最新ニュース

ニュースより:【特集】梅雨前でも要注意

ー多発する“カンピロバクター食中毒” 鶏肉料理の注意点とは・・・

 

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

そろそろ梅雨の時期です。今頃増える細菌中毒があります。

その一つ、カンピロバクター中毒について中京テレビが配信したようです。比較的まとまった記事です。

たた症状などは述べられていませんので追加します。

 

経過・症状
・ 一見健康そうな家畜(牛、豚、鶏)、ペット(犬、猫)などの腸管内に菌が存在
・ 動物の排泄物で汚染された食品や水を介して人に感染
・ 少ない菌量(100個程度)で感染が成立し、小児ではペットやヒトとの接触により直接感染
・ 鶏肉などの肉類は本菌により汚染されている可能性も高く、この中毒の主要な原因食品
・ 菌は低温に強くて4℃でも長期間生存するので、冷蔵庫の過信は禁物

・ 小児が感染しやすい
・ 発症までの潜伏期間が比較的長く、一般に2-7日間
・ 発熱、腹痛、下痢、血便を伴う腸炎症状
・ 治療をすれば2−5日で回復するが、時に症状が長引く。虫垂炎や腹膜炎等が起こりうる

 

 

【特集】梅雨前でも要注意 多発する “カンピロバクター食中毒” 鶏肉料理の注意点とは・・・
5/25(金) 14:40配信 中京テレビNEWS

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00010000-sp_ctv-l23



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ