最新ニュース

ニュースより:マーガリン 低「トランス脂肪酸」強調 相次ぐ新製品

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

マーガリンなどの製造のために油脂に水素を添加する工程で生じるトランス脂肪酸が問題になり、名古屋生活クラブなどは繰り返し有害であると主張していました。国の動きは極めて鈍く、今後の行方が心配されていました。

今朝のニュースチェックで、業界がマーガリンに対する負のイメージをなくそうと、トランス脂肪酸が少ない油脂の使用に動くようです。完全になくなりませんが、かなり減りそうです。良いことですが、なぜ今まで実行しなかったのでしょうか。

 

マーガリン 低「トランス脂肪酸」強調 相次ぐ新製品

毎日新聞2018年2月27日 21時20分(最終更新 2月27日 22時38分)

https://mainichi.jp/articles/20180228/k00/00m/020/136000c?fm=mnm

 

 

追記(2018/3/30 外山)

トランス脂肪酸を減らそうとすると、パーム油を増やす事につながりかねません。

 

明治の取り組み (明治乳業のHPより)
部分水素添加油脂の代わりに何を使っているの?
明治では、従来と同様の「おいしさ」、「使いやすさ」を維持するために、油脂の加工および配合技術を活用して開発した新ブレンド油脂を使用しています。新ブレンド油脂は、植物油脂のパーム油などが起源の常温で固体の油脂で、部分水素添加油脂を使用していません。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ