化粧品について知ろう

環境エストロゲン(女性ホルモン)、化粧品と乳ガン

論文で紹介します

Environmental estrogens, cosmetics and breast cancer
環境エストロゲン(女性ホルモン)、化粧品と乳ガン
P.D.Darbre リーディング大学 イギリス
Best practice and Research Clinical Endocrinology and Metabolism Vol. 20 No.1 121-143 2006


乳ガンの発生と進行におけるエストロゲン(女性ホルモン)の確立した役割は、ヒト乳房に入っていく化学物質で、エストロゲン活性を持っている環境中の多くの化学物質の(乳ガンへの)関与を疑わせるものだ。

ある種の有機塩素系農薬やDCBは、エストロゲン活性(環境ホルモン)を持っており、実際に、ヒト乳房脂肪組織や母乳中に存在している。

これらの物質は、乳房脂肪中に蓄積している。それ以外にも、エストロゲン活性を持っている化粧品がわきの下や乳房の部分に塗られている。これらの化粧品は皮膚の上に塗られたままなので、より直接的に皮膚から吸収されて、全身にまわっていく。

乳ガンと化粧品との関連を強く疑わせる事実に、乳ガンの発生が乳房の上4分の1の部分に、ふつりあいに多く発生している事実があります。上の方4分の1の部分の以前の発生率(乳ガン)が31%だったのに対し、1997年には60.7%まで増加し、年々、比例的に上昇している事実があります。

さらに、その部分の遺伝子に、遺伝的不安定性が増加しているのです。具体的な化粧品中の成分として、エストロゲン活性を持っている物質としてパラベン(保存料)、アルミニウム塩(制汗効果)、シクロ、シロキサン、トリクロサン、サンスクリーン、フタル酸類、アロエベラ、などがあります


解説

乳ガンが増加しています。イギリスでの統計だと、1979年に10万人当たり74.4人の割合が、2000年には10万人当たり113.8人に増加しています。

疫学的な研究によると、乳ガンの90%は環境要因(遺伝ではない)によると考えられています。

さらに、乳ガンの発生と進行に女性ホルモンのエストロゲンが深くかかわっていることが疑いようのない事実と考えられているため、環境ホルモン中のエストロゲン活性を持っている物質を、この論文では疑っているのです。

化粧品の物質のエストロゲン活性は、天然のエストロゲンよりは弱いものの、毎日、直接肌につけるので、量的には(発ガン)に充分なのかもしれません。この論文は、あくまで、いろいろな奇妙な一致をとりあげたもので、直接的な論証をしているものではありませんが、奇妙な一致は不思議なくらい、一致しているのです。

こんな論文もあることを、頭の片隅の中にでも入れといて下さい。
 

(2012/08/06 掲載)

紫外線フィルターはラットで甲状腺ホルモン軸を阻害する

論文で紹介します

The UV filter benzophenone 2 interferes with the tyroid hormone axis in rats and is a potent in vitro inhibitor of human recombinant thyroid peroxidase
紫外線フィルター ベンゾフェノン2(オキシベンゾン-2)は、ラットで甲状腺ホルモン軸を阻害する
Cornelia Schmutzler 実験内分泌研究所 ドイツ
Endcrinology 2007 Mar 22


植物由来や工業由来の内分泌かく乱化学物質は、甲状腺ホルモン軸を阻害する可能性がある。

F21388(合成フラボノイド)ビスフェノールA(ポリカーボネートの原料)、紫外線フィルター ベンゾフェノン2(オキシベンゾン2)は、甲状腺ホルモン合成に重要な酵素―甲状腺ペルオキシターゼを阻害する。

ベンゾフェノン2は、数多くの化粧品に毎日の様に使用され、定常的に皮膚と接触している。ベンゾフェノン2の阻害濃度は、抗甲状腺薬として使われている。メチマゾールやプロピルウラシルの、20倍から200倍低く(低い濃度で阻害を起こす)ベンゾフェノンを投与したラット(333mg/kgと1000mg/kg)では、血清T4(チロキシン、濃度が有意に減少した。


解説

甲状腺ホルモンは別名、成長ホルモンとも呼ばれ、全身の成長、とくに神経系の成長に重要な役割を果たしている。

PCBが甲状腺ホルモンを阻害することで、神経系の発達を阻害し、脳の発育、分化に悪い影響をもたらす可能性が指摘されてきたが、今回は、サンスクリーン中のベンゾフェノン2(オキシベンゾン2)が甲状腺ホルモン合成に重要な酵素(甲状腺ペルオキシターゼ)を薬の20倍―200倍も強烈に阻害することがわかりました。

なお、ベンゾフェノン2はEU内ではサンローション使用は許可されていません。又、ベンゾフェノン2の類似物質のベンゾフェノンは、アメリカ国家毒性計画(NTP)の発ガン性に関する研究では、

(Natl Toxicol Program Tech Rep. Ser. 2006 Febi(533): 1-264)

オスのラット 証拠がある(発ガン)
メスのラット どちらともいえない
オスのマウス 証拠がある(発ガン)
メスのマウス 証拠がある(発ガン)

という、発ガンを疑わせるのに充分な結果が出ています。

この様な、ベンゾフェノンを日焼け止め用の化粧品などに使っています。

その結果、環境汚染(水道水の汚染など)が起きつつあり、

(Environ Sci Technol 2006 Feb 1: 40(3): 687-95)

安易に日焼け止め用の紫外線吸収剤(ベンゾフェノンなど)の入った、サンスクリーンなどの化粧品を使うことは、やめるべきです。

(伊澤)

(2012/08/06 掲載)

ヒト腸内細菌でアルブチンは突然変異原性を持つ

Mutagenicity of arbutin in mammalian cells after activation by human intestinal

ヒト腸内細菌で活性化(分解)されることにより、アルブチンは、突然変異原性を持つ
Michael Blaut German Institute of Human Nutrition
Food and Chemical Toricology 44.(2006) 1940-1947


ハイドロキノンは、植物中にも天然に存在するが、商業的にも年間5万トン生産されている。(IARC1999)写真の現像、油脂の酸化防止、重合防止剤、さらには、化粧品の美白剤としても使われている。ハイドロキノンは、糖が付いている状態、アルブチンとして、植物中に存在している。

ハイドロキノンは、数多くの試験で遺伝毒性を示す。さらに、白血病の誘導に関係している。酸素、トポイソメラーゼの阻害や、微小管に関与しているタンパクを阻害する。

疫学データーは、ハイドロキノンの発ガン性に関しては不十分である。しかし、2つの長期動物実験の結果は、ハイドロキノンの発ガン性を示唆している。

「ナシ」のような果物にあるアルブチンは、結合した状態で存在しているので、(分解を受けにくく)消化管の深部まで到達し、そこで、腸内細菌によって分解を受け、ハイドロキノンを生じる可能性がある。

食品中のハイドロキノン量は、0.5mg/kg以下のレベルである。アルブチンは、「ナシ」の様に、高度に含んでいるものでは、アルブチンとして、71mg/kg、ハイドロキノンとして、27mg/kg含まれている。

消化管中で腸内細菌によってアルブチンが分解され、生じたハイドロキノンは、消化管の上皮細胞の突然変異を起こすかもしれない。


解説

美白化粧品に含まれている、アルブチンは、ヒト、消化管中で腸内細菌により、分解され、ハイドロキノンを生じる。

ハイドロキノンは、強い突然変異性(遺伝子DNAを突然変異させる)を持ち、発ガン性も疑われている。

アルブチンは天然の植物(ナシなど)にも含まれるが、その毒性は分かっていない。

突然変異原性は、細菌を材料に用いて試験される事が多く、その結果を元に、発ガン性試験の必要の有無を判断していく事が多いのですが、今回の様に腸内細菌の分解によって初めて、突然変異原性が生じるアルブチンの様な物質の場合、見すごされることになります。
 

(2012/08/06 掲載)

ナノ粒子の危険性評価

Lung ?dosimetry and risk assessment of nanoparticles: Evaluating and extending current models in rats and humans

ナノ粒子の危険性評価
Kuempel ED 労働安全と健康 国立研究所 アメリカ (national institute for occupational safety and healthy)
Inhal Toxicol 2006 sep: 18(10) 717-24


ナノ粒子の危険性(肺ガン)を、ラットをモデルにして、酸化チタン(ナノ粒子、ファイン粒子)、カーボンブラック、ディーゼル排ガス粒子、で計算してみた。生涯にわたっての職業上での曝露のリスクを、肺ガンを0.1%増加させる濃度で表してみると、

ナノ粒子 酸化チタン カーボンブラック ディーゼル排ガス粒子 0.07〜0.3mg/m3
ファイン粒子 酸化チタン 0.7〜1.3mg/m3


解説

ナノ粒子、化粧品などで宣伝されていますが、すごく小さい粒子という様な意味です。(原子の大きさのレベル)ナノテクノロジーは化粧品以外にもすでに多くの分野で使われていますが、安全性の評価は進んでいません。なにせ、とっても小さいので、細胞に入り込んだり、脳に臭神経を通って入ったり、血液を通して入ったりします。ラットを使った実験では、発ガン性が出ています。今回の論文では、ナノ<ファイン(ファインのほうが大きい粒子)という大きさだけ違った酸化チタン(化粧品や抗菌剤、いろいろに使われている)の毒性を比べたところ、ナノ(小さい)の方がファイン(大きい)より、10倍位、毒性が強いということを示した論文です。
 

(2012/08/06 掲載)

ナノ粒子の潜在的な危険性

論文で紹介します

The potential risks of nanomaterials
ナノ粒子の潜在的な危険性
Paul JA Borm Zuyd大学 オランダ
Particle and Fbre Toxicology 2006 3: 11


工業的に作られたナノ粒子の毒性データはほとんどない。

カーボンブラックと酸化チタン、酸化鉄、アモルファス、ケイ素についての研究が少しあるだけだ。これらの物質は、何十年間と製造されており、又、年間の生産量も何トンにもなる。これらのナノ粒子は、ラットでの実験で、長い曝露で炎症や肺ガンが報告されるまで、やっかいなゴミの様に思われてきた。

疫学研究で、環境中のナノ粒子(PM2.5…2.5μm)濃度が10μg/m3上がるごとに、全体の死亡率が0.9%上がり、呼吸器に限ると2.7%も死亡率が上がることがわかったことで、ナノ粒子の危険性についての議論が始まりました。実験では、カーボンブラックや酸化チタンのナノ粒子は、それより大きいファイン粒子より、より低濃度で毒性を示すことが分りました。人間での研究はありません。

ナノ化粧品について

ナノ化粧品には、50−50nmの大きさの粒子が使われている。

酸化チタンの場合には、皮膚の中へ浸透していくことは報告されていない。しかしながら、健康な皮膚でテストすることで十分かどうかは、疑問が残る。
 

(2012/08/06 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ