精製油、油脂・脂肪酸について知ろう

パーム油だけじゃない 油に含まれる発がん性物質

食品中の3-MCPD脂肪酸エステル及びグリシドール脂肪酸エステルの含有実態調査の結果について(平成24、25年度)

詳細版pdf

平成26年12月17日 農林水産省消費・安全局

 

これまで、EUのデータを元に、パーム油に発がん性が懸念されるグリシドール、3-MCPDが多く含まれているとお伝えしてきました。実際に、パーム油には多く含まれていて、使用量も多いので、最も影響が大きい油です。しかし、気をつけないといけないのは、パーム油だけではありません。
日本の農林水産省も、あまり注意喚起はしませんが、油に含まれる発がん性物質の調査をしています。EUと同様にパーム油(アブラヤシ油)が高いのですが、こめ油のグリシドールは、パーム油より高く、ぶどう種子油(グレープシードオイル)はグリシドール、3-MCPD共にパーム油とおなじぐらいです。

 

パーム油をこの様な油に切り替えても意味がありません。注意して下さい

 

関連記事

粉ミルクについて 1

パーム油にも含まれる発がん性物質「3-MCPD」の許容量

植物油脂及び食品中の加工汚染物質 −パーム油には発がん性物質が多く含まれている−

(2018/3/30 外山)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ