化学化合物(環境毒物・環境汚染)について知ろう

マイクロプラスチック|タイヤの粒子も汚染源!?

キーワード

マイクロプラスチック プラスチック

 

マイクロプラスチックの汚染源としては、

不法投棄されたプラスチック自体だけでなく、

●生活排水(洗顔料、化粧品などに含まれるマイクロビーズ、洗剤のカプセルなど)

●工場排水

●農業用資材

などが言われてきているが、新しい論文では、タイヤの粒子も汚染源としてあげられている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 マイクロプラスチックは遠隔地へ大気中を輸送されている

Atmospheric transport is a major pathway of microplastics to remote regions

N.Evangelion ノルウェー大気研究所

Nature communications. 2020.11:3381

 

要約

Twps(タイヤから出る粒子)、Bwps(ブレーキから出る粒子)のマイクロプラスチックの

地球規模での輸送をシュミレーションした。

遠隔地までこれらの粒子が高い効率で輸送されている。

Twps(タイヤから出る粒子)の約34%、Bwps(ブレーキから出る粒子)の約30%、

それぞれ100キロトン/年、40キロトン/年が世界中の海に入っていく。

直接もしくは、川に流れて海に入っていく量が年間64キロトンになる。

北極では、これらの粒子が光を吸収することで、温暖化が加速し、雪、氷が溶けることが考えられます。

 

キロトン=1000トン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー​ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp 
>>会社概要はコチラ
  クリックよくあるご質問