精製油、油脂・脂肪酸について知ろう

調理により油煙を吸い込む婦人は肺がんになる危険性が高い

論文で紹介します。

Genotoxicity and oxidative stress of the mutagenic compounds formed in fumes of heated soybean oil,sunflower oil and lard.
Dung CH 国立chung Hsing 大学  台湾
Toxicol In Vitro.2006 Jun; 20(4) 439-47

油が熱せられる時に出る油煙に含まれる遺伝毒性と細胞毒性を大豆油、ひまわり油、ラードでヒト肺がん上皮細胞(A―549)を用い調べた。

脂肪酸の加熱で生じる、最も突然変異原性の高い、t-t-2.4-DDEは大豆油、ひまわり油、ラードにそれぞれ、66.4μg/g、35.9μg/g、40.3μg/g含まれていた。

この結果は明らかに油煙が細胞毒性とDNAを酸化することを示している。A-549細胞に油煙によって起こったDNAの傷害は活性酸素の生成と関連していた。

調理により、この油煙を吸い込む婦人は肺がんになる危険性が高い。

(2010/08/02 掲載)

ジアシルグリセロール(DG)を主成分とする油脂

論文で紹介します。

ジアシルグリセロール(DG)を主成分とする油脂(例:エコナ)には、トリアシルグリセロール(TG)油脂(オリーブオイルなど一般的な植物油)と比較して体脂肪を減らす効果があり、それらを含むマヨネーズでも効果は同様であるといわれています。

その一方で、こんな実験結果もあるのです。

『マヨネーズの食後血清中性脂肪に及ぼす影響』としてお茶の水女子大学 生活環境センターが試験をし、その結果を報告しています。 平均年齢42.8歳・空腹時血清中性脂肪が少し高めの一般成人男性 14名を対象に

TG油脂70%を含むTGマヨネーズ(103.5Kcal)

TG油脂30%を含むTGハーフマヨネーズ(50.3kcal)

TG油脂14%とDG油脂50%を含むDGマヨネーズ(103.4Kcal)

(油脂の脂肪酸組成はほぼ同じになるように調整して試験)

の3種類のマヨネーズタイプを摂ってもらい、食事後6時間までの食事由来の血清脂質とリポ蛋白脂質の及ぼす影響を検討したというものです。

血清中性脂肪濃度と小腸で吸収された食事由来の外因性脂質を運ぶカイロミクロンはTGハーフマヨネーズでは増加変動が一番少なく、TGマヨネーズとDGマヨネーズは経過時間の変動、増加量に差は認められませんでした。

また、血清RLP−CM(マクロファージが取り込みゴミとして動脈壁に蓄積して、動脈硬化を引起す原因の1つ)の値はDGマヨネーズがもっとも高い値で推移し6時間経過後も若干ですが高い値を示しました。

すなわち、この結果からみると、TGマヨネーズもDGマヨネーズも血清TGの増加にもたらす影響は同じで、TGハーフマヨネーズの方が血清中性脂肪、カイロミクロン、血清RLPコレステロールの増加を抑制しているということより、油脂の構造の違いではなく摂取する油脂量を減らした方が、食後高脂血症には効果的であるということです。

2つの結果の違いをどうとらえたらいいのでしょうか?

どんな油脂も1g−9kcalです。摂り過ぎれば体に良い訳がありません。油を摂る量を控えることで摂取カロリーを抑え、バランスのとれた食生活を心がけること大切で、余分に食べて増えてしまった中性脂肪をまた食べることで減らそうとするより、余分なカロリーを摂らないことのほうが賢明ではないかと思うのです。

もし、安全性や効果の信頼性を疑いながら、『体には良いといわれているから』と使うより、自然の恵みを十二分に受けた、より自然に近い良質の植物油を、必要な量だけ食すほうがよいのではないでしょうか。

(2012/06/25 掲載)

ペパーミント油の安全性

Final report on the safty assessment of Mentha Piperita (peppermint) oil
ペパーミント油の安全性に関する最終レポート

・ラット小脳 ミスト様の傷害を起こす
・ペパーミント中の成分 プレゴンは、肝毒性を示す
・ペパーミントオイルは、エームス試験及びマウスリンパ腫、突然変異試験では、陰性だが、チャイニーズハムスターでの染色体異常試験では「どちらともいえない」
・1%を越えない範囲で使えば安全?


解説

Constituents of aromatic plants || Estragole

エストラゴールは、タラゴン、スウィートバジル、スウィートフェンネルなどの植物の成分です

エストラゴールは、CD-1、B6C3F1マウスの両方で発ガン性を示した。

ノーハイドロキシーエストラゴールは、強力な肝ガン毒物です。

(2012/07/03 掲載)

加熱された調理油はラットに催奇型性を持つ

論文で紹介します。

Teratogenic actions of thermally stressed culinary oils in rats
加熱された調理油はラットに催奇型性を持つ
Indart A San PabloCEU 大学 スペイン
Free Radic Res, 2002 Oct;36(10):1051-8

調理油が加熱された時に生成する脂質酸化物は細胞を傷害する。

この研究の目的は脂質酸化物を含む加熱された紅花油が経口投与でラットに催奇型性(奇型を生じる)を持つかどうか、又それがアルファートコフェロール(ビタミンE)添加で抑えられるかどうか検討した。

紅花油は家庭と同じように20分間、加熱し、窒素ガスのもとで−20℃で保存した(酸化しない様に)妊娠したウィスターラットを4群に分け実験した。


結果

奇型率
(1)0.3mlの加熱紅花油 21.73%
(2)0.3mlの加熱紅花油+ビタミンE 150mg 7%
(3)未加熱の紅花油 5.6%
(4)対照(何もなし) 7%

妊娠1日目から11.5日目に投与しその後、殺して中の胎児の流産と奇型を調べた。


結論

加熱された紅花油には催奇型性の可能性がある。

(2012/07/03 掲載)

低エルシン酸ナタネ油の精製過程中に生じる変化

論文で紹介します。

Formation of modified fatty acids and oxyphytosterols during refining of low erucic acid rapeseed oil.
低エルシン酸ナタネ油の精製過程中に生じる脂肪酸変化物と酸化植物ステロールの生成(トランス酸と環状脂肪酸モノマー)
Lambelet P ネッスル研究所 スイス

精製の最初の段階、脱ガム、中性化、脱色の各工程ではほとんど変化がない。一方、脱臭工程は5%以上のトランス脂肪酸と少量(650mg/kg油)の環状脂肪酸モノマーが250度、5〜6時間という厳しい条件下で生成する。

Α―リノレン酸が環状脂肪酸モノマーの原料になる。

(2012/07/05 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ