薬・治療について知ろう

フェンネルティーのリスクアセスメント

論文で紹介します

Fennel tea risk assessment of the phytogenic monosubstance estragole in comparison to the natural multicomponent mixture
フェンネルティーのリスクアセスメント(自然な多成分な混合物と植物由来の単一物質−(エストラゴール)−と比較して)
Iten F シュピタール?大学 スイス
Forsch komplementarmed klass Naturheikd 2004 Apr 11(2) 104-8


何世紀もの間、フェンネルは、伝統的なハーブ治療薬として、ヨーロッパと中国で使われてきた。消化不良を起こしている幼児と乳児の治療に、フェンネルティーは、最初の選択です。

この長く支持されてきた経験が、驚くことに、ドイツ連邦政府の?声明で対照的になった。

それは、エストラゴール、メチルユーゲノールなどを含む食品摂取を減らす様に消費者に求めた声明でした。タラゴン、バジル、アニス、スターアニス、ジャマイカペッパー、ナツメグ、レモングラス、ビターフェンネル、スウィートフェンネルなどです。

これらの警告は、フェンネル中の成分、エストラゴールがラットとマウスを発ガンさせる、という実験に基づいています。

しばらくして、批判が専門家から起こりました。批判は、単一の物質(エストラゴール)を高用量で与えている点で、それは、ヒトの消費量に全然見合っていない、という所です。

さらに、ヒトと、マウスではエストラゴールの代謝に量的な相違があるということを研究が明らかにしました。

さらに、1つの物質が単一の物質として投与される時と、天然の複雑な成分の1つとして投与される時では、副作用が全然異なっている、ということも示されました。

この様に、フェンネルティーの様に、いろいろな成分の混じりあった物は、ガンを予防する、種々の酸化防止剤を含んでいます。

これらの違いは、リスクアセスメントで評価されません。

よいリスクアセスメントは、ヒトで集められた適切なデーターに基づかれるべきです。

フェンネルティーの長い伝統的な使用と発ガン性を示す、疫学及び臨床研究がないのだから、フェンネルティーの消化に関しての重大な危険性の確率は小さい様に思う。

(2007/5/7 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ