食品の効果について知ろう

思春期の野菜や果物の摂取量が、乳がんのリスクを減らす

野菜や果物を摂取することが大切だということは、誰もが知っていることですが

今回ご紹介する論文は「思春期」「野菜や果物をたくさん食べる」ことが「乳がんリスクを減らす」

ということを疫学研究で示したものです。

 

乳がんには2種類のタイプがあり、女性ホルモンの由来によるものとそうでないものに分けられます。

この論文によると女性ホルモン由来でない乳がんに対して思春期の果物摂取量と関係性がありました。

 

思春期の果物摂取量ごとの乳がんリスク減少率
果物摂取量 グループ1 グループ2

グループ3

グループ4 グループ5 この結果が偶然起こる確率
乳がんリスクの発生率 1 0.82 0.76 0.82

0.75

1%

(5%以内なら有意=偶然によるものではないと判断される)

(果物摂取量が一番低いグループ1の発生率が1としてそれに対する発生率)

果物摂取量が多いグループは低いグループよりリスクが低下(0.75倍)=つまり25%減少していました。

 

これまで、思春期や成年早期(20歳過ぎころ?)の食事内容と乳がんの関係性は

研究がなくわかっていませんでした。

乳房は成長期に特に発達します。その時期(思春期〜成人早期)は放射線と同じように

発がん性物質にも敏感です。将来の乳がんリスクを下げるためには、その時期に繊維、ビタミンや

ほかの有効成分(ポリフェノールなど)を多く含む野菜や果物を摂取することの必要性を

この研究ははっきり示しました。

 

論文:Fruit and vegetable consumption in adolescence and early adulthood and risk of breast cancer Walter C Willett ハーバード大学 BMJ 2016

 

みりんの健康効果

 清酒の場合、蒸した米、米麹、水を仕込み、麹菌がデンプンを分解し、出来た糖を乳酸菌や酵母が利用して、少しずつアルコールが増えていきます。一方、みりんの原料は、蒸したもち米、米麹、焼酎です。日本酒と非常に良く似た原料から作られますが、仕込んだ瞬間に、アルコール濃度が約14%(日本酒と同じ)になっているので、全く違うものが出来上がります。このアルコール濃度は、多くの菌が死滅する濃度です。では、みりんは原料を混ぜただけのものでしょうか?そうではありません。最初の1ヶ月弱の間、麹菌の持っていた酵素が、もち米や米麹のデンプンが分解し、ぶどう糖やオリゴ糖が作られます。この糖を、乳酸菌や酵母が利用する事が無いので、非常に甘い調味料になります。また、たんぱく質、脂質、核酸など、その他の成分も、数ヶ月の時間をかけて、麹菌が持っていた酵素反応で変化し、日本酒とは違った物質が蓄積されます。
 
 みりんは、菌が死んでいる発酵食品なので、健康効果は期待できないでしょうか?それも違います。東京農業大学の高橋康次郎さんの論文を紹介します。

じゃが芋の皮中の結合型フェノール類の抗酸化活性

論文で紹介します。


じゃが芋の皮には抗酸化作用があります!!
じゃが芋には植物化学物質であるフェノール類が含まれています。
このフェノール類は遊離型と結合型の2種類に分類されます。
じゃが芋に含まれるフェノール類の量とその抗酸化作用について調査した論文をご紹介します。

  Antioxidative Activity of Bound-Form Phenolics in Potato Peel
じゃが芋の皮中の結合型フェノール類の抗酸化活性
カルビーフーズ Biosci.Biotechem.,70(6),1489-1491,2006
まず、じゃが芋を皮と果肉の部分に分け、遊離型および結合型フェノールを抽出しました。その結果を表1に示しました。
フェノール類総量は遊離型・結合型どちらにおいても果肉よりも皮に多く含まれていました。


表1
サンプル フェノール類総量
遊離型 結合型
 果肉 1.68 0.02
3.66 1.26


DPPHラジカル除去能力(値が大きい程、抗酸化作用が高い) より測定された結合型フェノール類の全抗酸化活性を図1に示しました。皮中の結合型フェノール類は果肉中よりも非常に強い抗酸化活性力を示しました。遊離型フェノールにおいても同じ結果が予想されます。
このことから、じゃが芋には抗酸化作用があり、特に皮にその効果が高いことが証明されました。

ジイソプロパノールニトロソアミンによる気管支腺ガンの誘導に対する長期熟成味噌の抑制

論文で紹介します

Wister Ratにおけるジイソプロパノールニトロソアミンによる気管支腺ガンの誘導に対する長期熟成味噌の抑制
しらき、うね、やの、おおたに、みねおか、わたなべ(広島大学、細胞生物学科)

本研究はオスのウィスターラットにおけるジイソプロパノールニトロソアミンによってできた肺腫瘍の発達に対する食事中の熟成味噌の効果を調べるために計画された。
6週齢の全63頭は4グループに分けられた。
10週間飲み水にジイソプロパノールニトロソアミン(2000ppm)を添加し、与えた。
その後、発ガン処理したラットに普通の固形飼料を与える区(対照区)、同じ固形飼料に10%長期熟成味噌を添加したものを与える区、同じく10%短期熟成味噌を添加したものを与える区に分け、それぞれ12週間給与した。
長期熟成味噌は短期熟成味噌に比べ、有意に肺ガン、腺ガン、PCNA(強い陽性の腫瘍)の数を減らした。
本研究の結果、このように長期熟成味噌の食事中の補助添加は肺ガンに対する化学的抑制効果を発揮するであることが示唆された。

イノシトール6リン酸とイノシトールのガンの抑制効果

論文で紹介します

Cancer inhibitation by inositol hexaphosphate(IP6) and inositol:from laboratory to clinic
イノシトール6リン酸とイノシトールのガンの抑制効果:実験室から臨床まで
Ivana Vucenik メリーランド大学
THE JOURNAL OF NUTRITION 2003 Nov(11.Suppl 1)3778S-3784S  

イノシトール6リン酸(IP6・・別名 フィチン酸)は、穀物、豆類に0.4〜6.4%含まれている。リン酸化炭水化物で、抗ガン効果を示す。
IP6は鉄が水酸化ラジカルを形成するのを阻害することで、強力な抗酸化作用を持ちます。リン酸化の数が少ないIP1からIP5の型も存在し、細胞内でシグナル伝達、カルシウム調整などの重要な役割も果たしている。
どの様にして、外から投与されたIP6はガンの成長に影響を与えるのだろうか? シャムスディンらは、IP6を多く含む食品(穀物と豆)が直腸ガンの低いリスクをもたらしている疫学データに興味をそそられて、実験を開始しました。

IP6は培養ガン細胞の増殖を今までテストされた種類すべてで抑えている。
(造血細胞、直腸ガン細胞、乳ガン細胞、前立腺ガン細胞、肝ガン細胞など)
IP6は、異常細胞を分化させ、正常細胞へ戻すこともある。
(K562造血細胞、ヒト直腸ガンHT-29細胞、前立腺ガン細胞、乳ガン細胞など)
 
解説
「玄米を食べすぎると体に良くないですか?」と、質問をもらい、調査をしました。
インターネット上には玄米などに多く含まれている「フィチン酸(イノシトール6リン酸:IP6)がミネラルの吸収を阻害する。」というサイトがいっぱいありましたが、根拠が書いていないので、論文で探しました。結論を先に言えば「問題なし」ですが、発展途上国などの貧しい食事しかとれない人達には、鉄の吸収阻害の可能性があります。日本の豊かな食生活をしている人々にとっては、ほとんど問題がない感じです。
一方、IP6の抗ガン効果を示す論文がたくさんありました。 穀物や豆は食物繊維の源として、とくに玄米や全粒粉などの摂取がすすめられてきていますが、実は抗酸化作用もそれ以上に重要で、その成分がIP6です。IP6は正常な細胞に悪影響を与えず、ガン細胞の増殖を抑え、転移を抑え、血管形成を抑え、ある時はガン細胞を正常に戻しさえする力を持っているのです。
玄米や全粒粉の製品を積極的に摂りましょう。(伊澤)

解毒について   〜今はやりの解毒(デトックス)について〜

論文で紹介します


解毒は肝臓で行なわれ、2つの段階に分けて考えられています。
 
フェース1: 毒物を酸化したり、水酸基を付けたりする反応で、数多くのチトクロームという酵素がこの反応を行いますが、この反応によって、初めて発ガン性などの毒性を示す物質も数多くあります。

フェース2:

グルタチオン、硫酸、グルクロン酸などを毒物に付加して水に溶けやすく尿として毒物を排出していく反応です。この反応が増強されると、解毒が進みます。

ブロッコリーなどのアブラナ科植物に多く含まれているイソチオシアネート類(スルフ ォラファンなど)はフェース2の反応を増強し、毒物を体内から積極的に排出していき ます。そもそもこのイソチオシアネート類は草食動物に対する植物の防御物質としての 役割を持っている様で、ある意味では「毒物」です。イソチアネート類が体内に入ると グルタチオンと反応し、尿中に排出されていきます。この解毒作用を利用し、ピーナッツなどのカビ毒、アフラトキシンによる肝臓ガンが多い中国でブロッコリースプラウトを住民に摂取してもらいアフラトキシンの排出促進を見た実験があります。
結果は個人差が大きく、ブロッコリースプラウト摂取によるアフラトキシンとDNAの反応物(アフラトキシンによる発ガン性を示している)の減少は統計的に有意なレベルでは見られませんでしたが、スルフォラファンの尿中代謝が多い人ほどアフラトキシンとDNAの反応物が減少していました。このことはスルフォラファンの代謝に個人差があり代謝が多い人ほどアフラトキシン(毒物)の代謝が進んでいることを示唆しています。つまりスルフォラファンによる解毒が促進される人とそんなに進まない人がいるみたいです。
(Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2005;14(11) November 2005)

一方、イソチオシアネート類(スルフォラファンを含む)の中には発ガン性を示す物質もあります。アリルイソチオシアネートはわさび、からしの辛味成分として人工合成されて添加されています。そのアリルイソシアネートを始めとしていくつかのイソチオシアネートには発ガン性の疑いがもたれています。
アリルイソチオシアネートの発ガン性(Natl Toxicol Program Tech Rep Ser 1982 Oct;234:1-142)
その他(Toxcol Pathol, 2003 Jul-Aug;31(4):388-96)

このことに関して、これらの実験での量がヒトが実際に摂取している量の100倍〜1000倍であり、量が少なければ発がん性よりも抗がん性の効果を示すという論文があります。    
(J Nutr 134: 2004-2010,2004)

これらの事実から分かることはイソチオシアネート類の解毒効果、がん予防効果には「最適な濃度があり、濃度が高すぎると発がんの方へ向かってしまう」という事です。
インドール−3−カービノールというイソチオシアネート類の分解物はガン予防効果を示しますが、同時に発ガンにつながる反応も起こします。しかしアメリカ国内の薬局では処方なしに売られてる現状に研究者から警告が出されています。 (carcinogenesis, 23 265-272)

この様に、食品から摂取する時はそんなに注意しなくてもすむような副作用がサプリメントとして食品の100倍−1000倍も摂取すると、思わぬ毒性が生じてしまいます。「すべての物質には、最適濃度がある。」ということを憶えて下さい。
ブロッコリーなどアブラナ科植物から、イソチオシアネート(スルフォラファンを含む)類を効率よく摂取するためには、生よりも充分に加熱するよりも「軽く加熱」して摂取すると効率的です。しかし個人差があるので野菜、果物をまんべんなく摂取する方が無難です。 化学物質過敏症の患者の中にはグルタチオンを処方されている人もいると聞いています。この様な人たちにはアブラナ科由来のイソチオシアネート類が有効な人もいることでしょう。

ブロッコリーとブロッコリースプラウトのガン予防効果

今回は、ガン予防効果が期待されている植物化学物質の1つであるスルフォラファンに注目します。 スルフォラファンとは糖が付いた形(スルフォラファングルコシノレート)としてブロッコリーやブロッコリー スプラウトに含まれているイソチオシアネート類(辛味成分)の1つで、アブラナ科植物に含まれます。 このスルフォラファンの効果についてまとめてみました。

 
スルフォラファンによる期待される効果
1.解毒の活性化
スルフォラファンは解毒酵素系の第2相(第2段階)を活性化することが明らかになってきました。 ヒトの解毒酵素系の第1相では、毒物を酸化還元などにより、比較的反応しやすい物質に変え、第2相では他の物質と反応させて尿中に溶ける物質に変える働きをしています。スルフォラファンはこの第2相をグルタチオンなどの物質を誘導することで活性化するので、毒物の代謝を助け、それが発ガン物質の解毒にも繋がり、あるいは化学物質過敏症などの方にも効果があるのではと言われています。

2.ガン細胞増殖抑制効果
スルフォラファンはガン細胞のアポトーシス(細胞死)と細胞分裂の停止を促進する効果をもつと数多くの研究で立証されてきています。 よって、ガン細胞の増殖抑制効果が期待されています。

イソチオシアネート類を高濃度で実験した研究では、反対に発ガン促進作用があるという研究もあります。 では、どの程度摂れば安全なのでしょうか…。 現在の研究では適正な摂取量を提唱するまでに至っていません。 ある論文では、普段通り食事の中で摂取すれば、発ガン促進作用を示す濃度の数十分の1程度の濃度にしか及ばないと述べられています。現在サプリメントの販売もされていますが、サプリメントで摂取する場合と、食事中で摂取する場合とでは、体内の代謝産物・代謝経路は明らかに違うとも述べられ、「サプリメントを摂れば、食生活をおろそかにしてもかまわない」という考え方に警鐘を鳴らしています。 また、スルフォラファンの効果には個人差があるという研究結果もあり、これらの効果が人それぞれによっても違うことと、サプリメントとして摂取することには危険性があることを知っておいて下さい。

☆ブロッコリーとブロッコリースプラウトはどのように食べたらいいの??☆
ある論文では、十分に調理した食事よりも、軽く調理した食事を摂取した人の方が尿中のスルフォラファン代謝産物の比率が高いという結果が得られています。つまり、軽く調理した方が、スルフォラファン生産量が高いということです。
また、他の研究では5分〜10分、60〜70度で調理した場合に最もスルフォラファン生産量がピークを迎え、 それ以上温度を上げると減少するという結果が得られています。
よって、ブロッコリーとブロッコリースプラウトを調理するときは、加熱しすぎないことがポイントなのです。
薄くスライスすることで、短時間で調理できるように工夫したり、硬い部分から茹でたり、シチューにするときは、後入れにするなど、工夫してみてください。ブロッコリースプラウトは生で食べると思いますが、 生で食べても腸内の微生物の酵素により、スルフォラファンが生成されるという報告もありますので、生で食べても効果が期待できると思われます(個人差があることは述べましたが)。

【結論】
スルフォラファンは「サプリメントで摂ればいい!」、「ブロッコリーばかり食べておこう!」などの考え方ではいけません。
他の野菜や肉と一緒に摂っていればいいだけのことです。
また、ブロッコリーは加熱しすぎず、スプラウトは生で摂取しましょう!

アゾキシメタン(発ガン物質)投与による結腸の前ガン病変の誘導を、完熟みそが抑制する

論文で紹介します

Prevention by long-term fermented miso of induction of colonic aberrant crypt foci by azoxymethane in F 344 rats.
アゾキシメタン(発ガン物質)投与による結腸の前ガン病変の誘導を、完熟みそが抑制する
Masayuki Ohara 広島大学放射能医学研究所
Oncology Reports 9: 69-73 2002


総数50匹の8週齢のラットを5群に分け、発ガン物質のアゾキシメタンを、3週間、皮下注射した。
5週間(投与1週間前から)
前ガン病変の数
ヾ綾呂澆宗6ヶ月熟成)10% 65.1
中熟みそ(4ヶ月)10% 90.9
C惨みそ10% 85.5
た塩 2.2% 84.9
ゥ┘気里 83.7
5種類の条件に分け飼育し、前ガン病変の数(ACF)を測定した。

結果
完熟みそのみが前ガン病変の数を減らした。 発ガン物質による前ガン病変を、完熟みそ(6ヶ月熟成)のみが抑制した。

解説
大腸ガンが増加しています。大腸ガンの内、結腸ガンは、ポリープなどの形成の前に、aberrant crypt foci と呼ばれる前ガン病変を示すことが分かってきました。今回の実験では、実験的に発ガン物質がどの様に抑制するのか見ました。理由は不明ですが、完熟みそのみ、抑制しました。
(2007.12.11)
 

十字架植物(アブラナ科など)と、その構成成分の効果

論文で紹介します

Effects of cruciferous vegetables and their constituents on drug metabolizing enzymes involved in the bioactivation of DNA-reactive dietary carcinogens
十字架植物(アブラナ科など)と、その構成成分の効果
ウィーン大学 ガン研究所 オーストラリア
Mutat Res 2001 Sep. 1 480-481 285-97
 
疫学研究は、十字架植物(アブラナ科など)のガン予防効果の証拠を示している。同時に、動物実験でも、化学発ガンを減少させることが知られている。これらの能力は、十字架植物に含まれている、グルコシノレートの分解産物による、発ガン物質代謝の変化によっている。
最近の研究で、私達は、ナタネジュースがグルタチオン-S-トランスフェラーゼとチトクローム P-4501A2の誘導を、ヒト、HePG細胞でみつけた。
そして、ベンゾピレンなどの発ガン物質の遺伝毒性に対して抑制効果をみつけた。
以前に、げっ歯類で、グルコシノレートの主な分解産物であるインドールと、イソチオシアネートが多環芳香炭化水素とニトロサミンの(発ガン)効果を弱めていることを見つけた。
芽キャベツとこしょうそう(garden cress)ジュースも化学物質(IQ)によるDNA傷害や、大腸と肝の前新形成(前ガン)傷害を抑えた。


解説
ブロッコリーが体に良いと言われていますが、ブロッコリーだけでなく、アブラナ科植物(十字架植物)全体が有益で、ハクサイ、キャベツ、カラシ、タイコン、ワサビなどがあります。
 アブラナ科植物は、グルコシノレートと呼ばれる物質を含んでおり、それらは分解して、イソチオシアネート、インドールなどの物質になります。  別の論文でふれますが、イソチオシアネートは、わさび、からしの辛味成分として人工合成されて、ねりわさびなどの形で製品になっています。
 そのイソチオシアネート単独で実験すると、強い突然変異原性があり、弱い発ガン性もあります(アメリカ国家毒性計画)。
今回のこの論文では、アブラナ科植物のジュースが解毒酵素であるグルタチオントランスフェラーゼを誘導するなどして、発ガンを抑制している可能性を示しました。
(2007.12.11)

エキストラバージンオイルの摂取が閉経した婦人のDNAへの酸化的傷害を減らした

論文で紹介します

Daily consumption of a high-phenol extra-virgin olive oil reduces oxidative DNA damage in postmenopausal women
フェノールを多く含んだエキストラバージンオイルの毎日の摂取が閉経した婦人のDNAへの酸化的傷害を減らした。
イタリア トスカニー科学研究所 パリ
Br J Nutr 2006 742−751
エキストラバージンオリーブオイルは、抗酸化作用を持つ、フェノール系の成分をたくさん含んでおり、死亡率の低下、発ガン、心臓病などの減少の一部をもたらしている。(地中海地方で)
この研究の目的は、健康な人が、いろいろな濃度のフェノールを含むオリーブ油をとることによって、酸化的DNA傷害の量を測ることです。
高濃度のフェノール(592/圈砲函低濃度のフェノール(147/圈砲魎泙爛リーブ油を、フィレンツェの10人の閉経後の婦人に、家庭で使っていた油に代えて、毎日50gずつ、8週間にわたって使ってもらった。
酸化的DNA傷害は、末梢リンパ球のDNAを探り、コメット法で行った。4回の測定の平均は、高濃度のフェノールを含むオリーブ油を摂取した婦人達の方が、低濃度の婦人達より、30%DNA傷害が少なかった。

解説
イタリアなど地中海地方の人達は、心臓病、ガンなどが少ない事が知られています。赤ワイン、オリーブオイルなどに含まれているポリフェノールの抗酸化作用による、と一部思われています。
ヒトなど生き物の遺伝子は、すべてDNA(デオキシリボ核酸)という物質であり、ガンなどは、このDNAが突然変異することによって始まります。突然変異をもたらすものの中に、このところ有名になってきた活性酸素ラジカルがあります。これらが多い事は酸化的ストレスが高いと表現します。これら、活性酸素ラジカルはDNAを傷害し、DNAは切断されたりします。この実験は、このDNAの切断を見ています。
エキストラバージンオリーブオイルに入っているフェノールは、みずからが活性酸素ラジカルの作用を受けることで、DNAの傷害を減らします。  生物の細胞の中にも、ラジカル、活性酸素から守ってくれる酵素(SOD、カタラーゼ)、ビタミン(C、E、グルタチオン)などがありますが、加齢とともに減少するものもあります。年をとればとるほど突然変異の蓄積は増えていき、いっぽう守ってくれる酵素は減少するダブルパンチで、ガンなどほとんどすべての病気にかかりやすくなるのです。
今回の実験で大事なのは、オリーブオイルならなんでもいいわけではなく、エキストラバージン、つまり、しぼっただけの(ピュアはだめ)、さらに色や香も高いエキストラバージンオリーブ油が良いということです。
でも、くれぐれも多く摂ってはいけません。(伊澤)

(2008/12/10)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ