サプリメントについて知ろう

ビタミンB-サプリメントと骨折

キーワード

サプリメント

ビタミンB

過剰摂取

 

 

ちょっと待った!そのサプリ本当に必要ですか?

 

 

サプリメントって本来は健康のために飲むもの。

しかし、少しずつサプリメントの弊害と思われる文献が出てきています。

今回お伝えするのは、ビタミンB6、B12についてですが、他にもいろんな弊害が潜んでいる可能性があります。サプリを摂る前に自分が実際にどれだけ摂っているか、本当に必要なのか見直す必要があります。

 

以下、論文

【文献紹介】Association of High Intakes of Vitamins B6 and B12 From Food and Supplements With Risk of Hip Fracture Among Postmenopausal Women in the Nurses' Health Study

(調査概要)大規模なコホート研究(the Nurses' Health Study)

アメリカ 1984〜2014年の間、75864人の閉経後女性を追跡調査

(結果)75864人のうち、2304人が臀部骨折をしていた(骨折した時期は平均75.8歳)。

臀部骨折のリスクは、ビタミンB6およびB12の摂取量が多い人ほど高かった。

《ビタミンB6》      

サプリメント摂っていない人に対し、25/日以上サプリメントから摂っている人はリスクが42%高い

《ビタミンB12      

サプリメント摂っていない人に対し、25μg/日以上サプリメントから摂っている人はリスクが31%高い

 

論文から読み取れること

 

ビタミンB6、B12ともに骨粗鬆症で重要な「骨質」を高めるのに必要な栄養素ですが、摂りすぎが逆に骨折リスクが上がったという結果なのです。

また、この研究から分かることとしては、B6を2/日以上摂取している人は全体の86%

B12を10μg/日以上摂取している人は全体の60%

であったことから、多くの人が過剰摂取していることがわかりました。

 

 

解説

 

○ビタミンB6の役割・摂取量

筋肉や血液などがつくられたりする時に働いています。骨質に関与。

大人女性)摂取推奨量1.2/日(アメリカで1.3-1.7)

70歳以上女性の摂取量(2017年調査) 1.16/日

※推奨量にほぼ達している。(野菜、魚介類、肉類などから)

 

○ビタミンB12の役割・摂取量

骨髄での正常な血液を作り出す「造血作用」や、脳(中枢神経)や末梢神経の機能維持、脂質やタンパク質の代謝に関与。B6同様、骨質に関与。

大人女性)摂取推奨量2.4μg/日(アメリカも同じ)

70歳以上女性の摂取量(2017年調査) 6.1μg/日

 



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ