学校給食について知ろう

学校給食から変えよう

名古屋生活クラブの考え

学校給食から変えよう


遺伝子組換え食品を考える中部の会(あいち生協、中部よつば会、自治労名古屋学校(給食)支部ほか…名古屋生活クラブが事務局)は、今、県内の学校給食を変える取りくみを始めています。

遺伝子組換えの導入に反対してきた私たちが、あえて、給食という身近なテーマで動くのは、給食からなら変えていけるのではないか、と思ったからです。

どうしたら、地域の農業を活性化できるのか、どうしたら、より安全な農業にできるのか、どうしたら、物だけの関係を、思いの関係に深めていけるのか、そういう思いが、まず、身近な、学校給食を変えたい!という思いにつながっています。

壁は高いです。行政の保守性、給食協会の業者の利権、給食費。

考えてみると、これだけ米が余っているのに、名古屋市など都市部の給食の米飯は、週に2.5回。牛乳は毎日。何という時代錯誤だろう。加工品とデザートは増える一方、栄養主義に毒された「豊かな」給食。こういう給食が、ひとつの「理想」で、肥満と生活習慣病が増えていく土台になっています。


フランスでは、学校給食、1食あたり1000円だそうです。


名古屋は211円。食に対する意識のこれだけの差に唖然とします。

(伊澤)

(2004/01/01 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ