アトピー・アレルギーについて知ろう

セリアック病に関する乳児の食事の影響

論文で紹介します。

A case-control study of the effect of infant feeding on celiac disease
セリアック病に関する、乳児の食事の影響―ケースコントロール研究
Peters U. 栄養食品科学研究所 キール大学 ドイツ
Ann Nutr. Metab 2001 :45(4)135-42


143人の、セリアック病の子供と、137人の対照者の子供で比較した。

母乳育児が2ヶ月以上の場合、2ヶ月未満に比べ、セリアック病は63%低下。

最初にグルテンを食べさせた年齢は、3ヶ月以後は3ヶ月以下に比べ0.72(統計的に有意でないが、発病の年齢には関係していそうだ)


解説

セリアック病は、グルテンに対する抗体が作られることによって、発病する自己免疫病です。

グルテンは、グルテニンとグリアディンの2つのタンパク質。グリアディンはユニークなタンパク質で、多くのグルタミンを含んでいる。組織中のトランスグルタミナーゼは、グルタミンの脱アミドを触媒し、グルタミン酸に変換する。

グリアディン分子内の、グルタミンからグルタミン酸への変換で、クラス狭蓋供DQ2かDQ8に結合することで、グリアディンペプチドの抗原性を高める。

主要組織適合性抗原の特定の型がグルテンによる自己免疫病、セリアック病と関連している。

セリアック病は、133人〜250人に1人という高い割合。症状は下痢などの腸症が主で、それ以外に、疲労、倦怠、貧血(葉酸、ビタミンB12、鉄などの吸収阻害による)

今回の調査でわかることは、母乳哺育を長めにすることで、食物アレルギーの一種、セリアック病のリスクが低下することです。

(2012/06/08 掲載)

シックハウス症候群・化学物質過敏症・アレルギー性皮フ炎とスティーブンスジョンソン症候群の関係

化学物質過敏症について少しずつ明らかになってきています。

フォルムアルデヒドなどの有機揮発性物質により、皮フ細胞のアレルギー反応が微量でも起きること。フォルムアルデヒド以外でも、トルエン、キシレンなど、又、ビルにおける、エチルヘキサノールなど、それ以外の物質が特に高濃度(エチルヘキサノール−1086μg/立方メートル)に存在していて関連が疑われています。

職場で問題なのは半導体クリーニングなどに使われるトリクロロエチレンで、中国広東省のトリクロロエチレン使用職場で患者が110人発生し、このうち20人が死亡しています。

この死亡例は薬の副作用の症例であるスティーブンスジョンソン症候群(薬の副作用…薬によるアレルギー)と関連付けて考えられています。

スティーブンスジョンソン症候群のホームページ(アメリカ)を見ると、アメリカ国内で毎年10万人がこの薬の副作用であるスティーブンスジョンソン症候群で亡くなっており、全米で4番目の死因であると、書いてあります。

化学物質→アトピー→化学物質過敏症→スティーブンスジョンソン症候群という流れがありそうです。

化学物質過敏症の患者の眼を調べてみると、中心の血流量が減少している例が見られます。

そのため治療は代謝促進、ビタミン、ミネラルなどで改善する症例は多いそうです。(生活クラブ会員の方の話では、半身浴が効果的だと言う事です)

今、私達が心がける事は、この様な「化学物質社会」を反省すること(たばこも化学物質)、自分の体の代謝を高めるために運動、半身浴など、血流を高め、食事は控え目にする事が大切だと思います (伊澤)

(2012/06/08 掲載)

ある種のプロバイオティックバクテリアが免疫系を抑制する

論文で紹介します。

Selective probiotic bacteria indeuce IL-10 producing regulatory T cells in vitro  modulating dendritic cell function through dendritic cell specific intercellular adhesion molecule 3-grabbing nonintegrin.
ある種(すべてではない)のプロバイオティックバクテリアが抗原提示細胞(免疫の司令塔の細胞)と接触することで抗原提示細胞の働きを変え、調節、T細胞にIL-10を作らせ、免疫系を抑制する
J Allergy Clin Immunol 2005 Jun 115(6) 1266-7


解説

腸内細菌の内、有益な働きを持っている共生バクテリアの中でも、働きに違いが見られることがあります。今回のこの論文では、同じ乳酸菌に分類されている菌でも違いがあることを示しています。

(2012/06/08 掲載)

アトピー性皮膚炎での微生物の役割について

論文で紹介します。

The role of micro organisms in atopic dermatitis
アトピー性皮膚炎での微生物の役割
B.S.Baker
Clinical and experimental immunology 2006 144 1-9


アトピー性皮膚炎は、ぜん息やIgE関与の食物アレルギーなどに関係している、一般的な皮膚の病気で、その皮膚の傷害は、環境中の抗原応答に関与しているTh-2細胞が特徴です。

アトピー性皮膚炎の、ここ30年以上にもわたる増加は、産まれてすぐの、微生物との接触が少ないことが原因になっている。

それがTh-1とTh-2細胞のバランスを変えるか、免疫応答でのT細胞の抑制の減少を招くか、などに繋がっているかもしれない。

アトピー性皮膚炎の患者は、生まれつきの免疫と獲得免疫の欠落があり、それらが、バクテリアやカビやウイルスの感染などに対して、高い感受性を持つことに繋がっています。特に、黄色ブドウ球菌の感染に特別に弱く、黄色ブドウ球菌の出す毒素は、毒素に対するIgEの誘導と、th-2細胞、好酸球(白血球の一種)、ケラチノサイトなど、様々な細胞の活性化、などを通して、病気を悪化させます。

マラセジア(でん風菌、正常皮膚微生物叢を構成する酵母菌)によるアレルゲンも、一部の患者の病気の原因と考えられている。

微生物がアトピー性皮膚炎の病因に重大な役割を果たしている 原因遺伝子の感受性や病気の悪化のどちらかか、両方ともにか影響している。



アトピー性皮膚炎は、子供の7-17%が罹患している。

たいてい、最初の2年間に生じ、2/3は大人にまで続く家族で両親の内、どちらかがアトピー性皮膚炎、ぜん息、アレルギー性鼻炎を持っている時、高率で子供がADになり、さらに色々なアレルギーの病気を進行させていく。

ADに関与しているらしい遺伝子は、乾癬、IgEリセプター、Th-2サイトカイン、‐中略‐微生物への応答に関与しているリセプターなどです。

大気汚染、室内空気のダニ、などの環境要因や食事の変化などが関与しているが、あまり証拠がない。

より関与しているのは、子供の初期の感染(たぶん抗生物質使用につながるだろう)と、家族サイズの減少(アレルギーの感作は、第一子に多く、大家族の子供には少ない)です。


解説

アトピー性皮膚炎の開始と悪化に皮膚に住みついている正常皮膚微生物叢が関与している。

腸内細菌がアレルギーに大きく関わっている「hygiene hypothesis(衛生仮説、保健仮説)」を支持する論文がたくさん出されています。今回、アトピー性皮膚炎にも正常皮膚常在菌の黄色ぶどう球菌と、マラセジア酵母の関係があります。

「皮膚常在菌は、黄色ぶどう球菌の属する、スタフィロコッカス属や、プロピオニバクテリウム属が大半を占め、密集することで、外界の微生物の侵入を防ぐ働きがあるといわれ」(大阪府立公衆衛生研究所報告)ています。

抗生物質の安易な使用で、腸内細菌を変え、抗菌物質の氾濫で皮膚常在菌のバランスを変えてしまう。はっきりしている、確定の節ではないけれども、アレルギー、アトピーと、微生物との関係は、深い関係がありそうです。

抗菌効果を担っているのは、殺菌剤そのもの(TBZ)であったり、酸化チタンや銀、亜鉛などの重金属系などがあります。どの場合でも、毒性の大小はありますが、毒性は必ずあります。(何せ、微生物が死ぬんですから)安易な使用は、日常的に接する商品であればあるほど、避けた方が良いです。

(2006/08/03 掲載)

アトピーのプロバイオティク予防の4年間の追跡調査

論文で紹介します。

Probiotics and prevention of atopic disease: 4-year follow-up of radomised placebo-controlled trial
アトピーのプロバイオテックと予防、4年間の追跡調査

Isolauri E. フィンランド トゥルク大学小児科学部
Lancet 2003 May 1869-71


Lactobacillus rhamnosus(乳酸杆菌の一種)を周産期(妊娠22週〜生後28日)の投与は産まれて2年間のアトピー性湿疹を減らす。


そこで、更に産後4年間を調べた。

乳酸菌を投与された子供 53人 14人 アトピー性湿疹に
プラセボ投与(偽薬)子供 54人 25人 アトピー性湿疹に

乳酸菌(Lactobacillus rhamnosus)の投与がアトピー性湿疹に対する予防効果が幼児期中ある。

(2006/09/04 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ