食品の効果について知ろう

思春期の野菜や果物の摂取量が、乳がんのリスクを減らす

野菜や果物を摂取することが大切だということは、誰もが知っていることですが

今回ご紹介する論文は「思春期」「野菜や果物をたくさん食べる」ことが「乳がんリスクを減らす」

ということを疫学研究で示したものです。

 

乳がんには2種類のタイプがあり、女性ホルモンの由来によるものとそうでないものに分けられます。

この論文によると女性ホルモン由来でない乳がんに対して思春期の果物摂取量と関係性がありました。

 

思春期の果物摂取量ごとの乳がんリスク減少率
果物摂取量 グループ1 グループ2

グループ3

グループ4 グループ5 この結果が偶然起こる確率
乳がんリスクの発生率 1 0.82 0.76 0.82

0.75

1%

(5%以内なら有意=偶然によるものではないと判断される)

(果物摂取量が一番低いグループ1の発生率が1としてそれに対する発生率)

果物摂取量が多いグループは低いグループよりリスクが低下(0.75倍)=つまり25%減少していました。

 

これまで、思春期や成年早期(20歳過ぎころ?)の食事内容と乳がんの関係性は

研究がなくわかっていませんでした。

乳房は成長期に特に発達します。その時期(思春期〜成人早期)は放射線と同じように

発がん性物質にも敏感です。将来の乳がんリスクを下げるためには、その時期に繊維、ビタミンや

ほかの有効成分(ポリフェノールなど)を多く含む野菜や果物を摂取することの必要性を

この研究ははっきり示しました。

 

論文:Fruit and vegetable consumption in adolescence and early adulthood and risk of breast cancer Walter C Willett ハーバード大学 BMJ 2016

 

 

論文要約と解説

Fruit and vegetable consumption in adolescence and early adulthood and risk of breast cancer

思春期と成人早期の果物と野菜の摂取と乳ガンのリスク

Walter C Willett ハーバード大学 BMJ 2016

 

 研究参加者 

 閉経前の2744才の90,476名のNurses Health Study 11(看護婦さんが研究の対象者)参加者の内、1998年に思春期の頃の食事内容に関する質問に答えた44,223人が研究参加者。

 結果 

 2013年までの追跡で3,235人の乳ガン(浸潤)が報告された。この内、1,347人が思春期(1318才)の食事内容の質問状に答えていた。

思春期の果物の総摂取量に応じて5段階に分けた場合、一番摂取量が低いグループに対し、一番摂取量が高いグループが乳ガンのリスクの低下(0.75倍)に繋がっていた。

成人早期の果物摂取量および、思春期、成人早期とも野菜の摂取量と乳ガンには関係が見られなかったが、思春期の果物摂取量と乳ガンの関係は、エストロゲン、プロゲストロン、受容体を持っていない乳ガンの方には関係があった。

個別の野菜、果物では思春期のりんご、バナナ、ブドウが、成人早期ではオレンジとケールがよく乳ガンを抑えた。フルーツジュースでは効果が見られなかった。

 

 イントロ 

野菜と果物は、繊維、ビタミンや他の有効成分(ポリフェノールなど)を多く含むため、乳ガンを抑えると考えられるが、疫学研究(集団を追跡して乳ガンのリスクを比較する研究)では一致していない。最近の20の研究をまとめて分析した研究では、野菜の摂取とエストロゲン(女性ホルモン)に反応しない乳ガンは抑えるが、しかし、乳ガン全体および、エストロゲンに反応する乳ガンには影響が無かった。これらの研究は、しかし、すべて、中年以降での食事内容と乳ガンの関係を見たものであり、もっと早い時期(思春期とか成年早期)ではわかっていなかった。乳房の組織は放射線に対してそうである様に、子どもや成年早期に発ガン性物質に特に敏感な可能性がある。

 

 解説 

今回の疫学研究はハーバード大学のウィレット教授のグループの研究です。ウィレット教授はNurses Health Studyで看護婦さん達を追跡してトランス脂肪酸と摂取が心血管病死に繋がっていることを立証した研究者です。研究の質が非常に高いのが特徴です。

今回の研究は大人になってからは、はっきりしていない乳ガンと野菜、果物の摂取の関係を思春期で分析した初めての研究です。

思春期での果物の摂取量に応じてグループを5分割して一番摂取量が少ないグループ(1日に0.5サービング 小さいりんごなら半分)に対して一番摂取量が多いグループ(1日に2.9サービング 小さいりんご2.9個)の乳ガンのリスクが0.7525%の減少)になっていたというものです。 

 

伊澤

 



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ