農薬について知ろう

バナナの病気と農薬の関係(ブラックシガトカ病)

バナナの病気と農薬の関係(ブラックシガトカ病)

『ブラックシガトガ病』

フィジーのシガトカ谷で、1963年に確認され、東南アジア、南太平洋に広がった世界的に深刻な病気です。
バナナの葉が黒く変色するため、光合成を阻害し、収穫量が半減しする病気です。

 
葉が黒くなり、ボロボロになってしまっています。          ブラックシガトカ病にかかったバナナ。葉が黄変、
                                               黒化し、一部は根元から折れてしまっています。

ブラックシガトカ病にかかると・・・
収穫量が半減
・農薬使用
  →年間に25〜40回
・農薬にかかるコスト
  バナナの最終価格の1520
・殺菌剤への耐性菌が増加
    さらなる殺菌剤の使用が必要に
・農薬の集中使用で
  その分解物で高濃度に汚染
マンセブの集中使用でその分解物エチレンチオウレアにプランテーション内の水が汚染されていた
エチレンチオウレアアメリカ科学アカデミーで発がん性の恐れ

バナナのブラックシガトカ病に対する耐性についての論文より
メキシコでは、ブラックシガト病が、1980年代に確認され、15年で急速に全土に広がった。この病気により収穫量は50〜100%減少する。バナナ畑では合成殺菌剤を使う。2010年ではメキシコ国内のバナナ農家は殺菌剤に5500万ドル(日本円で55億円)使った。

 
農薬を多量に使う防除法
1年間に殺菌剤(マンゼブ)を35回
その内14〜20回を他の農薬に切り換える場合もある。
 
中間型防除法
マンゼブ、クロロタロニルを15回

農薬を使わないバナナ園と多量に農薬を使うバナナ園からブラックシガトカ病原菌を収集
 
農薬に対する耐性を調べた。
半数致死濃度という値を使い、値が半減するのに使用した農薬の濃度を調べた。
 
結果
多量に農薬を使うバナナ園では、マンセブでは2倍、農薬によっては濃度を10倍以上にしないといけないものもあった。これは農薬に対して耐性がついていると言える。
マンセブ アメリカ環境保護庁(EPA)
発がん性の恐れ

弊社で販売しているオーガニックバナナに使っているのは
Timorex Gold(天然植物性殺菌剤)
ブラックシガトカ病にも高い効果があり、EUでも認可

今、安売りで売られているバナナは、5100円前後でしょうか?
この安いバナナを作るためには、多くの農薬を必要としています。
農薬を使用しても、農薬に対して菌に耐性がついてしまい、さらなる農薬の使用、違う農薬の使用・・そしてまた耐性菌がでて…といたちごっこが続きます。使用している農薬の中にはマンセブなど発がん性の恐れのあるものもあるのです。
安く買えることは、消費者にとってとてもありがたいことです。
でも、その裏には、多量の農薬使用という問題があることを知ってもらえたらなと思います。(岩田)


 


名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ