タンパク加水分解物等について知ろう

アミノ酸が入っている商品をリストから外している理由

名古屋生活クラブの考え


アミノ酸(グルタミン酸ナトリウム)、をどうやって作っているかご存知でしょうか。

石油から合成していた時期もありますが、今は微生物を培養して作っています。

グルタミン酸を、大量に、しかも細胞の外へ放出する突然変異をした微生物を選びます。

その微生物(細菌)にえさとなる有機物(糖、脂肪、ビタミンなど)を加え、培養します。

その時、脂肪は水に溶けないので、溶かすために「合成洗剤」を加えます。

この菌は、抗生物質(クロラムフェニコール:発ガン性あり)を加えると、菌の外にグルタミン酸を放出します。

培養が終わると、細菌と上澄みの部分に分けます。

上澄みの部分のPHを、あるPHに合わせると、グルタミン酸が沈殿します。

その沈殿を水酸化ナトリウムと反応させて、グルタミン酸ナトリウムを作ります。

以上のような簡単な精製法ですので、当然、不純物も含まれています。

以前「味の素」に聞いた所、安全な不純物だけ、明らかにしてきましたが、それ以上は明らかにしませんでした。

アミノ酸はうま味成分として、食品業界には欠くべからざる重要な商品になってしまいましたが、「味の素」に見られる様に、情報かくしの為の安全性の上で成り立っている商品です。

消費者からの問い合わせに、食品メーカーとしては自信をもって情報を明らかにするようにならなければ、アミノ酸は外さざるをえません。

消費者が「自分の知る権利」を積極的に行使してメーカーに働きかけなければ、 食品業界と流通業界(生協も含めて)のもたれあいは変わりません。

(伊澤)

(2004 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ