アトピー・アレルギーについて知ろう

アトピー性皮膚炎での微生物の役割について

論文で紹介します。

The role of micro organisms in atopic dermatitis
アトピー性皮膚炎での微生物の役割
B.S.Baker
Clinical and experimental immunology 2006 144 1-9


アトピー性皮膚炎は、ぜん息やIgE関与の食物アレルギーなどに関係している、一般的な皮膚の病気で、その皮膚の傷害は、環境中の抗原応答に関与しているTh-2細胞が特徴です。

アトピー性皮膚炎の、ここ30年以上にもわたる増加は、産まれてすぐの、微生物との接触が少ないことが原因になっている。

それがTh-1とTh-2細胞のバランスを変えるか、免疫応答でのT細胞の抑制の減少を招くか、などに繋がっているかもしれない。

アトピー性皮膚炎の患者は、生まれつきの免疫と獲得免疫の欠落があり、それらが、バクテリアやカビやウイルスの感染などに対して、高い感受性を持つことに繋がっています。特に、黄色ブドウ球菌の感染に特別に弱く、黄色ブドウ球菌の出す毒素は、毒素に対するIgEの誘導と、th-2細胞、好酸球(白血球の一種)、ケラチノサイトなど、様々な細胞の活性化、などを通して、病気を悪化させます。

マラセジア(でん風菌、正常皮膚微生物叢を構成する酵母菌)によるアレルゲンも、一部の患者の病気の原因と考えられている。

微生物がアトピー性皮膚炎の病因に重大な役割を果たしている 原因遺伝子の感受性や病気の悪化のどちらかか、両方ともにか影響している。



アトピー性皮膚炎は、子供の7-17%が罹患している。

たいてい、最初の2年間に生じ、2/3は大人にまで続く家族で両親の内、どちらかがアトピー性皮膚炎、ぜん息、アレルギー性鼻炎を持っている時、高率で子供がADになり、さらに色々なアレルギーの病気を進行させていく。

ADに関与しているらしい遺伝子は、乾癬、IgEリセプター、Th-2サイトカイン、‐中略‐微生物への応答に関与しているリセプターなどです。

大気汚染、室内空気のダニ、などの環境要因や食事の変化などが関与しているが、あまり証拠がない。

より関与しているのは、子供の初期の感染(たぶん抗生物質使用につながるだろう)と、家族サイズの減少(アレルギーの感作は、第一子に多く、大家族の子供には少ない)です。


解説

アトピー性皮膚炎の開始と悪化に皮膚に住みついている正常皮膚微生物叢が関与している。

腸内細菌がアレルギーに大きく関わっている「hygiene hypothesis(衛生仮説、保健仮説)」を支持する論文がたくさん出されています。今回、アトピー性皮膚炎にも正常皮膚常在菌の黄色ぶどう球菌と、マラセジア酵母の関係があります。

「皮膚常在菌は、黄色ぶどう球菌の属する、スタフィロコッカス属や、プロピオニバクテリウム属が大半を占め、密集することで、外界の微生物の侵入を防ぐ働きがあるといわれ」(大阪府立公衆衛生研究所報告)ています。

抗生物質の安易な使用で、腸内細菌を変え、抗菌物質の氾濫で皮膚常在菌のバランスを変えてしまう。はっきりしている、確定の節ではないけれども、アレルギー、アトピーと、微生物との関係は、深い関係がありそうです。

抗菌効果を担っているのは、殺菌剤そのもの(TBZ)であったり、酸化チタンや銀、亜鉛などの重金属系などがあります。どの場合でも、毒性の大小はありますが、毒性は必ずあります。(何せ、微生物が死ぬんですから)安易な使用は、日常的に接する商品であればあるほど、避けた方が良いです。

(2006/08/03 掲載)

アトピーのプロバイオティク予防の4年間の追跡調査

論文で紹介します。

Probiotics and prevention of atopic disease: 4-year follow-up of radomised placebo-controlled trial
アトピーのプロバイオテックと予防、4年間の追跡調査

Isolauri E. フィンランド トゥルク大学小児科学部
Lancet 2003 May 1869-71


Lactobacillus rhamnosus(乳酸杆菌の一種)を周産期(妊娠22週〜生後28日)の投与は産まれて2年間のアトピー性湿疹を減らす。


そこで、更に産後4年間を調べた。

乳酸菌を投与された子供 53人 14人 アトピー性湿疹に
プラセボ投与(偽薬)子供 54人 25人 アトピー性湿疹に

乳酸菌(Lactobacillus rhamnosus)の投与がアトピー性湿疹に対する予防効果が幼児期中ある。

(2006/09/04 掲載)

アトピーとアレルギーのリスクを、子供の時期の抗生物質使用が増加させるか?

論文で紹介します。

Does the use of antibiotics in early childhood increase the risk of asthma and allergic disease?
アトピーとアレルギーのリスクを、子供の時期(それも特に初期の)抗生物質使用が増加させるか?
アントワープ大学 疫学部 Van Bever
Clin Exp Allergy 2000 1547-53

背景

アトピーとアレルギーの増加を説明するメカニズムは、西洋化のライフスタイルか保健仮説(hygiene hypothesis)です。

子供の初期の感染は、アトピー、アレルギーの進行へ予防的であると考えられています。又、抗生物質の使用がアトピー、アレルギーのリスクを上げるかもしれません。

目的

生後1年間の抗生物質の使用と、その後のアトピー、アレルギーとの関係をさぐる。

方法

7才と8才の子供の皮膚試験のデーターと、質問用紙を集めた。

結果

生後1年間での抗生物質使用 アトピーを1.7倍
両親のどちらかが枯草熱(花粉症) アトピーを2-3倍
皮膚試験陽性 アトピーと関係なし
両親のどちらかが枯草熱で抗生物質使用 アトピー 2-3倍

結論

子供のごく初期の抗生物質使用は、アトピーになりやすい子供に対して、アトピー、アレルギーを進行させるリスクと関係している。

(2012/06/08 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ