農薬について知ろう

ネオニコチノイド系農薬のハチへの影響を確認

EFSA News (2018/2/28)  Neonicotinoids: risks to bees confirmed

 

EUでは、ネオニコチノイド系農薬のクロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサムの3種を2013年から暫定的に禁止にしています。この段階では、悪影響がはっきりと証明されていなかったので、2年間の「暫定禁止」としていました。これまで、問題が無い事を証明するデータが出てこなくて、延長されてきましたが、EFSA(欧州食品安全機関)が、ついに「ハチへの影響が確認された」と発表しました。

今回は、種子処理としての使用方法についてですが、EFSAが正式に公表したことで、「暫定」ではなく正式な規制につながっていくでしょう。

 

 

ネオニコチノイド系農薬について

  • 有機リン系農薬など古いタイプの農薬よりも、人体に対する毒性が低い殺虫剤(昆虫には良く効く)
  • 浸透性があるので、植物内部まで入り込む
  • 人体への毒性が低いので、使用量が多かったり、残留しやすい使用方法が認可されてきた(種子処理、土壌混和など)
  • 残留しやすく、大量に使われる様になったので、ミツバチ、トンボなど、昆虫に対する影響が問題になった

日本では、規制どころか、使用量が増えています。毒性が低いものを同じ量使うなら改善ですが、毒性が低くなった分多く使ってしまっては、意味がありません。

 

関連記事

ネオニコチノイド系農薬の基準値変更について

クロチアニジン(ネオニコチノイド系農薬)の残留基準値改正

(2018/3/30 外山)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ