農薬について知ろう

出来る範囲で良いものを食べましょう

ノルウェーの35,107人の女性を対象とした調査によると、妊娠期間中に何らかの有機食品を
時々、しばしば、よく食べた人  48%
ほとんど食べなかった人     52%
でした。ほぼ半々です。

この中で、生まれた子供(男の子)が尿道下裂(尿の出口が先端ではなく手前にある)だった人数は、
時々、しばしば、よく食べた人   22人 (0.13%)
ほとんど食べなかった人      52人 (0.29%)
2倍以上の差が有ります。
細かくデータを見てみると、この有機食品には、野菜、果物、穀物だけでなく、牛乳、卵、肉も含まれますが、どの食品で比較しても、ほぼ同じ割合になっていました。

有機食品を時々食べたぐらいで、健康になるものではありません。原因となる物質を特定する事もできません(安易に決め付ける人は、信用できない人なので注意して下さい)。おそらく、意識している人と、そうでない人では、普段の生活全体に違いがあるのでしょう。
農薬、動物用医薬品、食品添加物。高濃度に摂取した場合、動物実験で尿道下裂を起こすものは、たくさん有ります。これらは、影響が出ないように残留基準が設定されている事になっていますが、実際には少しは影響があるのだと思います。たかだか数十匹の実験動物では、わからない事もたくさんあります。

名古屋生活クラブでも、許容している農薬や添加物もあります。特に危険なものは取り扱っていませんが、取り扱っているものなら無条件に安全というわけではありません。
各家庭で状況は違いますが、出来る範囲で良いものを選ぶことが重要だと言う事を、この研究は示していると思います。
(PMID: 26930698, PMID: 26307850)
2016/5/27 掲載 外山


名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ