遺伝子組換作物について知ろう

食品の安全性評価はどうあるべきか 〜エコナ問題の教訓〜

食品の安全性評価はどうあるべきか 〜エコナ問題の教訓〜

2009年12月5(土) 総評会館


パネラー

菅野純(国立医薬品食品衛生研究所毒性部長、元食品安全委員会新開発食品専門調査会専門委員)

中村雅人(弁護士、内閣府・消費者委員会委員)

植田武智(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議事務局)

コーディネーター神山美智子(弁護士、食の安全・監視市民委員会代表)


 

  • 食品安全員会では、前半は安全性に関してのみ、議論していたが、後半から効果も含めて議論するようになった。効果は特殊な人にのみ通用する場合が多いのに、メーカーはそのことを明らかにしていない。
  • 効果はほとんどの場合、少ない
  • コエンザイムQ10などは薬として使われていたが、効果が低いので、薬から落とされた。実は毒性もある。
  • 薬などは生体の10箇所くらいに作用する場合が多く、その内1箇所は薬として有益に働くが、残りの9箇所は副作用として害作用する。薬はそのようなプラス面、マイナス面の両方から考えるが、特保は効果のみ。
  • 食品の安全性は添加物など微量のものは扱えるが、5%を超えて摂取する様な食品の場合は、検出できない。5%を越すと、カロリーが増加したり、ほかの栄養素が減ったりするので、実験として組めない。自分は遺伝子組み換え(とうもろこし?)の実験をいやいややらされた
  • シグナルかく乱(神経、内分泌など)は軽いかく乱でも成長期の子供には障害が残る場合がある。(大人は影響ない。3歳未満の子供に2日眼帯をつけただけでも弱視になってしまう)ビスフェノールAの毒性は咼ーダーだが、シグナルかく乱はμgオーダーで起こる。
  • エコナの主成分、1.3-ジアシルグリセロールは一度、脂肪酸との結合を切ってから、導入しているため、不安定で40%は1.2-DAGに変わってしまう。又、生成したDAGに悪臭があったため、高温で脱臭をかけたことが原因で、3-MCPDの生成→グリシドールの生成につながった。
  • グリシドールの発がん性は局部的でなく全身に及ぶため、エコナの発がん性を流せなかった
  • そもそも食品の主成分による発がん性の検出は難しいので、遺伝子組み換え動物を発がん性の実験に使った。
  • 花王に個人的に訴えられる可能性を感じている
  • ナノ物質は第2のアスベストになる。国際学会に出ても、皆一致している。今まで3社の大手会社が個人的に意見を聞きにきたので、話したら、開発は中止された。中小の会社が問題
  • サントリーの黒ウーロン茶などは下剤として使用している可能性がある。これを特保にしていいのか
  • 日本は毒性研究者が少ない。菅野さんの研究所の毒性部は20人、アメリカ、ドイツは数百人
  • 「飲むヒアルロン酸」という商品は、効果がないため特保として認可されなかったにもかかわらず、効果があるような宣伝で今も売られている。(植田氏)
(2012/07/06 掲載)

サプリメントに注意を!!

名古屋生活クラブの考え


サプリメントに注意を!!


遺伝子組換えで製造したトリプトファン(アミノ酸の一種)で38人が死亡した「トリプトファン事件」を再度、調べてみました。

FDA(アメリカの厚生省)の最終結論は、


「不純物も原因だが、トリプトファン(不純物を含まない)も原因」
「FDAは、トリプトファンの危険性に、危惧を公式に表明し続けている」
「FDAは、トリプトファンを禁止しない」
「メーカーが責任を持つべき」
「輸入は、原則的に禁止」


簡単に言ってしまうと、

「トリプトファンは必須アミノ酸ですが、どうも、取りすぎると危険らしいので、後はメーカー責任で…」という事らしいのです。

安易にサプリメントに頼るのは危険、です。

昭和電工のトリプトファン事件について

名古屋生活クラブの考え


昭和電工のトリプトファン事件について


トリプトファン事件とは、昭和電工が遺伝子組み替えで作った、トリプトファン(アミノ酸の1つ)の中に不純物が含まれており、それにより、38人の死者も含む、何千人もの被害者を(アメリカを中心に)出した事件です。

事故の原因の究明が被害者の中心、アメリカと、会社のある日本でなされてますが、決定的な事は、昭和電工が設備、菌などを破棄したこともあり、わかっていません。しかし、調査のなかでおぼろげながらにわかってきた事は、昭和電工のトリプトファンは60種類もの不純物を含み、その中の、エチレンビストリプトファン(EBT)フェニルアミノアラニン(PAA)の毒性がとくに疑われています。

H9年度の厚生省の事故調査報告書では、次のように記述されています。


「EMS(トリプトファンによる病気)は、トリプトファンを大量摂取した患者において、その際含まれていた一定の不純物(EBT,PAA等)が患者のもつ特異的な免疫、代謝系異常の引き金を引き、生じたとする考え方が一般的で・・・中略・・・明確な原因と発生機序は、EMSの動物モデルが開発されていない事もあり、未だ不明である」


少し解説します。

トリプトファンによるEMS(好酸球増加、筋肉痛症候群)発病は、摂取した人、すべてに起きているわけでなく、個人差が大きい事(オレゴン州やミネソタ州では2%もの人がトリプトファンを飲んでいました)又、EMSを動物に起こす−(同じ症状の動物を作る)−ことに成功していません。EBTが近い症例をラットに起こすという論文も出てきましたが、すべての症状を示しているわけでもありません。要するに、人間に特有の発病をしているのです。ラットやマウスには起こすのに難しく、人でも個人差がある、という病気です。副作用を動物を使って、毒性の調査をする事の難しさが現われた事件です。

このような事故を防ぐには、どうしたらよいでしょうか?

\裟修鬚ちんとする。
∪宿覆瞭農検査をする。

の2点です。昭和電工は、,呂いいげんでしたが、△呂靴討い泙靴拭

毒性検査の結果、毒性を検出できていなかったのです。

厚生省の調査で、その研究班も、実際に精製をしています。

そこでわかった事は、EBTは精製すれば、減っていくがPPAは、ある濃度以下には減らない、というものでした。又、実際の製品での濃度も、0.01%と随分、低い濃度で発病を起こしています。厚生省の報告書では、


「事故品、トリプトファン製品中に特異的に含まれる不純物のうち、主なものは、エチレンビストリプトファン(EBT)およびフェニルアミノアラニン(PPA)である。これらの不純物の実際の存在量は100−200PPM[0.01−0.02%]のレベルであり、通常の品質管理では、ほとんど問題にされない程度の濃度であるので、通常の品質規格の整備によって、このような危害を予知し、未然防止することは、極めて困難といわざるを得ず、新開発食品が市場に出る時の安全性の評価法の考え方に大きな問題を提起している。」


と、問題提起に終わっているだけです。この事件を調査しているアメリカ、メイヨークリニックのグライク博士は、人間のボランティアで毒性を調べろ、をいう提言をしています。

合成して、精製して、とかくと不純物の存在を忘れがちになってしまいますが、現在の食品工業が生み出す製品のほとんどには、不純物が含まれています。トリプトファン事件をいい反省材料にして、この様な事故防ぐシステムの確立と、食品工業のもつ潜在的なリスクを広めていきたいと思っています。


追記

EBTは、トリプトファン2分子とアセトアルテヒドから、酸性条件で簡単に生成することがわかりました。PAAについては、よくわかっていません。

遺伝子組み替えの直接結果なのか、精製の時に生成したのかという議論もありますが、遺伝子組み替えの潜在的危険性が表われた事件であり、「実質的同等」がくずれていることを、よく示している事件です。トリプトファンはトリプトファンでなく、他のものができてしまっているからです。とにかく、食品工業の新開発食品には、遺伝子組み替えであろうとなかろうと、危険性が潜在しています。

マルチビタミン サプリメント使用と乳ガンとの関

Multivitamin use and breast cancer incidence in a prospective cohort of Swedish women
マルチビタミン サプリメント使用と乳ガンとの関係
Wolk A カロリンスカ研究所 スウェーデン
Am J clin Nutr. 2010 May ; 91(5) : 1268-72


多くの女性は、ガンや心臓病などの慢性病を、サプリメントが抑えてくれるという考えで、マルチビタミンを使っている。しかし、マルチビタミンの使用が乳ガンのリスクにどう影響するかは、はっきりしていない。

1997年、35329人のガンのない女性に質問表に、マルチビタミン使用について記入してもらった。


結果

平均追跡期間9.5年間で、974人の女性が乳ガンと診断された。マルチビタミン使用は、統計的に有意に乳ガンのリスクを上昇させていた。(1.19倍)

他の研究では、1990年代の2つの大規模な、2つの実験が同じ結論に達した。

「高容量のベーターカロテンサプリメントは、喫煙者の肺ガンリスクを増加させる」

「3つ目の実験は、22000人の医者を調べたもので、それには、利点も害も検出されなかった」

AICR(アメリカ ガン研究協会)の専門家も同様な結論で

「高容量のベーターカロテンサプリメントは、喫煙者の肺ガンリスクを確実に増加させる」

今の時点では、AICR(アメリカ ガン研究協会)は、ガンを予防するためには、どんなサプリメントもおすすめしない。
 

(2012/09/17 掲載)

遺伝子組み換えナタネが港に生えている

調査報告です

遺伝子組み換えナタネが港に生えている
 

全国のナタネの荷揚げ港の周辺、運搬の道路沿いにこぼれた種が芽を出し、季節はずれにもかかわらず、花まで咲いているナタネもあります。僕も8月23日の月曜日に四日市港へ調査しに行って来ました。

ナタネを保管するサイロの回り、草剤をまいているのか、生えているのはナタネばかり(除草剤耐性だから)。

遺伝子組み換えなのか大豆まで生えています。そこから国道へ向かう道路、土のある植え込みにも何本もナタネが生えています。運ばれて行く先の製油工場にも生えています。

工場の人はなぜか草刈りをしています。

それにしても、製油工場の大きい事。

その大きい製油工場も「味の素」が買収してJオイルミルズという巨大製油会社になっています。外国から大量に輸入して、日本中に運ばれていく、ナタネ、安い価格で市場をせっけんしていく、そのなかで遺伝子組み換えのナタネが日本で自生していく。

なんだか、間違っている、と思いました。
 

(2004/01/01 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ