共生細菌について知ろう

食物繊維|わずか2週間で改善が期待できた

キーワード 食物繊維 大腸がん

 

2つのグループの食事内容を2週間、入れ替えたらどうなった?

 

アフリカ系アメリカ人(脂肪↑ 炭水化物、食物繊維↓)の食事と

田舎のアフリカ人(脂肪↓ 炭水化物、食物繊維↑)の食事を2週間入れ替えた実験によれば、

 

アフリカ系アメリカ人は、「短鎖脂肪酸(酢酸、プロピオン酸、酪酸)」=腸内環境が良いとされる値が増え、「総胆汁酸(のちに発ガン性がある物質に変わる)」の価が減りました。

逆に、田舎のアフリカ人はそれらの価が悪化し、たった2週間の食事が与える影響の大きさを読み取ることができます。(下表)

補足

「短鎖脂肪酸」は食物繊維が分解されてできるもので、アレルギーを抑えたり、食欲を抑えたり、糖尿病になりにくく(※)なります。

食物繊維が多い食事が、健康を保つ秘訣のひとつということです。

※なぜ糖尿病になりにくくなるか

食事を摂ることや、短鎖脂肪酸が多いことで分泌されるホルモンGLP-1(糖尿病治療薬にもなっています)が、すい臓に働きかけインスリンを出させます。またGLP-1は脳にも働きかけ、食欲低下を促し体重低下(改善)につながります。それらの複数の経路で、糖尿病になりにくくなります。

 

食物繊維を多く摂る→短鎖脂肪酸が増える→健康改善が見込める

名古屋生活クラブが食物繊維摂取を薦めるのはこういった理由です。食べ物は薬そのものではありませんが、体に作用し、健康を促進することも阻害することもできます。一緒に考え、健康になりましょう。

 

引用:

Fat,fibre ancl cancer risk in African American and rural Africans.

アフリカ系アメリカ人と田舎のアフリカ人(南アフリカ共和国)の脂肪、食物繊維の摂取と、大腸ガンの関係

ピッツバーグ大学・アメリカ Nature Communications. 2015 April



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ