化粧品について知ろう

パーソナルケア商品の使用で尿からフタル酸モノエステル類が検出

論文で紹介します

Personal care product use predicts urinary concentrations of some phtalate mono esters.
パーソナルケア商品(コロン・アフターシェービング・デオトラントなど)を使用すると、尿中からフタル酸モノエステル類が検出される。
Susan.M,Duty ハーバート大学
Environmental Health Perspectives volume 113 No.11 November 2005


フタル酸エステル類は(プラスチック)可そ剤、溶剤、香料や着色料の安定剤として使われている。パーソナルケア商品、医療、ペイント、接着剤、塩ビ製の医療器具にも使われている。DEP、DEHP、BBZP、DBPがパーソナルケア製品に使われている。動物実験では、フタル酸の精巣に対する毒性が見つかっているが、ヒトに対する影響のデータは不足している。DEPの尿中分解物であるMEP(モノエチルフタル酸)濃度と、ヒト精子DNA(遺伝子)の傷害の関係と他のフタル酸エステル、DBPとMBZPの分解物と、精子の運動性減少との関係の2つの研究がある。

最近の疫学研究では、MEP、MBP、MBZPの生まれる前の曝露が、男の子の肛門性器間長さ(AGD)を短くすることに関与していました。

ねずみでの研究では、AGDは生まれる前の抗男性ホルモン効果を示す指標です。

ホウリハンはアメリカ国内のスーパーマーケットで購入した、72種のパーソナルケア商品中(ヘアジェル・ヘアスプレー・ボディーローション・フレグランス・デオドラント)のフタル酸エステル類を分析し、DEPを72%、DBPを8%、BBZPを6%、DEHPを4%の商品から検出しました。

2004年の韓国の研究では、DBPがネイルポリッシュ21種中19種から、香水42種中11種から、DEPは42種香水から24種、8種デオドラントから2種検出した。

2000年から2003年にかけて、マサチューセッツ・ジェネラル病院での精子研究に参加している406人の男性を対象に、パーソナルケア製品の使用状況を確認しサンプル採取した尿中のフタル酸エステル類を分析した。


結果

尿採取の48時間以内にコロン、アフターシェーブを使用していた男性は、高い平均MEPを検出した。

さらに他の製品も使用した場合、MEPは33%増加した。パーソナルケア製品が、フタル酸エステル類の体内汚染源になっていることが分かった。

これらパーソナルケア商品に入っているフタル酸エステル類は表示されていないことが多い。

(伊澤)

(2012/08/06 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ