食品のリスクについて知ろう

乳ガンの放射線治療によりガンになる人は、たばこ、日光、アリストロチック酸でガンになる人に比べ全然少ない

Mutational signatures of ionizing radiation in second malignancy

2次発ガン(放射線治療後の発ガン)の放射線による突然変異の形

Sam Behjati サンガー研究所 

ケンブリッジ大学 イギリス Nature communications 12 Sep 2016

 

要旨

生体の放射線被曝後に生じる突然変異の形(様式)は、今まで、よくわかっていなかった。

いろいろな種類の異なる2次発ガン12種類の突然変異の形を調査した。

ガンの種類に関わらず2種類の体細胞突然変異の形が見つかった。

放射線を受けていないガン319種と比べて放射線によるガンは、

遺伝子全体で201個余分な(中央値で)欠失(サイズは1〜100塩基)があった。

放射線を受けていない欠失とちがって、放射線による欠失は、

ゲノム全体に均一で配列や複製のタイミング、クロマチン構造とも関係がなかった。

更に逆位(balanced)も増加していた。

これら欠失と逆位の両方ともがドライバー変異(ガン化につながる変異)を作り出している。

この様に放射線は発ガンにつながる特徴的な変異を作り出している。

 

欠失・・・遺伝子が失われること

逆位・・・遺伝子が逆の向きでつながってしまうこと

 

解説

放射線の影響に関して、広島、長崎の被曝の研究が大きな役割をしめていますが、

いろいろ不確定の部分もあり、いろいろな異論のでる余地があります。

今回の研究は、遺伝子配列をほぼ全部にわたって解析したもので

放射線がどういう変異をもらたしたか、

遺伝子配列で明らかにした画期的な論文です。

要旨の中にも書かれていますが、放射線による欠失は「ゲノム全体に均一で」という部分は、

タバコや紫外線などの放射線以外の変異原の場合、

変異は、特定の部分に集中している特徴があることと対になっています。

放射線は人体組織の中に透過する過程で、

偶然に遺伝子DNAと相互作用(放射線による活性酸素で)するので、

タバコや紫外線といった他の変異原が

遺伝子の高次構造の特定の部位に変異を集中させているのに対して、

遺伝子全体に均一に変異をもたらしています。

 

また、本文の中で著者らは、

 

「放射線は、よく知られた発ガン物質であるのに、

突然変異の数が比較的少ないのは驚くべきかもしれない。

タバコ、日光、アリストロチック酸(ハーブ)によるガンで見られるより、

かなり(放射線)は変異が少ない。

それは、ガンに対する寄与リスクは高いのだけど、

絶対リスクそのものが低い事をおそらく反映している。

たとえば、乳ガンの放射線治療後に起きる

血管肉腫の90%以上は放射線によるものだけれど、

放射線照射を受けた1000人中の1人しか血管肉腫になりません。

放射線は照射された組織のバイスタンダー細胞を明らかに発ガンさせるが、

細胞1つずつの絶対リスクは高くなく、

その後のドライバー変異(ガンを起こす変異)が必要だろう。」

 

バイスタンダー効果 ・・・

放射線照射されていない細胞が近くの照射された細胞からシグナルを受けとり、変異したり、ガン化したりする。

ドライバー変異 ・・・

ガン化につながっていく変異。そうでない変異はパッセンジャー変異。

                                 伊澤

「100ミリシーベルト以下は安全」も「1ベクレルは危険」も嘘

Ionising radiation and risk of death from leukaemia and lymphoma

in radiation-monitored worker(INWORKS)

 

放射線被曝量をモニターされた労働者の放射線被曝と白血病、リンパ腫で死ぬリスク

Klevi Legrand. lnstitute for radiological protection

and nuclear safety Lancet Haematel 2015:2:e276-81 要旨 

 

長期及び、何回もの放射線被曝は、職業上、環境中、医療で起こるものですが、

その白血病、リンパ腫のリスクには多くの不確定性があります。

 

方法

フランス、アメリカ、イギリスの核施設に1年半以上雇われた放射線量をモニターされた

労働者30万8297名からなるコホート(集団)をトータルで

822万人/年(30万8297名なら平均26.7年追跡した)、

線量としては、骨髄に当たった線量と、白血病、リンパ腫の死亡率と比較した。

 

結果

線量は非常に低い線量(1年間に平均1.1ミリグレイ・・・ガンマ線が主なので1.1ミリシーベルトと同じ)、

白血病死の過剰相対リスクは、1グレイにつき 2.96倍になった。

この研究は、長期低線量被曝と白血病の関係を強く示している証拠になっている。

 

解説

この論文は、低線量被曝でも白血病死が起きてることを証明しています。

1グレイにつき2.96倍という結果は、この研究はガンマ線によるものがほとんどの被曝なので、

1シーベルトにつき2.96倍と考えてもいいです。

(本文に内部被ばくの影響は少ないという記載があります。)  

  

 1シーベルト      2.96倍     

100ミリシーベルト  0.296倍(29.6%増)     

10ミリシーベルト   0.0296倍(2.96%増)     

1ミリ         0.00296倍(0.296%増)

 

というもので0.296%増加の証拠のため、30万以上の労働者を、

平均26.7年追跡して、ようやくわかったというものです。

ちなみに、日本政府は、20ミリシーベルト/年の汚染地への帰還を進めています。

これは5年分で100ミリシーベルトになるので、白血病死が29.6%増えるという予測になります。

 

又、1ミリシーベルトを、セシウム137に換算すると、7万7000ベクレル摂取と同じになります。

(ECRRだと、1万5000ベクレル位)。

政府、政府系の科学者が言っている100ミリシーベルト以下でガンは起きないは明白な嘘ですが、

1ベクレルが危険だというのも誤っています。  名古屋生活クラブ 伊澤

 

 

 

脳の健康に有益な食事がアルツハイマー病を減らす

先日人口甘味料が脳卒中や認知症を増加させるという情報を掲載しました。

これまでは、アルツハイマー型認知症は原因がわからないとされてきましたが

健康的な食事習慣によってアルツハイマー型認知症の発生率が減るという論文です。

 

特別なサプリを飲んだり、はやりの「体にいい」という食品をとることにお金をかけるよりも

日常的に続けていける、特別ではないけれど野菜や果物たっぷりの豊かな食事が

何十年後の健康ももたらしてくれるのなら、日々の食事の内容を見直そう!という気になりますよね。

 

以下の論文でマインド食とは

全粒穀物や野菜、果物、ナッツをたくさん食べ、魚や鶏肉、豆類を適度にとって

ファストフード、バター、マーガリンは極力摂らない、お酒はほどほどに

という内容でした。

拍子抜けするほど、そんなに難しいことではないですよね。

ただ、子供さんはとくに、成長するにつれて野菜が減り、ファストフードやお菓子などが

増えてしまうということがあるかもしれません。

思春期の野菜や果物の摂取量が乳がんのリスクを減らすという論文もあります。

http://1.nagoyaseikatsuclub.com/?eid=201

小さいころから野菜果物たっぷりの食習慣に親しんでいけるといいですね。

 

MIND diet associated with reduced incidence of Alzheimer’s disease

マインド食(脳の健康に有益な食事)がアルツハイマー病を減らす

Martha Clare Morris, S. D. ラッシュ大学

 

背景:以前の研究でマインド食(地中海式食と血圧低下食(DASH)の混合型)に一致が高いほど認知能力の低下が緩やかになることが示された。

この研究では、これらの3つの食事(マインド食、地中海式食、DASH食)とアルツハイマー病の発生を調べた。

 

方法:58才から98才までの923人の参加者の食事とアルツハイマー病の関連を調べた。平均4.5年追跡した。

 

結果:マインド食への一致度に関して3分割した。一番一致度が低いグループに対して

 

マインド食への一致度

 

低い

中間

高い

アルツハイマー病のリスク

1とすると

0.6535%減少)

0.4753%減少)

と減少した。

一方、DASH食(血圧低下食)では、同じく高いグループのみ0.6139%減少)、地中海式食では高いグループのみ0.4654%減少)になった。

 

(訳・解説:伊沢)

頭痛薬の乱用に注意

 

頭痛薬を乱用すると難聴のリスクが高まります。

頭痛は侮らず、病院で原因を探してみるのがいいかもしれません。

 

 

Nurses’ Health Study links over-the-counter medication for pain relief with hearing loss.

薬局での頭痛薬が難聴につながる

 

NSAIDs(非ステロイド系抗炎症薬・・・アスピリン、サリチル酸、イブプロフェン、ポルタレン、インドメタシン、ナプロキセンなど)とアセトアミノフェン(ノーシンなど)

NHS参加者55000人を追跡し、イブプロフェンなどとNSAIDs薬やアセトアミノフェンをよく6年以上使っている人は、難聴のリスクが9%から10%上がる。

人口甘味料が脳卒中、痴呆を増加させる

ジュースやお菓子のラベルをよく見てみてくださいね。

人口甘味料のリスク、高いです。

 

Sugar-and artificially sweetened beverages and the risks of incident stroke and dementia.

砂糖か人口甘味料の飲料と脳卒中、痴呆のリスク

 

Matthew. P. Pase ボストン大学

 

フラミンガム ハート スタディー オフスプリング 

参加者2888人 45才以上を追跡し脳卒中を、60才以上1484人を痴呆の発生率を調べた。

97件の脳卒中と81件の痴呆が観察された。

 

結果

人口甘味料の摂取が虚血性脳卒中、全ての痴呆、アルツハイマー性痴呆を増加させていた。

累積で1週間に0の人に対して1日に1本以上(週に6本以上)の人は虚血性脳卒中が2.96倍、アルツハイマー性痴呆は2.89倍だった。

砂糖で甘くした飲料は関係がなかった。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ