精製油、油脂・脂肪酸について知ろう

加熱された調理油はラットに催奇型性を持つ

論文で紹介します。

Teratogenic actions of thermally stressed culinary oils in rats
加熱された調理油はラットに催奇型性を持つ
Indart A San PabloCEU 大学 スペイン
Free Radic Res, 2002 Oct;36(10):1051-8

調理油が加熱された時に生成する脂質酸化物は細胞を傷害する。

この研究の目的は脂質酸化物を含む加熱された紅花油が経口投与でラットに催奇型性(奇型を生じる)を持つかどうか、又それがアルファートコフェロール(ビタミンE)添加で抑えられるかどうか検討した。

紅花油は家庭と同じように20分間、加熱し、窒素ガスのもとで−20℃で保存した(酸化しない様に)妊娠したウィスターラットを4群に分け実験した。


結果

奇型率
(1)0.3mlの加熱紅花油 21.73%
(2)0.3mlの加熱紅花油+ビタミンE 150mg 7%
(3)未加熱の紅花油 5.6%
(4)対照(何もなし) 7%

妊娠1日目から11.5日目に投与しその後、殺して中の胎児の流産と奇型を調べた。


結論

加熱された紅花油には催奇型性の可能性がある。

(2012/07/03 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ