遺伝毒性を示している。

この研究で私達は酸化チタンナノ粒子への短期曝露は細胞分裂、細胞の生存、活性酸素のいづれをも培養繊維芽細胞で増加させることを示した。さらに長期曝露は細胞の生存や増殖を増加させるばかりでなく、多核細胞や小核を増加させる。

私達の実験によって、酸化チタンナノ粒子への曝露は細胞周期進行と染色体の分離をかく乱し、染色体の不安定性と細胞のガン化につながっていることを証明している。


解説

日焼け止め防止のサンスクリーンに使われている、酸化チタンナノ粒子は長期間曝露によって細胞のガン化につながる。
 

(伊澤)

ナノ化酸化チタンはマウスに悪性的な腫瘍を生じさせる

論文で紹介します

Nano-scaled particles of titanium dioxide convert benign mouse fibrosarcoma cells into aggressive tumor cells
酸化チタンナノ粒子は、マウスの良性線維肉腫を悪性的な腫瘍に変化させる
Onuma K 山形大学
Am J Pathol.2009 Nov:175(5):2171-83


ナノ粒子は、商品として、医療製品として広まっています。しかし、発がん性については明らかになっていません。そこで私達は、腫瘍形成性があまりなく、転移性を持たないQR-32線維肉腫に対するナノ化酸化チタンの影響を調べた。QR-32線維肉腫とナノ化酸化チタンもしくは、ステアリン酸で表面コートしたナノ化酸化チタンを一緒に皮膚下に移植したマウスは、どちらも腫瘍を形成しなかった。しかし、先にナノ化酸化チタン処理をしてから、QR-32線維肉腫を移植すると、表面コートしていないナノ化酸化チタンの方は、肉腫を形成し転移性を獲得した。(表面コートナノ化酸化チタンの方は腫瘍を形成しなかった)。どちらの処理も組織的、及び炎症性サイトカインメッセンジャー RNA発現に違いはみられなかった。しかし、表面コートナノ化酸化チタンは、活性酸素種を細胞がない条件では多く作り出した。両方のナノ化酸化チタンは細胞内で活性酸素種を形成したが、表面コートナノ化酸化チタンはより強い生成をし、QR-32線維肉腫に細胞毒性を示した。さらに表面コートナノ化酸化チタンは、多核細胞を発生させた。酸化チタンの毒性を生き残った細胞は、腫瘍形成性を獲得した。これらの結果は、ナノ化酸化チタンは、活性酸素の生成によって良性の腫瘍を悪性腫瘍に変化させる力を持っていることを示している。


解説

化粧品で使われている酸化チタンはナノ化されており、そのままの物や表面をアルミニウムやステアリン酸などでコート(おおわれている)されているものなどがあります。今回の実験では、コート、未コート、いずれの酸化チタンも、細胞内で活性酸素を発生させること、又それによって細胞に対して毒性があること、又その毒性を超えて生き残った良性腫瘍が悪性腫瘍に変化することを示しています。皮膚に塗ったナノ化酸化チタンは、体内に浸透していかないという論文もありますが、傷んだ皮膚からは浸透するという論文もあります。日焼け止め(サンスクリーン)に使われているナノ化酸化チタンの安全性は、まだ発がん性があると結論できるわけではありませんが、予防原則として、取り扱いをやめるべきなのか正直困惑しています。酸化チタン以外の日焼け止め(サンスクリーン)の成分として酸化亜鉛や紫外線吸収剤(ベンゾフェノンなど)もありますが、どれも毒性が高いのでおすすめできません。服や帽子などの手段で日焼けを防止するのが現実的です。
 

(伊澤)

皮膚への塗布で酸化チタンナノ粒子が浸透し毒性を示す

論文で紹介します

Toxicity and penetration of TiO2 nanoparticles in hairless mice and porcine skin after subchronic dermal exposure
30日間の皮膚への塗布後に酸化チタンナノ粒子が浸透し、毒性を示す(無毛マウスと豚)
Wu J Liu Huazhong 大学(中国)
Toxicol Lett  2009 Dec 1;191(1):1-8


試験管内での単離された豚の皮膚に24時間、酸化チタンナノ粒子を曝露させた実験では、酸化チタンナノ粒子は、皮膚を浸透しなかったが、驚くべきことに、生きた動物を使った実験では、全く違った結果になった。

豚の耳に30日間、塗布したところ、酸化チタンナノ粒子(4ナノから60ナノ)は、角質層を越えて、表皮の深い層に移行した。さらに無毛マウスの皮膚に60日間曝露させた実験では、酸化チタンナノ粒子は、皮膚を越え、様々な組織に達し、いくつかの器官に傷害をもたらした。

とくに21ナノ酸化チタンナノ粒子は、幅広くいろんな組織に移行し、傷害はもたらさないものの、脳にまで移行した。すべての調査した器官の中で、皮膚と肝臓が最も大きく傷害を受け、それらはSOD(スーパーオキシドジスムターゼ・・・活性酸素分解酵素)MDA(マロンジアルデヒド・・・酸化物)の変化に対応していた。これらの結果は、ナノ粒子によって酸化的ストレスが生じていることを示唆していた。さらに酸化チタンナノ粒子は、皮膚の老化をもたらしていることも示していた。これらのことから、酸化チタンナノ粒子の比較的長い皮膚への曝露が、ヒトの健康に危険をもたらしている可能性を示している。
 

(伊澤)

ドイツ人の子供のホクロの数への日焼け止め剤と衣服の影響

論文で紹介します

Effect of sunscreen and clothing on the number of Melanocytic Nevi in 1812 German children attending day care
1812人のドイツ人の子供のメラニン細胞性ホクロの数への、日焼け止め剤と衣服の影響
Jurgen Bauer Eberhard−Karis 大学 ドイツ
Am J Epidemiol 2005 ; 161 : 620−627


メラニン細胞性ホクロの数は、メラノーマ(悪性黒色腫・・・ガン)につながる危険性が高い。この1998年の2歳から7歳の1812人のドイツの子供が78ヶ所のデイケアセンターでの、日焼け止め剤(サンスクリーン)と衣服の影響を、メラニン細胞性ホクロの数への影響を調べた研究です。子供の親に子供がどの位日光に当っているか、又、それに対する防御法について聞き取りをした子供の95%は、日焼け止めを使ったことがあった。日焼け止め剤(サンスクリーン)を使い、日焼け防止用に衣服を使っている子供ほど、より長い時間、日に当っていた。

交絡要因を補正後、分析の結果、日焼け止め剤(サンスクリーン)は、防御効果はなかった。衣服の効果は、服の枚数が増えるほど、メラニン細胞性ホクロの数は少なかった。

日焼けを避けることと、衣服で防ぐことを第一に、日焼け止め剤も使用するということを教える公教育が必要だ。
 

(伊澤)

紫外線から身を守る要因に関するテストについて

紫外線から身を守る要因=Ultraviolet Protection Factor (UPF)

衣服は紫外線から身を守るアイテムの中で最も有効で便利な物のうちの一つである。しかし、全ての衣服が十分に日光から身体を保護出来る訳ではない。

広範囲に降り注いでいる紫外線を浴びるとそれは人体にとって日焼けと言う形で現れ、ダメージも与え皮膚癌のリスクを高める。衣服は紫外線を防ぐのにはとても有効であるが全ての衣服がそう言った訳では無く、充分に日光を遮断できる訳ではない。全てのファブリック(織物、編み物等)に於いて紫外線を遮断する能力の測定を違う種類のファブリック毎に測定し、どの様な影響があるか実験・研究結果を測定した。

オーストラリア放射能防御・核安全保障事務所(ARPANSA )の紫外線研究室が行ったUPFに対してファブリックスと他の材料について実験を行った。

UPFがランク付けされる時ファブリックに対して大気中の紫外線・放射線をどの位、防ぐ効果を発揮するかどうかで定義される。この実験はオーストラリア・ニュージーランド基準(AS/NZS4399)を通して判定される。UPFのランク付けは15から50で数字が多くなるにつれて紫外線を防ぐ効果がより高くなっていく事になる。従ってファブリックの紫外線防御率の高い物を着用している人の方が紫外線から身を守ることが出来る。

ファブリックの実験結果により、UPFが50より高いものはUPF50+と表示される。

ARPANSAは1990年代初頭からこれらのファブリックによる測定を行ってきた。実験方法はオーストラリア基準(遮光衣料はAS/NZS4399:1996により分類され評価されている。)

この基準は1996年に公開されたものがUPF測定値方法の標準値に紹介され、また遮光効果のある衣料がその効果を主張する時に適切な用語として明記されるようになった。

UPFが測定される時、どの程度ファブリックに紫外線の拡大を伴い、サンプルに到達する量が実験された。違う紫外線の周波数(スペクトル)は異なった影響を人体の皮膚に与え、そしてそれはUPFの値を測定する時に計算される時点で配慮される。

UPF測定時にランク付けされる組織要因に貢献される事項は下記の点である。

・衣服の糸に使われている素材の構成(綿、ポリエステル、その他)
・どの程度強く糸が編まれているか、もしくは強く結ばれているか(きつく結ばれている方がランクが上に上がる)
・色(暗い色の方が一般的に良いとされている)
・伸縮性(伸縮性が強いものはランクが低い)
・湿度(沢山のファブリックは濡れている時の方がランクが低い)
・状態(擦り切れていたり、色褪せていたりする衣服はランクが減る)
・仕上げの状態(ある種類のファブリックは紫外線との科学薬品によって作成された状態にある)

ARPANSAは日光を遮断する材料のUPFのランク付けを測定するサービスを開始した。サンプル等は受け取った順番に処理される。更にUPFテストのリクエスト用紙はARPANSA UPF テスト部門へお問い合わせ下さい。電話番号+61-3-9433-2211

オーストラリアでは、2,000年7月に10%の物価サービス税(GST)が登場した。オーストラリアの会社はこのGST()に対しての税の支払いを請求されている。オースラリア系列以外の会社はこの税金を免除されている。全ての支払通貨はオーストラリアドルである。

支払い方法として好まれるのはオーストラリアドルで銀行にて小切手を作成し“ARPANSA”宛に支払うか、電信送信払いで支払う(EFT)かのどちらかである。注意して欲しいのは海外宛にEFTで支払う場合は一回の送金につき20ドルの追加料金が課せられるという点である。

質問のある方はARPANSAの銀行口座部門にEFTによる特別な詳細等を電話でお問い合わせ下さい(+61-3-9433-2250)


2008年12月21日UPFテスト課徴金について

サンプルの数 サンプル毎の値段($)
オーストラリア(GST)を含む
サンプル毎の値段($)
オーストラリアGSTを除く
1 から 10 AUD$103.00(オーストラリア法 AUD$93.64
11から20 AUD$94.00 AUD$85.45
21から30 AUD$85.50 AUD$77.73
31から40 AUD$77.00 AUD$70.00
40以上 AUD$68.40 AUD$62.18


ファブリックのサンプルに於いての定義についての注意点

意義のあるUPFテスト機関の結果を入手する為には原材料の容積もしくは容量の見本をUPFテスト機関に送る事が必要不可欠である。材料の種類によって、UPFの結果は様々な結果が予想される。ある特定の材料から出来ているサンプルに対してはテストの結果が適用可能でも他の異なるサンプルに対してはそれがおそらくは適用されない。

遮光服のオーストラリア・ニュージーランド基準AS/NZS

4399ではテストレポートに対して明確で詳細な必要条項が課せられている。これらには材料のテストの際に色や形など充分な解説がつけられている事が含まれる。APRANZAはAS/NZS 4399 が設ける一連の規則によって適切な説明がサンプルと共に供給されない限りレポートを出版する事が出来ない。
 

(2012/9/11 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ