トランス脂肪酸について知ろう

トランス脂肪酸と痴呆(久山町研究)

キーワード トランス脂肪酸 痴呆 アルツハイマー

トランス脂肪酸の問題は心血管病のリスクがこれまで言われてきましたが、

今回ご紹介するのは、トランス脂肪酸摂取量が比較的低い日本(福岡県久山町)で行われた研究で、

しかもトランス脂肪酸がアルツハイマーなどの痴呆につながっている可能性があると初めて示した研究です。

 

「血液中のエライジック酸(工業的トランス脂肪酸の一つ)の濃度と痴呆のリスク」

The Hisayama study(久山町研究)

九州大学、神戸大学(石田先生ら)Neurology. Oct 23. 2019.

 

方法

九州大学が行っている久山町研究は、福岡県久山町の住民を1961年以来追跡、研究しているものです。2016年現在の人口は8,600人、40才以上の住民の健康状態を毎年調査しています。

この研究は久山町の60才以上の住民1,760人(参加率83.4%)を対象に2002年と2003年に実施。その内132人は既に痴呆を発症しているなどの理由で除外。1,628人(男性703人、女性925人)の血液を採取、2012年まで追跡し、痴呆の発症者などを調査しました。

 

結果

377人が痴呆を発症。内訳はアルツハイマー型247人、血管性痴呆102人。血液中(血清中)のエライジック酸の高値が統計的に有意に痴呆の発症と関連していた。これらの関連は飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸などの摂取量で補正しても有意であった。

※補正とは痴呆・アルツハイマーになる率が高まったり、低くなったりする要因を取り除くために行われる操作

 

この著者の1人である神戸大学の石田達郎先生が2月22日の刈谷での大交流会で講演していただくことになっています。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp 
>>会社概要はコチラ
  クリックよくあるご質問