食品の効果について知ろう

低脂肪・低コレステロール食はダイエットや心臓病予防などに効果なし

論文で紹介します

低脂肪、低コレステロール食は、ダイエット効果、ガン予防、心臓病予防に効果なし
Harvard school of public health(ハーバード大学公衆衛生学教室)

ハーバード大学で主に行われた詳細な研究は、脂肪の摂取量と病気に関連がない事を示している。


重要なのは、脂肪の種類

「Women’s Health Initiative Dietary Modification Trial」(女性の食事介入試験)で8年間の低脂肪食は心臓病、乳ガン、大腸ガン、ダイエットに効果なし

ますますはっきりしている事は、飽和脂肪とトランス脂肪が「悪い脂肪」であり、一価不飽和脂肪と多価不飽和脂肪が「良い脂肪」であるという事です。大事な事は、「悪い脂肪」を「良い脂肪」に代えることです。


コレステロールについては?

糖尿病の人は、とくにそうだが、コレステロールの総量を抑えることは、重要である。

平均的な人は、血中コレステロールの75%を肝臓で合成し、食事からは25%吸収している。コレステロールを運搬するリポタンパクが動脈硬化と心臓病の進行に重要な役割を果たしている。

LDL(低密度リポタンパク)は、コレステロールを肝臓から全身へ運搬しています。LDLが血中に多い場合、心臓動脈壁に沈着します。それでLDLは、「悪玉コレステロール」と言われています。

HDL(高密度リポプロテイン)は、血中から肝臓へコレステロールを戻すので、全身からコレステロールを減らします。

HDLは、血中の過剰のコレステロールを減らし、動脈内での沈着を減らします。それで「善玉コレステロール」と言われています。

20歳以上の成人の場合、国のコレステロール教育プログラム(National Cholesterol Education Program)での最新のガイドラインは、

総コレステロール値 200mg/dl以下
HDL 40mg/dl以上
LDL 100mg/dl以下

8万人以上の女性の看護士さんでの研究で、ハーバードの研究者達は、1000カロリーずつに200mgのコレステロールの増加が心臓病の実質的な増加につながらなかった事を見いだした。


卵について

1日に1個までの卵の消費は、健康な人の場合、心臓病と関連してない事を、ハーバードの研究者達が見いだした。


悪い脂肪

飽和脂肪 HDL、LDLともに増加させる、結果として、悪い効果をもたらす。飽和脂肪を減らす事が重要


トランス脂肪

飽和脂肪より、コレステロールを悪化させる。

「悪玉コレステロール」を上げ、「善玉コレステロール」を減らす。

免疫系の過剰反応(炎症)を起こすので、心臓病、脳卒中、糖尿病、他の慢性病などにかかわっていると示唆されている。

Nurse’s Health Studyでハーバードの研究者達は、トランス脂肪の高い摂取が非ホジキンリンパ腫を、飽和脂肪の高い摂取が子宮内膜ガンの増加につながっていることを見いだした。

アメリカ医学会(Institute of Medicine)は、食事上のトランス脂肪に安全レベル(safe level)はない、と結論を出しました。(2002年)

2006年1月、トランス脂肪は義務表示化された。

ゼロトランス脂肪(zero trans fat)と表示してある商品は、0.5gまでは、許容されています。(カナダでは、0.2グラム)

それで、食品成分リスト中に部分水素添加(partially hydrogenated)とか、植物性ショートニングを見つけたら、その様な表示のない別の製品を探しなさい。(とくに、いつも常食している物ならば)


トランス脂肪の摂取を下げるために

・液体の植物油、トランス脂肪を含まないか、ほとんど分からないソフトマーガリンを選べ
・商業的に作られた、パン、スナック、ファーストフードを含む加工食品を減らせ。安全側に立てば、その様な食品は、それ以外の表示であっては、トランス脂肪を含んでいると思いなさい。
・レストランでトランス脂肪を下げるためには、フライ物は避けなさい。多くのレストランでは、部分水素添加した油を使っています。


資料

Nurses Health study

毎日、4ティースプーンのスティックマーガリンを食べる女性は、心臓病の危険性が1.5倍になる。

Lancet 1993 341:581-5 Willett WC
 

(2012/10/02 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ