農薬について知ろう

薄められたデータ これを根拠に安全だと言える? ベノミル

分析農薬数が少ないと検出率が低くでるというからくり

 

下の表は厚生労働省が各自治体や検疫所から集めてまとめた、国産農産物の残留農薬の検出率と基準値違反の割合です。

 

年度 検査数 農薬の検出数 農薬の検出率 基準値違反の数 基準値違反の割合
H23 1,123,811 3,230 0.29% 31 0.003%

 

『本集計結果から、基準値超過の割合はいずれも低く、我が国で流通している食品における農薬等の残留レベルは十分に低いものと考えられました。』

厚生労働省はこうまとめていますが、検出率がたったの0.29%とあるけれど、これって本当!?

 

次の資料を見て下さい。

国別の、対面積あたりの農薬の使用量です。この時点で日本は韓国に次いで2位です。

 

 

 

次に農薬の検査数と検出率を比較してみました。

検査した農薬の種類 検体数 検出数 検出率
ドイツ(2005) 641 13,951 8,886 63.7%

東京都(2014)

145 309 108 35%

厚生労働省(2011)

いろいろ* 1,123,811 3,230 0.29%

*各検査機関で検査数がバラバラのデータなので集計不可

 

ドイツは、分析農薬数600以上、検出率63.7%です。東京都の検査でも35%の検出率です。一方で厚生労働省は検出率0.29%と言っています。
日本は面積あたりの農薬使用量はドイツの4倍以上なのに、検出率0,29%というのはどうなんでしょうか?


一般に、分析する農薬の数が増えると検出率は上がります。逆に、日本は分析する農薬の数が少なく検出率が下がります。
分析する農薬が少ない不検出のデータで薄められた検出率をもとに、厚生労働省は『我が国の農薬等の残留レベルは十分に低い』と結論付けています。

 

 

厚生労働省の言う、検出率0.29%はごまかし

検出率0.29%という数字の裏側に、検査する農薬の数が少ないと検出率が下がるカラクリがありました。厚生労働省がまとめたデータは、検査するものそれぞれで検査する農薬の数がバラバラです。検出限界も統一されていません。

それに、みかんや柑橘の検査では、ベノミルのような高い割合で検出される農薬をわずかしか検査していません。
厚生労働省がこのデータを根拠に『日本の農産物の残留レベルは十分に低い』と言うのはごまかしです。

 

今回ベノミルを調べてて知ったのは、EUやオーストラリアと、日本の対応の違いです。とても大きな差がありました。

一体この違いは何なのでしょうか。日本の農産物はまだまだ安全とは言えません。(村島)

 

高い検出率・少ない検体 ベノミル

見つからないベノミルの残留データ

前回はベノミルの毒性や各国の対応についてのお話でした。

http://1.nagoyaseikatsuclub.com/?eid=197

 

では次に、ベノミルはみかんやその他の野菜に実際に残留しているのでしょうか?

そこでベノミルの残留データを探したのですが、国内では全然見つからないのです。

 

ベノミルはみかん収穫後の輸送中や倉庫での貯蔵中、スーパー等の店頭にならんでいる時にカビ無いよう、みかんを収穫する直前に散布されます。つまり、ベノミルがみかんに残留しているから、長時間カビないのです。
(ベノミルは、みかんを含む柑橘類に対して収穫前日まで使用可能)

 

その使われ方から考えても、みかんに残留していないはずが無いのだけれども、データが見つからない。。。
必死で探して、ようやくベノミルの残留データが見つかりました。

 

高い検出率
 

年度 品目 検体数 検出数 検出率
H21 みかん 25 11 44%
H22 みかん 22 14 64%
H23 みかん

23

9 39%
H19 その他の柑橘類 7 6 86%
H23 その他の柑橘類 9 6 67%

検査した農薬:カルベンダジム、チオファネート、チオファネートメチル及びベノミル(注1)

厚生労働省 『食品中の残留農薬等検査結果』

注1) ベノミルと類縁の化合物を合わせて計算しています。

 

ベノミルが、みかんとその他の柑橘類にとても高い割合で残留しています。

みかんは外皮を剥いて検査しています、つまり果実に残留しています
(その他の柑橘類は、皮ごと検査。)

 

少ないデータ

これだけ高い割合で残留しているベノミルのデータが国内で全然見つからないことが不思議でした。

東京都の残留農薬検査ではベノミルは検査の対象にすらなっていませんでした。

 

残留農薬検査って、何のためにやるのか? 私達の安全を守るためなのでは?

だとしたら、ベノミルのような残留する可能性の高い農薬を検査しなければ意味が無いと思うのです。

例えばH23年度に検査したみかんのうちわずか23検体しかベノミルの検査をしていないのは、国民の安全を守るための残留農薬検査としては、かなりピントがずれていると思うのです。(つづく)

 

 

ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアでは使用禁止の殺菌剤 ベノミル

みかんはとても腐りやすい食べ物です。みかんが貯蔵中に腐る主な原因はカビです。そこで慣行栽培では(一般的な農薬、化学肥料を使う栽培)収穫直前に殺菌剤(防カビ剤)を散布します。だから慣行栽培のみかんは、あまりカビません。しかし、使われている殺菌剤に問題があります。

 

ベノミルとその毒性

ベノミル(商品名:ベンレート)という殺菌剤は、日本においては柑橘の他にもトマトやきゅうりなど、様々な作物に幅広く使われています。柑橘においては貯蔵中や輸送中に腐らないようにするために、収穫前日まで使用できます。

 

EPA(アメリカ環境保護庁)は、ヒトに対して発がん性がある農薬として挙げており、環境ホルモンの疑いがあります。
特にお母さんのお腹の中にいる子供が曝露した場合には、生まれたときに先天性異常が見られるなど、催奇形性の報告が数多くあります。

 

ベノミルの代謝物:カルベンダジムの問題
ベノミルはカルベンダジム(MBC)という物質を不純物として含むだけでなく、水分に出会うと容易にカルベンダジムに変化します。カルベンダジムは、1999年に失効した殺菌剤で、遺伝毒性があり、環境ホルモンの疑いがあります。また、土壌中に3カ月〜2年以上も残留する場合があります。
★ベノミルと同様に使われている農薬の中に、チオファネートメチルがあります。これの代謝物もカルベンダジム(MBC)になります。この殺菌剤も、みかんでは収穫7日前、みかん以外の柑橘には収穫前日まで使用が可能です。

 

 

EU、アメリカ、オーストラリアは危険だと判断

オーストラリアでは、政府がベノミル、チオファネートメチルとその代謝物カルベンダジムの毒性について独自の基準をもって検証し、現行の基準でのベノミル使用は支持できないとはっきりと言っています。そしてベノミル、チオファネートメチルは2004年には失効、もしくは自発的に登録を抹消しています。EU、アメリカでも使用禁止です。 また、ベノミルの毒性について検証している論文を検索しても、見つかるのは海外の論文ばかりです。

 

国外ではベノミルの使用による胎児の先天性異常や、薬害などによる訴訟が相次ぎ、デュポン社は2001年に販売を中止し登録を取り下げました。しかし、日本では住友化学が商標を譲り受け、今も国内で製造販売を続けています。

この事実について、みなさんはどう思われますか? 

 

日本ではベノミルのような先天性異常が報告されている農薬が、貯蔵、輸送中に腐敗をださないために使われています。

農薬を使う人や食べる人よりも、経済や流通を優先していることが伺えます。

 

一方で、化学合成農薬を使わない生産者さんは、みかんが腐るコストを負担しているのです。

腐るコストを負担してでも、安心して食べられるみかんを栽培してる生産者さんのみかんを食べてください!(つづく)

 

食品安全委員会による農薬評価(グリホサート)に対する考え方

2016年7月 食品安全委員会から、「グリホサート」の農薬評価書が公表されました。日本の食品の安全を守る機関の評価というのが、この様な考え方で行われているという事が良くわかりますので、紹介します。細かい部分を読みたくない人は、途中を飛ばしても構いませんので、最後の部分について考えてみて下さい。

 

りんごなどに使われる殺菌剤マンゼブの様々な影響

Thyroid hormones and cytogenetic outcomes in backpack sprayers using ethylenbis(dithiocarbamate)(EBDC) fungicides in Mexico

殺菌剤EBDC(マンゼブなど)の散布者の甲状腺ホルモンと細胞遺伝的な影響

Kyle Steenland.   労働安全と健康国立研究所   アメリカ

(National Institute for Occupational Safety and Health)  Vol 105  No10  October  1997.  Environmental Health Perspectives

 

マンネブ、マンゼブ(EBDCジチオカーバメート系農薬)はアメリカ国内では、一般に広く使われ1990年以前には、1年間で3620トンから5560トン使用されていた。

皮膚から吸収され、エチレンチオウレア(ETU)に分解していく。

1%から10%皮膚から吸収され、その7.5%がエチレンチオウレア(ETU)に分解していく。農薬(マンネブ、マンゼブ)自身も、又その分解物、エチレンチオウレアも、細菌と動物細胞に突然変異をもたらす。

EPA(アメリカ環境保護庁)は、エチレンチオウレアをねずみに甲状腺と他のガンを起こすことから「発がん物質」と認定している。そのため、EPAは1992年に11種の作物への使用を禁止したが、依然としてリンゴ、アーモンド、トマトなどの多くの作物に使われている。

 

 

出来る範囲で良いものを食べましょう

ノルウェーの35,107人の女性を対象とした調査によると、妊娠期間中に何らかの有機食品を
時々、しばしば、よく食べた人  48%
ほとんど食べなかった人     52%
でした。ほぼ半々です。

この中で、生まれた子供(男の子)が尿道下裂(尿の出口が先端ではなく手前にある)だった人数は、
時々、しばしば、よく食べた人   22人 (0.13%)
ほとんど食べなかった人      52人 (0.29%)
2倍以上の差が有ります。
細かくデータを見てみると、この有機食品には、野菜、果物、穀物だけでなく、牛乳、卵、肉も含まれますが、どの食品で比較しても、ほぼ同じ割合になっていました。

有機食品を時々食べたぐらいで、健康になるものではありません。原因となる物質を特定する事もできません(安易に決め付ける人は、信用できない人なので注意して下さい)。おそらく、意識している人と、そうでない人では、普段の生活全体に違いがあるのでしょう。
農薬、動物用医薬品、食品添加物。高濃度に摂取した場合、動物実験で尿道下裂を起こすものは、たくさん有ります。これらは、影響が出ないように残留基準が設定されている事になっていますが、実際には少しは影響があるのだと思います。たかだか数十匹の実験動物では、わからない事もたくさんあります。

名古屋生活クラブでも、許容している農薬や添加物もあります。特に危険なものは取り扱っていませんが、取り扱っているものなら無条件に安全というわけではありません。
各家庭で状況は違いますが、出来る範囲で良いものを選ぶことが重要だと言う事を、この研究は示していると思います。
(PMID: 26930698, PMID: 26307850)
2016/5/27 掲載 外山

ヨーロッパ共同体の残留農薬調査(梨)

農薬情報
農薬の使用剤数は驚くほど多い梨、産地の千葉県の慣行栽培基準は、化学合成農薬52剤にもなります。
 気になる梨の残留農薬の実態は?
 ~安全審査が真剣に行われているヨーロッパ共同体(EU)の残留農薬調査からみえる事~
EU調査 日本とはケタの違うサンプル数での調査で、7割もの梨から残留!
(2011年) 
サンプル数 残留農薬検出サンプル数 許容量違反 検出農薬数
1364 966(70.8%) 15(1.1%) 66種
            日本調査 (2013年東京都)
            8検体の少ない調査で、8検体全てから残留
EU調査◆半分以上もの梨から、複数の農薬が同時に残留!複合的な影響が心配!
サンプル数 残留農薬が1種類検出 残留農薬が2種類以上検出
2184 463(21.2%) 1150(52.6%)→最大13種類
            日本調査 (2013年東京都)
            8検体のうち、4検体(半数)から複数の農薬が残留
     梨の場合に顕著な様に、複数の農薬が同時に残留している事が多い

EUの姿勢 残留した農薬が身体のどこに作用するかを分類し、複合的な影響まで評価
  調査△砲弔い瞳彁擦垢襪函6個の梨の内、2個が許容量を越す可能性がある
  1個目 ラムダシハロトリン0.14ppmとシペルメトリン0.03ppm
  2個目 アセタミプリド0.073ppm、デルタメトリン0.047ppm、ラムダシハロトリン0.036ppm
 (=計0.156ppm ※それぞれが許容範囲内でも、複合的な影響を考えると、許容量を超える)
            日本の姿勢
            残留農薬の影響は、1種類の農薬に対してだけ評価がされている

ブドウの残留農薬について調べてみたら...

ブドウの残留農薬について調べてみたら…
日本ではEUで検出された農薬に比べて、危険性の高い農薬が検出されました。

ヨーロッパ共同体(EU)の2012年の調査より
総サンプル1200の内、残留農薬が検出されたブドウは923(76.9%)。複数個の農薬が検出されたのが715(59.6%)。最大で12種類の農薬が1個のブドウから検出。

● EUの生食用ブドウから検出された残留農薬種類数

東京都の2013年度の調査より
調査サンプル3つの内、検出された農薬は3種類。イミダクロプリド(0.04ppm)、アゾキシストロビン(0.1ppm)、デブフェンピラド(0.02ppm)。

山梨県が2008〜2009年に行った調査より
山梨県産生食用ぶどう35検体の内、検出された農薬はチオファネートメチル、イミダクロプリド、チアクロプリド、ベノミル、クレソキシメチル、フェンブユナゾール、ジエトフェンカルブ、ピリメタニル、オキサジキシル、メフェノキサムでした。更に山梨県内で生食用ブドウに使われている農薬を推定しています。(右表)それによると、EUで検出された農薬に比べ、より危険性の高い農薬が未だに使われていることがよくわかります。

● 山梨県で使用されていると推定されている農薬(一部)

農薬名                      推定使用量 
マンセブ                    94.7%          殺菌剤                           EPA(アメリカ環境保健所)発ガンの恐れ
イミダクロプリド         78.9%          ネオニコチノイド殺虫剤     EU、予防的禁止(3年)
ベノミル                    73.7%          殺菌剤                           EU、アメリカ禁止
アセタミプリド            63.2%         ネオニコチノイド殺虫剤     EU、予防的禁止(3年)
フルジオキソニル         57.9%          浸透性殺菌剤                   ‐
アゾキシストロビン      57.9%         殺菌剤                            ‐

農薬は使用量だけではなく、使われている農薬の危険性も考えなくてはいけません。どんなに農薬を減らしても、その分危険度の高い農薬が使用されていては、意味がありません。
だから、「農薬を減らす」だけでなく、「個々の農薬の危険性についてその違いがあることを知る」ことが消費者にとって、
もちろん生産者にとっても大切なことなのです。

だから、名古屋生活クラブでは有機許容農薬も含めた農薬名を開示することに意味があると考えています。

グリフォサート、ダイアジノン、マラチオン、パラチオン、テトラクロルビンフォスの発ガン性をIARCが認定しました

グリフォサート(商品名 ラウンドアップなど)、ダイアジノン、マラチオン、パラチオン、テトラクロルビンフォスの発ガン性をIARC(国際ガン研究機関)が認定しました。
Lancet. March 20,2015
 
商品名 種類など 発ガン性 分類
ヒト 動物
テトラクロルビンフォス
有機リン系殺虫剤、
EU禁止、
アメリカ動物用のみ
不充分 充分 2B
パラチオン
有機リン系殺虫剤、
EU、アメリカ、日本禁止
不充分 充分 2A
マラチオン
遺伝毒性、酸化ストレス、
炎症、ホルモンかく乱
マラソン
有機リン系殺虫剤、
現在多量に使われている。
限定的
ノンホジキンリンパ腫
前立腺ガン
充分 2A
ダイアジノン
遺伝毒性、酸化ストレス
エキソジノン、
ショットガン
有機リン系殺虫剤、
アメリカとEUでは使用が制限
限定的
ノンホジキンリンパ腫
白血病
肺ガン
限定的 2A
グリフォサート
遺伝毒性、酸化ストレス
ラウンドアップ
750種類以上
除草剤、
世界中で最も多く使用されている
空気、水、食品から検出
限定的
ノンホジキンリンパ腫
充分 2A

解説
IARCの今回の発ガン性認定で重要な点は、グリフォサート(商品名:ラウンドアップなど)です。アメリカのアグロビジネスの巨大資本モンサント社が製造、遺伝子組換え作物の拡大に伴い、世界中の使用量が増加しました。アメリカ環境保護庁(EPA)によると、
 
アメリカ2007年 農地 アメリカ2007年 家庭 アメリカ2007年 産業 政府
8200084000トン 23003600トン 59006800トン

日本では、2004年に8782トン余りの原体製剤が輸入されている(農薬毒性の事典)。遺伝子組換え農作物の輸入急増により、日本政府はグリフォサートの残留許容量を、トウモロコシ0.1ppm1.0ppmに、大豆が6.0ppm20ppmに緩和されています。(基準値が高い食品としては、小麦5ppm、大麦20ppm、綿実10ppm、ナタネ10ppmなどになっています)
実際に残留量を調べた報告では、大豆にグリフォサート3.3ppm。グリホサートの分解物AMPA(アミノメチルフォスフォニック酸)、5.7ppmFood Chemistry 153(2014)207-215)
 
この報告では、有機大豆11点、慣行大豆10点、遺伝子組換え大豆10点、計31点中のグリフォサート+AMPA(分解物)を調べた所、遺伝子組換え大豆のみ、10点のみから残留を検出しました。
現在、使われている農薬として他に気になるのがマラチオンとダイアジノンです。
マラチオンは輸入小麦のポストハーベスト農薬としてよく使われます。
小麦への残留基準値は8ppm
ダイアジノンは使用量が多く、日本国内では2004年に6014.9トンが生産されています。(農薬毒性の事典)

大豆試料中のグリフォサートの残留物 およびAMPA
図1. 大豆試料中のグリフォサートの残留物およびAMPA (n = 31).

 
 
 

バナナの病気と農薬の関係(ブラックシガトカ病)

バナナの病気と農薬の関係(ブラックシガトカ病)

『ブラックシガトガ病』

フィジーのシガトカ谷で、1963年に確認され、東南アジア、南太平洋に広がった世界的に深刻な病気です。
バナナの葉が黒く変色するため、光合成を阻害し、収穫量が半減しする病気です。

 
葉が黒くなり、ボロボロになってしまっています。          ブラックシガトカ病にかかったバナナ。葉が黄変、
                                               黒化し、一部は根元から折れてしまっています。

ブラックシガトカ病にかかると・・・
収穫量が半減
・農薬使用
  →年間に25〜40回
・農薬にかかるコスト
  バナナの最終価格の1520
・殺菌剤への耐性菌が増加
    さらなる殺菌剤の使用が必要に
・農薬の集中使用で
  その分解物で高濃度に汚染
マンセブの集中使用でその分解物エチレンチオウレアにプランテーション内の水が汚染されていた
エチレンチオウレアアメリカ科学アカデミーで発がん性の恐れ

バナナのブラックシガトカ病に対する耐性についての論文より
メキシコでは、ブラックシガト病が、1980年代に確認され、15年で急速に全土に広がった。この病気により収穫量は50〜100%減少する。バナナ畑では合成殺菌剤を使う。2010年ではメキシコ国内のバナナ農家は殺菌剤に5500万ドル(日本円で55億円)使った。

 
農薬を多量に使う防除法
1年間に殺菌剤(マンゼブ)を35回
その内14〜20回を他の農薬に切り換える場合もある。
 
中間型防除法
マンゼブ、クロロタロニルを15回

農薬を使わないバナナ園と多量に農薬を使うバナナ園からブラックシガトカ病原菌を収集
 
農薬に対する耐性を調べた。
半数致死濃度という値を使い、値が半減するのに使用した農薬の濃度を調べた。
 
結果
多量に農薬を使うバナナ園では、マンセブでは2倍、農薬によっては濃度を10倍以上にしないといけないものもあった。これは農薬に対して耐性がついていると言える。
マンセブ アメリカ環境保護庁(EPA)
発がん性の恐れ

弊社で販売しているオーガニックバナナに使っているのは
Timorex Gold(天然植物性殺菌剤)
ブラックシガトカ病にも高い効果があり、EUでも認可

今、安売りで売られているバナナは、5100円前後でしょうか?
この安いバナナを作るためには、多くの農薬を必要としています。
農薬を使用しても、農薬に対して菌に耐性がついてしまい、さらなる農薬の使用、違う農薬の使用・・そしてまた耐性菌がでて…といたちごっこが続きます。使用している農薬の中にはマンセブなど発がん性の恐れのあるものもあるのです。
安く買えることは、消費者にとってとてもありがたいことです。
でも、その裏には、多量の農薬使用という問題があることを知ってもらえたらなと思います。(岩田)


 


名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ