コレステロールについて知ろう

食事によるコレステロールと心血管病リスク

論文で紹介します

Dietary cholesterol and the risk of cardiovascular disease in patients : a review of Harvard Egg Study and other data.
食事によるコレステロールと心血管病リスク、ハーバード大学卵研究と他のデータのまとめ
Jones PJ マニトバ大学、カナダ
Int J Clin Pract Suppl. 2009 Oct ;(163):1-8,28-36


長い間、医学界と一般世論も卵を血清コレステロールが高くなると誤って考えてきた。コレステロールは、生物と細胞の必須の要素にもかかわらず。今では、コレステロールの摂取と心血管病の比例的な関係を主張した元の研究が根本的な欠点をかかえていたことが認識されている。

ハーバード大学のフランクBヒューによって行われた最新の正確な研究は、週に7個までの卵の消化は、糖尿病の患者以外には、健康的な食事となる。血清中のコレステロールの増加の程度はその個人のコレステロール合成が増加するか、減少するかによっており、人によって変動します。(訳注・食事中のコレステロールによって血清中のコレステロールが増えるかどうかは人によって異なっているという意味)

結論として、食事中のコレステロールと心臓病の悪い関係を示す初期の研究は、恐らく誇張しすぎていた。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ