農薬について知ろう

不妊治療と残留農薬

キーワード 不妊 農薬 残留農薬

 

「不妊」というキーワードは私自身も気になるワードですが、

男性側、女性側の原因は様々だと思います。

生活習慣や食生活などの見直しも不妊治療の第一歩ではないでしょうか。

今回、ある文献がハーバード大学から発表されました。

1つのデータとして参考になればと思います。

果物や野菜からの残留農薬が関係しているか

イントロ

 

12-16%のカップルが不妊になっている。

精子の質も年々悪くなっている、とのデータもある。生殖毒性があるものの中で、農薬が精子の質に影響している。

1970年代に農薬の製造工場の労働者に多くの精子減少症、無精子症などが報告された(DBCP.製品ネマゴン)

一般農法(農薬を使う)で育てられた果物や野菜が主な農薬の摂取源になっている。

 

たくさん農薬が残留している果物や野菜を食べることが精子の質に影響しているか?

 

方法

 

2007年から2015年に男性155人(不妊治療中)の精子338検体を調べた。残留農薬の摂取量は、アメリカ農務省のデータを元に残留が高い作物と低い作物に分け、参加者のそれぞれの摂取量を推定し、摂取量に応じて4段階に分け、それぞれの精子の質を比較した。

 

結果

 

残留農薬が多い作物をたくさん食べている人は、精子の質が低かった。(グラフAとC)

平均して、1日に1.5皿以上、残留農薬が多い作物を食べている人は、1日に0.5皿以下の人に比べ精子数が49%低く、形が正常な精子が32%低い。

残留農薬が低い作物を食べている人は、正常な形の精子の割合が高かった。(グラフBとD)

 

引用文献

Fruit and vegetable intake and their pesticide residues in relation to semen quality among men from a fertility clinic

不妊治療に通っている男性の精子の質に果物や野菜からの残留農薬が関係している

Human Reproduction,Vol.30、No.6、1342-1351、2015

ハーバード大学 T.H.chan school

 

今回の論文は不妊治療中の男性にターゲットを絞っていますが、男性一般で比較しても同じような結果になるという論文も他から発表されているようです。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ