アトピー・アレルギーについて知ろう

親の食事中の脂肪が子供の腸内細菌叢を変え、免疫も変える。

Parental dietary fat intake alter offspring microbiome and immunity
親の食事中の脂肪が子供の腸内細菌叢を変え、免疫も変える。
Ian A.Myles 国立衛生研究所 アメリカ
Journal Immunol 2013:191:3200-3209

ヒトで炎症に関わる病気が現代で増えているメカニズムにはまだ不明なところがある。

衛生仮説では、微生物感染の減少がこの免疫異常の原因の一つとして提唱されている。しかしながら、食事に含まれる脂肪が免疫に影響する。部分的にだが、微生物への影響を通じて、先の論文で、高脂肪食が直接的に腸内細菌叢に影響し、炎症を生じさせる。そして、子供にもいくらかの影響があった。
親の妊娠中、授乳中の食事の脂肪が子供の免疫に影響するという仮説を検証する。

低脂肪食
    親 → 妊娠 → 出産 → 哺乳    子供 低脂肪食


高脂肪食
    親 → 妊娠 → 出産 → 哺乳    子供 低脂肪食


△了匐|は肥満でも糖尿病でもなかったが、感染、自己免疫アレルギー感作で結果が良くなかった。具体的には

大腸菌を感染させた時に、生存率が低い→ 感染
自己免疫疾患モデル(実験的自己免疫性脳脊髄炎)で生存率が低い→ 自己免疫
ピーナッツ・タンパクによるアナフィラキシーショックによる体温低下が大きい→アレルギー

これらの悪影響は子供の腸内細菌叢の変化に関連している。これらの結果は親の脂肪摂取が子供の免疫にインパクトを与える。いわば脂肪の遺産ともいうべき物を残している。そして、それは腸内細菌叢が受け継がれることで起きているかもしれない。また、,鉢△了匐,離優坤澆鯑欝錣気擦疹豺隋▲優坤澆魯侫鵑鮨べる性質があるため、腸内細菌叢が同じになるからなのか、,鉢△琉磴いなくなります。
ここで高脂肪食といっている食事は、一般的な洋風の食事で低脂肪食と比べると、

       高脂肪食        低脂肪食
タンパク   20%          20%   
炭水化物   40%          70%   
脂肪     40%          10%   

脂肪の内訳
飽和脂肪   40%(パーム油)    10%
多価不飽和  21%          72%
一価不飽和  39%          18%

となっており、飽和脂肪酸(パーム油)の割合が高い。

解説
脂肪をたくさん摂ると、肥ることで悪影響がでることは事実ですが、太らなくても、脂肪の種類によっては、影響が違うことを示している論文です。日本人には痩せているヒトでも糖尿病になる人が多いこともあり、太っていることの他に、脂肪、炭水化物の種類の違いが影響しています。

伊澤


名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ