最新ニュース

ニュースより:実は怖い「体の糖化」老化を早め病を招く糖化物質《AGEs》蓄積を防ぐには

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

終末糖化産物(AGE/AGEs)という言葉はご存じでしょうか?栄養と健康との関係に関する研究は日々進歩を遂げています。

ヒト、特にアジア人は炭水化物摂取が多すぎ、炭水化物摂取を減らし、脂肪を多くとると、循環器疾患や全死亡率などが減ることが報告されています。今までは脂肪というと「悪役」と見なされてきましたが、大きな変化です。特にアジア人では脂肪をもっととる必要があるとされています(Dehghan et al. (2017)。これらはさらに精査が必要かも知れません。

今朝のニュースチェックで、血糖値が高いと作られやすい終末糖化産物に関する入門的な記事を読みました。この終末糖化産物の代表的あるいは良く効く言葉はHbA1cで、糖尿病の長期的コントロール状態を調べる時に使われる、ヘモグロビン(Hb)にグルコースが結合した物です。ヘモグロビンは血中糖が多ければ多いほど糖と結合しやすくなります。

この糖化が他の蛋白質でも生じ、それが老化の一因であるというのが今朝紹介する記事です。

 

 

実は怖い「体の糖化」老化を早め病を招く糖化物質《AGEs》蓄積を防ぐには
4/21(土) 18:10配信 サライ.jp

https://serai.jp/health/307944

 

ニュースより:妊娠成立前の両親の食生活、誕生後の子どもの健康に影響

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

今朝、AFPやCNNを賑わした記事があります。それは母親のみなず、父親のダイエットや生活習慣が子供の健康に影響を与えうるというLancetに月曜日に発表された科学論文を紹介したものです。

母親のダイエットや生活習慣と子供の健康については今まで良く報告されていましたが、父親も注意する必要があります。

 

妊娠成立前の両親の食生活、誕生後の子どもの健康に影響
4/18(水) 15:49配信 AFP=時事

http://www.afpbb.com/articles/-/3171625

 

ニュースより:「汗をかいてデトックス」はウソだった

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

デトックスという言葉を時々聞きます。私はいつもその言葉とそれによって伝えられる内容に疑問を抱いていました。発汗デトックスという言葉も良く聞きます。

今朝のニュースチェックで発汗により排出される毒素の量はごくわずかで、現実的には無視できるほどでしかないことが報じられています。これも都市伝説だったのかと気づかされました。

 

「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告
4/13(金) 7:41配信 ナショナル ジオグラフィック日本版

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/041200164/

ニュースより:タマネギ「べと病」沈静化 関係者「油断禁物」

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

兵庫県淡路島ではタマネギのベト病が流行し、かなりの防除作業が行われているようです。

本来の姿であるべき総合防除ではなく、殺菌剤による力ずくの防除作業が行われていると思われます。

こんなタマネギを食べたいですか。本来は輪作などを採用すべきでしょう。

 

タマネギ「べと病」沈静化 関係者「油断禁物」
4/12(木) 11:00配信 神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/201804/0011155041.shtml

ニュースより:新茶から基準値超えの農薬 販売元が自主回収

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

鹿児島市で販売された新茶から、殺菌剤プロシミドンが検出されました。プロシミドンは茶には適用外農薬のようです(要調査)。

この殺菌剤が茶から検出されたことは、過去に適用外農薬使用が社会問題になった過去を経ても、まだ農薬使用が慎重に行われていないことを意味します。

プロシミドンは内分泌かく乱作用があり、EUなどでは厳しい規制が行われているようです(参考:名古屋生活クラブ・外山、イチゴによく残る農薬「プロシミドン」:EUは危険性を重視して使用禁止。日本では・・・http://1.nagoyaseikatsuclub.com/?eid=169

この農薬は茶には適用がありませんが、キャベツやレタス、ピーマン、トマト、ネギ、ダイズ、インゲンなど多様な作物に登録されています。慣行栽培の作物に不安を感じます。

 

新茶から基準値超えの農薬 販売元が自主回収
4/10(火) 20:05配信 MBC南日本放送

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00028932-mbcnewsv-l46



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ