最新ニュース

ニュースより:米国食品医薬品局の化学者、食品から発ガン性が懸念されている化学物質を検出

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

皆さんの周囲の道ばたや野原で使われているラウンドアップといった多くの除草剤の有効成分はグリホサートです。

この除草剤は「無害」と宣伝され、広く使われてきました。しかし、2015年に国際癌研究機関(IARC)はグリホサートを人間の発癌物質である可能性が高い物質として分類しました(グループ2A)。

米国の環境保護局 EPAなどではグリホサート使用を容認する方向にあるが、食品医薬品局 FDAの内部メールは食品から幅広くグリホサートが検出されたことを伝えている。また、市民はグリホサートによる被害があったとして、モンサント社を訴えている。

このような混沌とした米国内の事情を説明する記事を、今朝のニュースチェックで読みました。

 

アメリカ食品医薬品局(FDA)の化学者、食品から発ガン性が懸念されている化学物質を検出
飯塚真紀子  | 在米ジャーナリスト 5/3(木) 17:08

https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20180503-00084774/



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ