農薬について知ろう

ブドウの残留農薬について調べてみたら...

ブドウの残留農薬について調べてみたら…
日本ではEUで検出された農薬に比べて、危険性の高い農薬が検出されました。

ヨーロッパ共同体(EU)の2012年の調査より
総サンプル1200の内、残留農薬が検出されたブドウは923(76.9%)。複数個の農薬が検出されたのが715(59.6%)。最大で12種類の農薬が1個のブドウから検出。

● EUの生食用ブドウから検出された残留農薬種類数

東京都の2013年度の調査より
調査サンプル3つの内、検出された農薬は3種類。イミダクロプリド(0.04ppm)、アゾキシストロビン(0.1ppm)、デブフェンピラド(0.02ppm)。

山梨県が2008〜2009年に行った調査より
山梨県産生食用ぶどう35検体の内、検出された農薬はチオファネートメチル、イミダクロプリド、チアクロプリド、ベノミル、クレソキシメチル、フェンブユナゾール、ジエトフェンカルブ、ピリメタニル、オキサジキシル、メフェノキサムでした。更に山梨県内で生食用ブドウに使われている農薬を推定しています。(右表)それによると、EUで検出された農薬に比べ、より危険性の高い農薬が未だに使われていることがよくわかります。

● 山梨県で使用されていると推定されている農薬(一部)

農薬名                      推定使用量 
マンセブ                    94.7%          殺菌剤                           EPA(アメリカ環境保健所)発ガンの恐れ
イミダクロプリド         78.9%          ネオニコチノイド殺虫剤     EU、予防的禁止(3年)
ベノミル                    73.7%          殺菌剤                           EU、アメリカ禁止
アセタミプリド            63.2%         ネオニコチノイド殺虫剤     EU、予防的禁止(3年)
フルジオキソニル         57.9%          浸透性殺菌剤                   ‐
アゾキシストロビン      57.9%         殺菌剤                            ‐

農薬は使用量だけではなく、使われている農薬の危険性も考えなくてはいけません。どんなに農薬を減らしても、その分危険度の高い農薬が使用されていては、意味がありません。
だから、「農薬を減らす」だけでなく、「個々の農薬の危険性についてその違いがあることを知る」ことが消費者にとって、
もちろん生産者にとっても大切なことなのです。

だから、名古屋生活クラブでは有機許容農薬も含めた農薬名を開示することに意味があると考えています。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ