-

高血圧-アマゾンの原住民のは血圧が低い

キーワード

高血圧 食生活

 

「ヤノマミ族とYekwana族の生涯での血圧上昇と年齢との関係」という論文

 

年齢と共に高血圧になっていくことと加工食品や塩の摂取が、

関与していることが結果からうかがえます。

腸内細菌との関係の研究データが出ることが望まれますね。

 

 

多くの国では、血圧は産まれてすぐから上昇していく。

しかし南アメリカのヤノマミ族(アマゾンの原住民)は西洋文明の影響がなく(食事についても)、

血圧は1才から60才まで上昇しない。

しかし、ヤノマミ族の近隣の部族は(文明の影響を受け)加工食品や塩を摂っているので、

中年後期には高血圧になっている。

 

【研究内容】

1才から60才までのヤノマミ族72人の血圧を調べた。

年齢による血圧の上昇はなかった。

 

一方、近隣の部族Yekwana 83人は、文明の影響を受けており(食事も)、年齢につれて、血圧が上昇していた。

 

ヤノマミ族は狩猟採集生活をしており、低脂肪、低塩分、果物と食物繊維を多くとる食生活をしています。

1980年代以来のヤノマミ族の研究では、動脈硬化と肥満はほとんどなく、血圧はとても低く、年齢が上がっても上昇しない。

 

ヤノマミ族の最高血圧は平均で95、最低は63(一方、アメリカ人は平均 最高122 最低71)。

年齢につれて、血圧が上昇する始めは、小さい子供の時に始まります。

 

今後の研究として、ヤノマミ族のYekwana族の腸内細菌が血圧上昇に関与しているかどうかを調査する予定です。

 

 

Association of age with blood pressure across the lifespan in isolated Yanomami and Yekwana Villages.

ヤノマミ族とYekwana族の生涯での血圧上昇と年齢との関係

JAMA Cardiology   November 1.2018

ジョンホプキンス大学 アメリカ



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ