農薬について知ろう

EUの乳幼児食品は一般栽培農産物では作れない?!

1997年に出した指針で、EUは乳幼児(3歳以下)向けの食品は残留農薬を0.01ppmにするように

規制しています。

この数値は、有機・農薬不使用の野菜を使わざるをえないほどの厳しい数値です。

 

ポイントは

「実際に子どもが農薬使用した野菜を食べ続けた結果の影響が分からない」

  ●成長や機能の遅れなどがでてくる心配

  ●精子の質の低下

  ●免疫系への影響  など

 

分からないからこそ、安全側にたって規制するべきだという姿勢です。

 

ひるがえって日本はというと、特に規制はありません

また、発がん物質が含まれる油「パーム油」が日本の粉ミルクの主成分になっていて

既に許容量の3〜4倍になっています。

 

この違いをもってなお、日本の食品は安全だといえるかどうか・・・

 

 

Opinion of the scientific committee for food on:

A maximum residue limit(MRL) of 0.01mg/kg for pesticides in foods intended for infants and young children .(1997919)

乳幼児向け(3歳以下)食品の残留農薬許容量(MRL)を0.01mg/kg(ppm)

設定する

Difference in susceptibility between infants, children,and adult

 

(農薬)に対する感受性が乳児、子どもと大人では違っている。

(大人では)毒性が現れない量でも、特別に感受性が高い時期に農薬を曝露すると、大人になってから現れてくる成長や機能の遅れなどが生じることが特に心配されている。特に、中枢神経系への毒性だが、それ以外にも内分泌系、生殖系(精子の質の低下)、免疫系にも現れる可能性がある。

ある種の農薬の曝露で、実験動物で遅延神経毒性が観察されているが、ヒトでその様な可能性があるか、結論を出せるようなデータはない。今までの普通の毒性研究では、特に感受性の高い時期の少ない曝露については適切に対象にされているわけではない。

 

解説

 パーム油の毒性を調べる過程で、乳児の粉ミルク摂取がすでに許容量の34倍になっていること、日本の粉ミルクの主成分がパーム油であること、海外では(特にヨーロッパ)では、オーガニックの粉ミルクがたくさん出回っていること、など日本との違いを再度、実感しています。このヨーロッパの文書は、乳幼児(3歳以下)向け離乳食の残留農薬基準値が最低ラインの0.01ppmに設定されているという公的な文書です。ここまで厳しく規制されているとは驚きました。理由も合理的なもので、特に感受性の強い乳幼児という対象を考えた毒性実験が多くない、というものです。

残留農薬以外にも

ローカストビーンガム、加工デンプン(ヒドロキシプロピル加工デンプン、リン酸架橋デンプン、アセチルリン酸架橋デンプン、リン酸モノエステル化リン酸架橋デンプン)、カラギーナン、キサンタンガム、グアーガム などがあります。

伊澤



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ