農薬について知ろう

ヨーロッパ共同体の残留農薬調査(梨)

農薬情報
農薬の使用剤数は驚くほど多い梨、産地の千葉県の慣行栽培基準は、化学合成農薬52剤にもなります。
 気になる梨の残留農薬の実態は?
 ~安全審査が真剣に行われているヨーロッパ共同体(EU)の残留農薬調査からみえる事~
EU調査 日本とはケタの違うサンプル数での調査で、7割もの梨から残留!
(2011年) 
サンプル数 残留農薬検出サンプル数 許容量違反 検出農薬数
1364 966(70.8%) 15(1.1%) 66種
            日本調査 (2013年東京都)
            8検体の少ない調査で、8検体全てから残留
EU調査◆半分以上もの梨から、複数の農薬が同時に残留!複合的な影響が心配!
サンプル数 残留農薬が1種類検出 残留農薬が2種類以上検出
2184 463(21.2%) 1150(52.6%)→最大13種類
            日本調査 (2013年東京都)
            8検体のうち、4検体(半数)から複数の農薬が残留
     梨の場合に顕著な様に、複数の農薬が同時に残留している事が多い

EUの姿勢 残留した農薬が身体のどこに作用するかを分類し、複合的な影響まで評価
  調査△砲弔い瞳彁擦垢襪函6個の梨の内、2個が許容量を越す可能性がある
  1個目 ラムダシハロトリン0.14ppmとシペルメトリン0.03ppm
  2個目 アセタミプリド0.073ppm、デルタメトリン0.047ppm、ラムダシハロトリン0.036ppm
 (=計0.156ppm ※それぞれが許容範囲内でも、複合的な影響を考えると、許容量を超える)
            日本の姿勢
            残留農薬の影響は、1種類の農薬に対してだけ評価がされている


名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ