精製油、油脂・脂肪酸について知ろう

調理により油煙を吸い込む婦人は肺がんになる危険性が高い

論文で紹介します。

Genotoxicity and oxidative stress of the mutagenic compounds formed in fumes of heated soybean oil,sunflower oil and lard.
Dung CH 国立chung Hsing 大学  台湾
Toxicol In Vitro.2006 Jun; 20(4) 439-47

油が熱せられる時に出る油煙に含まれる遺伝毒性と細胞毒性を大豆油、ひまわり油、ラードでヒト肺がん上皮細胞(A―549)を用い調べた。

脂肪酸の加熱で生じる、最も突然変異原性の高い、t-t-2.4-DDEは大豆油、ひまわり油、ラードにそれぞれ、66.4μg/g、35.9μg/g、40.3μg/g含まれていた。

この結果は明らかに油煙が細胞毒性とDNAを酸化することを示している。A-549細胞に油煙によって起こったDNAの傷害は活性酸素の生成と関連していた。

調理により、この油煙を吸い込む婦人は肺がんになる危険性が高い。

(2010/08/02 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ