化粧品について知ろう

5種のフタル酸エステルの混合物は胎児のテストステロン産生を抑制

論文で紹介します

A mixture of five phthalate esters inhibits fetal testicular testosterone production in the Sprague Dawley rat in a cumulative,dose additive manner.
5種のフタル酸エステルの混合物はSprague Dawleyラットに累積的に投与すると胎児の精巣内テストステロン産生を抑制する
アメリカ環境保護機関(USEPA)
Toxicol Sci.2008 Apr 14


フタル酸ジブチルは人が至るところで曝露している化学物質である。

性分化の間、あるフタル酸に曝露することはオスラットにおいて生殖管奇形をもたらす。

胎児ラットにおいて、フタル酸ベンジルブチル(BBP)、フタル酸ジブチル(DBP)、フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)への曝露は精巣内テストステロン産生とインシュリンに似た3つのホルモンmRNAレベルを減らす。妊娠期間8〜18日でSprague Dawleyラットに曝露させたあと、妊娠期間18日における6つのフタル酸{BBP、DBP、DEHP、フタル酸ジエチル(DEP)、フタル酸ジイソブチル(DiBP)、フタル酸ジペンチル(DPP)}が精巣テストステロン産生に及ぼす投与量による影響について特性を記述した。

BBP、DBP、DEHP、DiHP、は効力が等しく(ED50 440±16mg/kg/日)、DPPは約3倍より強く(ED50 130mg/kg/日)、DEPは胎児のテストステロン産生に影響をもたない。

これら5つの抗アンドロゲンフタル酸を一緒に投与することは、共通の毒性を経由するためテストステロン産生を減らすと仮定した。

もう1つの研究では、damsは混合物を100、80、60、40、20、10、5、0%で投与した。一番多い投与量はBBP、DBP、DEHP、DiHP、DiBP(300mg/kg/日化学物質当り)、DPP(100mg DPP/kg/日)を含めた総フタル酸/kg/日で1300mgであった。

この混合物の割合は、それぞれのフタル酸が同程度でテストステロンを減らすように選択された。仮定と同じく、テストステロン産生は付加投与方式で減った。個々のフタル酸と混合物のいくつかは胎児の死亡率、妊娠中の死を引き起こした。これらのデータは、同様の働きを持つ個々のフタル酸が混合物として処理すると胎児のテストステロン産生は妊娠に投与量と付加的な影響を累積的に引き起こすことを証明している。
 

(2012/08/20 掲載)

ベンズアルデヒドの安全性の最終報告

論文で紹介します

Final report on the safety assessment of benzaldehyde
ベンズアルデヒドの安全性の最終報告
アメリカ
Int J Toxicol. 2006;25 Suppl 1:11-27


ベンズアルデヒドは芳香性のアルデヒドで、変性剤、香料、香水として化粧品中に使用される。

最近では7つの化粧品にのみ使用されている。

最も高い使用濃度は香水中の0.5%であった。

ベンズアルデヒドはアメリカで一般にGRAS物質であり、EUでは香水の材料として受け入れられている。ベンズアルデヒドは肌ですぐに代謝して安息香酸になるため、利用できる皮膚刺激と感作データ(安息香酸に対する害のない反応を証明している)はベンズアルデヒドの安全性を支えると考えられた。ベンズアルデヒドは肌を通して吸収され、肺を経由して全ての灌流器官に分かれていくが、どんな組織にも蓄積しない。安息香酸になった後、グリシンとグルクロン酸と抱合し、尿中に排泄される。急性毒性はほとんど見られていない。ラットとマウスにおけるベンズアルデヒドの経口LD50(50%致死率)は800〜2850mg/kgの範囲だった。ホワイトラットにおける腹腔内LD50は3265mg/kgだった。短期間の経口投与実験では、ラットとマウスにおいて、無作用量は400mg/kgであった。

亜慢性経口投与実験では、無作用量がラットで400mg/kg、マウスで600mg/kgであった。

16週間の経口投与実験では、10000ppmまでラットに投与したが毒性の徴候は示さなかった。揮発したベンズアルデヒドを何度も吸入することは、ウサギにおいて500ppmで目と鼻の炎症を起こし、750ppmでは死に至らせる。薄めていないベンズアルデヒドはウサギの目を刺激し、浮腫、紅斑、痛みを引き起こしていた。ベンズアルデヒドは接触感作物質ではないと決定されたが、極限まで投与した実験ではアレルギー反応を示した。ベンズアルデヒドへのアレルギーの臨床報告はまれである。安息香酸は人の臨床実験において炎症反応や感作反応を起こさなかった。安息香酸は光毒性、光感作反応を起こさなかった。ベンズアルデヒド、安息香酸、安息香酸ナトリウムはどれも母親で毒性のなかった濃度において生殖・発育上の毒性物質ではない。

動態的実験において、血液中のベンズアルデヒド濃度0.12ng/mlはマウスの運動活性を44%減少させる。ベンズアルデヒドは細菌試験において突然変異を引き起こさなかったがチャイニーズハムスター細胞において染色体異常を引き起こし、前進突然変異試験のマウスリンパ腫において突然変異を増やした。ベンズアルデヒドは国家毒性計画によって評価された。

ラットにおいtれは発がん性の証拠はなく、マウスにおいては発ガン性の証拠がいくつかあると。

いくつかの研究ではベンズアルデヒドが抗ガン性、抗腫瘍性の特徴を持つと示している。総合的に化粧品に使われる濃度において、ベンズアルデヒドは人への発ガン性リスクは考えられていなかった。

ベンズアルデヒドに利用できる炎症、感作データは限られているが、利用できる皮膚炎と感作データ、UV吸収と光毒性データ(安息香酸への害する反応のないと証明する)は化粧品中に最近使われるベンズアルデヒドの安全性を助ける。
 

(2012/08/20 掲載)

エストロゲンやその仲間を含むパーソナルケア製品の乳がんリスク

論文で紹介します

Personal care products that contain estrogens or Xenoestrogens may increase breast cancer risk.
エストロゲンやエストロゲンの仲間を含むパーソナルケア製品は乳がんリスクを増やすかもしれない。
アメリカピッツバーグ大学
Med Hyrotheses. 2007;68(4):756-66. Epub 2006 Nov 28


Gailモデルなどの確立された乳がんリスクモデルは特にアフリカ系アメリカ人の35歳以下の女性の病気のパターンには説明されていない。

電離放射線や遺伝による遺伝子突然変異は例外として、乳がんの周知のリスク要因のほとんどがエストロゲンへの累積的な曝露と関係している。増加する乳がんリスクは早期の月経到来、閉経の遅れ、未経産、高齢出産、避妊用ホルモンの使用、ホルモン補充治療、泌乳期間が短いこと、夜に光を浴びること、肥満、飲酒などと関係しており、それら全てが無制限のエストラジオールの循環レベルを増やしている。

全ての年代のアフリカ系アメリカ人では、白色人種よりもホルモン含有のパーソナルケア製品の使用が多く、幼児において第二次成長が早く表れた。若いアフリカ系アメリカ人の女性がエストロゲンまたは他のホルモンを含むパーソナルケア製品を使用することは、ある程度閉経より早く乳がんになるリスクが増えることの原因となっている。子宮の抵抗力が弱くて幼い重要な時期に胸がエストロゲン曝露しやすいために。幼い時期にエストロゲンや似た作用を持つ薬剤への継続的曝露は若い女性全体または全年代のアフリカ系アメリカ人における増大した乳がんの致死率に寄与しているかもしれない。

ホルモン活性を持つ成分を含んだ製品の公表は将来のために必要である。
 

(2012/08/20 掲載)

通常の人乳腺上皮細胞へフタル酸ジブチルがもたらす遺伝子発現

論文で紹介します

Gene expression profiling of di-n-butyl phthalate in normal human mammary epithelial cells.
通常の人乳腺上皮細胞におけるフタル酸ジブチルがもたらす遺伝子発現
アメリカ
J Environ Pathol Toxicol Oncol. 2007;26(1):51-61


これまでの研究でパーソナルケア製品の工場で働く女性労働者が、ガンの発達のリスクが増えていたことを示しており、そのガンは化粧品、ヘアカラー、ネイルポリッシュに含まれる毒性の、または発ガン性の化学物質への曝露の増加によると考えられている。

多くのパーソナルケア製品に含まれる化学物質、フタル酸ジブチルは内分泌撹乱物質として知られており、子供の産める年齢の女性に高い濃度で見つかっている。本研究の目的は、人の細胞におけるフタル酸の毒性のメカニズムを明らかにし、個人間の変動と遺伝子―環境の相互作用に関する情報を供給することである。

通常の人乳腺上皮細胞株は乳房形成の低下による代謝後の組織から明らかにされた。細胞株における遺伝子転写は高比重オリゴヌクレオチドDNA配列とPCR法により確認された遺伝子発現の変化を利用して分析した。

DNA配列はフタル酸ジブチルに5時間、10時間処理後採取した総RNAと混合させた。RNAは10時間賦形剤コントロール(アセトン)から得られた。データ採掘ツールソフトウェアが遺伝子発現時間を基にした群で遺伝子を分別するために使用された。たったの57個の遺伝子がDBPに曝露して全4つの細胞株に変化したことが分かった。これらの遺伝子は生殖力(インヒビン、胎盤成長要因)、免疫反応(たんぱく質を減らすガン壊死要因)、抗酸化物質の状況(グルタチオン過酸化酵素)に影響した。本研究ではDBPの生殖毒性への役割を明らかにし、今後の疫学のための生物指標をもたらすだろう。
 

(2012/08/20 掲載)

小児科に通う親子のホルモンやプラセンタを含むヘアケア製品の使用調査

論文で紹介します

A survey of use of hormone/placenta-containing hair preparations by parents and/or children attending pediatric clinics.
小児科に通う親子のホルモンやプラセンタを含むヘアケア製品の使用調査
Mil Med. 1997 apr;162(4):252-6.


目的

軍用医療施設の小児科に通う異なる人種間でのホルモンまたはプラセンタを含む、あるヘアケア製品の使用頻度を調査することを目的とした。


方法

4つのアメリカ軍用医療施設の小児科に通う親や世話人にホルモンまたはプラセンタ含有のヘアケア製品について質問事項に答えてもらった。


結果

その521人の内、64%のアフリカ系アメリカ人と6.9%の白色人種がホルモンまたはプラセンタ含有の製品を使っていた(P<0.0001)。これらの製品を使っていた親の内、55.5%が子供に使っていた。

加えて5.5%の子供(限られたサンプルからの)が床屋に行っており、ホルモンまたはプラセンタ含有製品に曝露しているかもしれない。4つの製品の分析はエストリオール、エストラジオールの存在を示した。


結論

少しの白色人種を含むが主にアフリカ系アメリカ人がホルモンまたはプラセンタ含有のヘアケア製品を使用し、そのような製品を使っている半数以上の人が子供にも使っていた。これらのヘアケア製品を子供に使うことは子供の性成熟に影響を及ぼすかもしれない。
 

(2012/08/20 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ