放射線について知ろう

「100ミリシーベルト以下は安全」も「1ベクレルは危険」も嘘

Ionising radiation and risk of death from leukaemia and lymphoma

in radiation-monitored worker(INWORKS)

 

放射線被曝量をモニターされた労働者の放射線被曝と白血病、リンパ腫で死ぬリスク

Klevi Legrand. lnstitute for radiological protection

and nuclear safety Lancet Haematel 2015:2:e276-81 要旨 

 

長期及び、何回もの放射線被曝は、職業上、環境中、医療で起こるものですが、

その白血病、リンパ腫のリスクには多くの不確定性があります。

 

方法

フランス、アメリカ、イギリスの核施設に1年半以上雇われた放射線量をモニターされた

労働者30万8297名からなるコホート(集団)をトータルで

822万人/年(30万8297名なら平均26.7年追跡した)、

線量としては、骨髄に当たった線量と、白血病、リンパ腫の死亡率と比較した。

 

結果

線量は非常に低い線量(1年間に平均1.1ミリグレイ・・・ガンマ線が主なので1.1ミリシーベルトと同じ)、

白血病死の過剰相対リスクは、1グレイにつき 2.96倍になった。

この研究は、長期低線量被曝と白血病の関係を強く示している証拠になっている。

 

解説

この論文は、低線量被曝でも白血病死が起きてることを証明しています。

1グレイにつき2.96倍という結果は、この研究はガンマ線によるものがほとんどの被曝なので、

1シーベルトにつき2.96倍と考えてもいいです。

(本文に内部被ばくの影響は少ないという記載があります。)  

  

 1シーベルト      2.96倍     

100ミリシーベルト  0.296倍(29.6%増)     

10ミリシーベルト   0.0296倍(2.96%増)     

1ミリ         0.00296倍(0.296%増)

 

というもので0.296%増加の証拠のため、30万以上の労働者を、

平均26.7年追跡して、ようやくわかったというものです。

ちなみに、日本政府は、20ミリシーベルト/年の汚染地への帰還を進めています。

これは5年分で100ミリシーベルトになるので、白血病死が29.6%増えるという予測になります。

 

又、1ミリシーベルトを、セシウム137に換算すると、7万7000ベクレル摂取と同じになります。

(ECRRだと、1万5000ベクレル位)。

政府、政府系の科学者が言っている100ミリシーベルト以下でガンは起きないは明白な嘘ですが、

1ベクレルが危険だというのも誤っています。  

2017/06/07 名古屋生活クラブ 伊澤

 

 

 



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ