化粧品について知ろう

ヒト腸内細菌でアルブチンは突然変異原性を持つ

Mutagenicity of arbutin in mammalian cells after activation by human intestinal

ヒト腸内細菌で活性化(分解)されることにより、アルブチンは、突然変異原性を持つ
Michael Blaut German Institute of Human Nutrition
Food and Chemical Toricology 44.(2006) 1940-1947


ハイドロキノンは、植物中にも天然に存在するが、商業的にも年間5万トン生産されている。(IARC1999)写真の現像、油脂の酸化防止、重合防止剤、さらには、化粧品の美白剤としても使われている。ハイドロキノンは、糖が付いている状態、アルブチンとして、植物中に存在している。

ハイドロキノンは、数多くの試験で遺伝毒性を示す。さらに、白血病の誘導に関係している。酸素、トポイソメラーゼの阻害や、微小管に関与しているタンパクを阻害する。

疫学データーは、ハイドロキノンの発ガン性に関しては不十分である。しかし、2つの長期動物実験の結果は、ハイドロキノンの発ガン性を示唆している。

「ナシ」のような果物にあるアルブチンは、結合した状態で存在しているので、(分解を受けにくく)消化管の深部まで到達し、そこで、腸内細菌によって分解を受け、ハイドロキノンを生じる可能性がある。

食品中のハイドロキノン量は、0.5mg/kg以下のレベルである。アルブチンは、「ナシ」の様に、高度に含んでいるものでは、アルブチンとして、71mg/kg、ハイドロキノンとして、27mg/kg含まれている。

消化管中で腸内細菌によってアルブチンが分解され、生じたハイドロキノンは、消化管の上皮細胞の突然変異を起こすかもしれない。


解説

美白化粧品に含まれている、アルブチンは、ヒト、消化管中で腸内細菌により、分解され、ハイドロキノンを生じる。

ハイドロキノンは、強い突然変異性(遺伝子DNAを突然変異させる)を持ち、発ガン性も疑われている。

アルブチンは天然の植物(ナシなど)にも含まれるが、その毒性は分かっていない。

突然変異原性は、細菌を材料に用いて試験される事が多く、その結果を元に、発ガン性試験の必要の有無を判断していく事が多いのですが、今回の様に腸内細菌の分解によって初めて、突然変異原性が生じるアルブチンの様な物質の場合、見すごされることになります。
 

(2012/08/06 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ