食品の効果について知ろう

脳の健康に有益な食事がアルツハイマー病を減らす

先日人口甘味料が脳卒中や認知症を増加させるという情報を掲載しました。

これまでは、アルツハイマー型認知症は原因がわからないとされてきましたが

健康的な食事習慣によってアルツハイマー型認知症の発生率が減るという論文です。

 

特別なサプリを飲んだり、はやりの「体にいい」という食品をとることにお金をかけるよりも

日常的に続けていける、特別ではないけれど野菜や果物たっぷりの豊かな食事が

何十年後の健康ももたらしてくれるのなら、日々の食事の内容を見直そう!という気になりますよね。

 

以下の論文でマインド食とは

全粒穀物や野菜、果物、ナッツをたくさん食べ、魚や鶏肉、豆類を適度にとって

ファストフード、バター、マーガリンは極力摂らない、お酒はほどほどに

という内容でした。

拍子抜けするほど、そんなに難しいことではないですよね。

ただ、子供さんはとくに、成長するにつれて野菜が減り、ファストフードやお菓子などが

増えてしまうということがあるかもしれません。

思春期の野菜や果物の摂取量が乳がんのリスクを減らすという論文もあります。

http://1.nagoyaseikatsuclub.com/?eid=201

小さいころから野菜果物たっぷりの食習慣に親しんでいけるといいですね。

 

MIND diet associated with reduced incidence of Alzheimer’s disease

マインド食(脳の健康に有益な食事)がアルツハイマー病を減らす

Martha Clare Morris, S. D. ラッシュ大学

 

背景:以前の研究でマインド食(地中海式食と血圧低下食(DASH)の混合型)に一致が高いほど認知能力の低下が緩やかになることが示された。

この研究では、これらの3つの食事(マインド食、地中海式食、DASH食)とアルツハイマー病の発生を調べた。

 

方法:58才から98才までの923人の参加者の食事とアルツハイマー病の関連を調べた。平均4.5年追跡した。

 

結果:マインド食への一致度に関して3分割した。一番一致度が低いグループに対して

 

マインド食への一致度

 

低い

中間

高い

アルツハイマー病のリスク

1とすると

0.6535%減少)

0.4753%減少)

と減少した。

一方、DASH食(血圧低下食)では、同じく高いグループのみ0.6139%減少)、地中海式食では高いグループのみ0.4654%減少)になった。

 

(訳・解説:伊沢)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ