アトピー・アレルギーについて知ろう

親の食事中の脂肪が子供の腸内細菌叢を変え、免疫も変える。

Parental dietary fat intake alter offspring microbiome and immunity
親の食事中の脂肪が子供の腸内細菌叢を変え、免疫も変える。
Ian A.Myles 国立衛生研究所 アメリカ
Journal Immunol 2013:191:3200-3209

ヒトで炎症に関わる病気が現代で増えているメカニズムにはまだ不明なところがある。

衛生仮説では、微生物感染の減少がこの免疫異常の原因の一つとして提唱されている。しかしながら、食事に含まれる脂肪が免疫に影響する。部分的にだが、微生物への影響を通じて、先の論文で、高脂肪食が直接的に腸内細菌叢に影響し、炎症を生じさせる。そして、子供にもいくらかの影響があった。
親の妊娠中、授乳中の食事の脂肪が子供の免疫に影響するという仮説を検証する。

低脂肪食
    親 → 妊娠 → 出産 → 哺乳    子供 低脂肪食


高脂肪食
    親 → 妊娠 → 出産 → 哺乳    子供 低脂肪食


△了匐|は肥満でも糖尿病でもなかったが、感染、自己免疫アレルギー感作で結果が良くなかった。具体的には

大腸菌を感染させた時に、生存率が低い→ 感染
自己免疫疾患モデル(実験的自己免疫性脳脊髄炎)で生存率が低い→ 自己免疫
ピーナッツ・タンパクによるアナフィラキシーショックによる体温低下が大きい→アレルギー

これらの悪影響は子供の腸内細菌叢の変化に関連している。これらの結果は親の脂肪摂取が子供の免疫にインパクトを与える。いわば脂肪の遺産ともいうべき物を残している。そして、それは腸内細菌叢が受け継がれることで起きているかもしれない。また、,鉢△了匐,離優坤澆鯑欝錣気擦疹豺隋▲優坤澆魯侫鵑鮨べる性質があるため、腸内細菌叢が同じになるからなのか、,鉢△琉磴いなくなります。
ここで高脂肪食といっている食事は、一般的な洋風の食事で低脂肪食と比べると、

       高脂肪食        低脂肪食
タンパク   20%          20%   
炭水化物   40%          70%   
脂肪     40%          10%   

脂肪の内訳
飽和脂肪   40%(パーム油)    10%
多価不飽和  21%          72%
一価不飽和  39%          18%

となっており、飽和脂肪酸(パーム油)の割合が高い。

解説
脂肪をたくさん摂ると、肥ることで悪影響がでることは事実ですが、太らなくても、脂肪の種類によっては、影響が違うことを示している論文です。日本人には痩せているヒトでも糖尿病になる人が多いこともあり、太っていることの他に、脂肪、炭水化物の種類の違いが影響しています。

伊澤

子供のアレルギー予防

論文で紹介します。

The Australasian Society of Clinical Immunology and Allergy position statement of allergy prevention in children
子供のアレルギー予防
Susan L.Prescott 西オーストラリア大学 オーストラリア
MJA2005; 182. 464-467 2.May2005


要旨

(1)アレルギーと喘息の家族歴がある子供はハイリスクである。

(2)妊娠中の食事制限は勧められない。

(3)母乳育児はいい点があるのでおすすめできる。母乳育児ができない場合高いリスクを持っている子供の場合は牛乳よりも加水分解された製品をおすすめする。

(4)哺乳中の母親の食事制限は勧められない。

(5)大豆は他の製品(ヤギ乳など)のミルク製品は勧められない。

(6)補助食(牛乳も含めて)子供が4−6ヶ月になるまで遅らせるべきである。この予防効果はハイリスク児でのみ実証されている。

(7)ダニなどのハウスダストなどとの関連は更なる研究が必要。

(8)ペットに関して既に家庭にいるならばそのままでよい(アレルギー専門医によってペットアレルギーと決定されなければ)。

(9)妊娠中はタバコを避けるべきだ。

(10)プロバイオティックサプリメント(微生物)は現時点ではおすすめできない。

(2007/07/02 掲載)

金属と健康問題の関係

論文で紹介します。

Metal-specific lymphocytes : biomarker of sensitivity in man
金属特異的なリンパ球−ヒト感受性のバイオマーカー
カロリンスカ研究所 スウェーデン
Neuro Enclocrinol Lett 1999,20(5).289-298


多くの患者は、健康問題を、アマルガムやその他の歯科金属のせいにしている。遺伝的に感受性のある個人には、水銀と金はハプテン(抗原)として、アレルギー反応を起したり、自己免疫反応を起すかもしれない。

金属によって起きる、リンパ球の反応が3162人の患者で調べられた。

歯の金属の除去の効果が、金属に対する過敏性と慢性疲労症候群の様な症状を持つ患者、111人で調べられた。


金属特異的なリンパ球を血液中に持つ患者がみられた。その中で、ニッケルに対してが一番で、その次が無機水銀、金、フェニル水銀、カドミウム、パラディウムの順でした。

健康な人達に比較して、「慢性疲労症候群」(の様な)患者グループは、数種の金属に対して(特に、無機水銀、フェニル水銀と金)リンパ球の反応が統計的に有意に高かった。

歯科の金属の除去後、83人(111人中76%)が健康の改善を報告している。24人(111人中22%)は変わらず、2人(111人中2%)は悪化を報告している。 歯科金属の取り換え後、金属に対するリンパ球の反応性も低下した。

私達は、金属は視床下部−脳下垂体−副腎、という軸(HPA軸)に影響し、慢性疲労症候群や筋痛脳炎?(myalgic encephalitis)や化学物質過敏症などを引き起こすという仮説を提案する。

(2012/06/15 掲載)

歯科矯正学治療のニッケルとコバルトへの過敏性反応

論文で紹介します。

Nickel and cobalt hypersensitive reaction before and after orthodontic therapy in children
歯科矯正学治療の前後でのニッケルとコバルトに対する過敏性反応
the Journal of contemporary dental practice
volume 5 No.4 November 15 2004


ニッケルとコバルトは、歯科矯正で使われている主な合金です。

この研究の目的は、一般的なステンレススチール製のブラケットとワイアーを使った歯科矯正の前後でのニッケル過敏性の割合を決めることです。

パッチテストと質問状を用い、これらの金属に対する過敏性を評価した。

ニッケルに対するアレルギーは 女性14.55% 男性0%
コバルトに対するアレルギーは 女性7.27% 男性14.81%

でした。

又、歯科矯正前後での過敏性反応に差はなかった。

(2012/06/18 掲載)

化学物質過敏症患者の遺伝子の研究

論文で紹介します。

Case-control study of genotypes in multiple chemical sensitivity:CYP2D6, NAT1, NAT2, PON1, PON2, and MTHFR
化学物質過敏症患者の遺伝子の研究
Gail Mckeown-Eyssen トロント大学 カナダ


化学物質過敏症(MCS)は、解毒能力の障害が提案されている。この研究では、MCSの患者と対照者の間に化学物質を解毒する酵素の差を見つけようとした。

203人のMCSの患者と対照者162人(いずれも女性)の遺伝子を調べた。


結果

CYP2D6とNAT2の遺伝子に違いが見つかった。

CYP2Dの活性型をホモに持つ患者は、 3.36倍(不活性型の人に比べて)
NAT2の高速型は、 4.14倍(遅い型の人に比べて)


結論

化学物質過敏症の患者は、環境化学物質の代謝に遺伝的傾向があった。

CYP2D6とNAT2の遺伝子間で見ると、両方とも活性型の場合、とくに化学物質過敏症が18.7倍になります。


解説

解毒というと無毒かという様に思われるかも知れませんが、化学物質が生体内の酵素で分解されて、初めて発ガン性物質に代わる事(代謝活性化)も多いのです。

今回、化学物質過敏症の患者の人達の方が、より高い解毒酵素を持っていることが示されたわけです。

分解されて、より毒性の強い物質に代わる(代謝活性化)は、発ガン性物質、農薬、環境化学物質など、数多くあります。

著者は、早く分解すればするほど、毒性の強い代謝物の蓄積につながる可能性を指摘しています。

アメリカ医学協会は、1994年に「化学物質不耐症を、心因的として放置すべきでない」と、病気として認めています。


(2012/06/08 掲載)

トランスグルタミナーゼ:小麦アレルギーで対面する問題点

論文で紹介します。

Transglutaminases:a meeting point for wheat allergy,celiac disease,and food safety.
トランスグルタミナーゼ:小麦アレルギーで対面する問題点、セリアック病(グルテン過敏性と上部小腸粘膜萎縮を特徴とする病気)、食の安全性
フランス
2005 Dec;37(10):397-403.


小麦は多くの国々で主要な穀物であり、食品製造業における小麦の使用はグルテンタンパクの技術上の使いやすさにより更に増えています。

トランスグルタミナーゼ(TG)は多くの機能をもつため、至る所で使用される酵素です。

トランスグルタミナーゼはアミド分解やアミノ基転移によってタンパク質を変形させることができます。

この最後の反応ではタンパク質同士を結合させます(架橋という)。

腸内トランスグルタミナーゼは小麦への2種類の免疫反応(セリアック病、小麦由来アナフィラキシー)において重要な役割を示します。

加えて、小麦のアナフィラキシーの場合、新しいエピトープ(抗原)は主にアミド分解されたグルテンタンパクから成る食品成分ではないかと考えられています。

微生物由来のトランスグルタミナーゼは多くの食品製造段階で含まれるため、使用についてはチェックすべきです。このチェックはトランスグルタミナーゼ自体の安全性だけでなく、この酵素によって生成されるアミド分解されたタンパク質や結合したタンパク質の安全性へも及ばなければなりません。

本論文は小麦への免疫反応についての最近の知見と照らし合わせて、食品産業におけるトランスグルタミナーゼ使用が起こしうる成り行きを検討することを目的としています。


(2012/06/08 掲載)

小麦アレルギーとトランスグルタミナーゼを食品安全から考える

論文で紹介します。

Transglutaminases : a meeting point for-wheat allergy celiac desease, and food safety
トランスグルタミナーゼ、小麦アレルギー、セリアック病、食品安全から考える
Malandain H. フランス
Allerg Immunol 2005 Dec 37(10)397-403


小麦は、多くの国で主要な穀物で、加工食品への利用もますます増えている。トランスグルタミナーゼは多くの機能を持つ普遍的な酵素です。脱アミド反応やアミド基転移反応を触媒する。

アミド基転移反応は、タンパク同士を架橋する。

腸内の組織トランスグルタミナーゼは、小1麦に対する2種類の免疫反応に、重要な役割を果たしている。それは、セリアック病と、小麦が関与している運動誘導性のアナフィラキシーです。

更に、小麦アナフィラキシーの場合には、新しいエピトープ(抗原)が疑われています。(脱アミドされたグルテンタンパクからなる食品成分として) 微生物由来のトランスグルタミナーゼは、多くの食品加工過程で入れられるので、その安全性はチェックされるべきだ。

このアセスメントには、トランスグルタミナーゼ自身の安全性と、トランスグルタミナーゼによって生成する脱アミド産物や架橋タンパクの安全性も含まれるべきだ

(2012/06/08 掲載)

セリアック病に関する乳児の食事の影響

論文で紹介します。

A case-control study of the effect of infant feeding on celiac disease
セリアック病に関する、乳児の食事の影響―ケースコントロール研究
Peters U. 栄養食品科学研究所 キール大学 ドイツ
Ann Nutr. Metab 2001 :45(4)135-42


143人の、セリアック病の子供と、137人の対照者の子供で比較した。

母乳育児が2ヶ月以上の場合、2ヶ月未満に比べ、セリアック病は63%低下。

最初にグルテンを食べさせた年齢は、3ヶ月以後は3ヶ月以下に比べ0.72(統計的に有意でないが、発病の年齢には関係していそうだ)


解説

セリアック病は、グルテンに対する抗体が作られることによって、発病する自己免疫病です。

グルテンは、グルテニンとグリアディンの2つのタンパク質。グリアディンはユニークなタンパク質で、多くのグルタミンを含んでいる。組織中のトランスグルタミナーゼは、グルタミンの脱アミドを触媒し、グルタミン酸に変換する。

グリアディン分子内の、グルタミンからグルタミン酸への変換で、クラス狭蓋供DQ2かDQ8に結合することで、グリアディンペプチドの抗原性を高める。

主要組織適合性抗原の特定の型がグルテンによる自己免疫病、セリアック病と関連している。

セリアック病は、133人〜250人に1人という高い割合。症状は下痢などの腸症が主で、それ以外に、疲労、倦怠、貧血(葉酸、ビタミンB12、鉄などの吸収阻害による)

今回の調査でわかることは、母乳哺育を長めにすることで、食物アレルギーの一種、セリアック病のリスクが低下することです。

(2012/06/08 掲載)

シックハウス症候群・化学物質過敏症・アレルギー性皮フ炎とスティーブンスジョンソン症候群の関係

化学物質過敏症について少しずつ明らかになってきています。

フォルムアルデヒドなどの有機揮発性物質により、皮フ細胞のアレルギー反応が微量でも起きること。フォルムアルデヒド以外でも、トルエン、キシレンなど、又、ビルにおける、エチルヘキサノールなど、それ以外の物質が特に高濃度(エチルヘキサノール−1086μg/立方メートル)に存在していて関連が疑われています。

職場で問題なのは半導体クリーニングなどに使われるトリクロロエチレンで、中国広東省のトリクロロエチレン使用職場で患者が110人発生し、このうち20人が死亡しています。

この死亡例は薬の副作用の症例であるスティーブンスジョンソン症候群(薬の副作用…薬によるアレルギー)と関連付けて考えられています。

スティーブンスジョンソン症候群のホームページ(アメリカ)を見ると、アメリカ国内で毎年10万人がこの薬の副作用であるスティーブンスジョンソン症候群で亡くなっており、全米で4番目の死因であると、書いてあります。

化学物質→アトピー→化学物質過敏症→スティーブンスジョンソン症候群という流れがありそうです。

化学物質過敏症の患者の眼を調べてみると、中心の血流量が減少している例が見られます。

そのため治療は代謝促進、ビタミン、ミネラルなどで改善する症例は多いそうです。(生活クラブ会員の方の話では、半身浴が効果的だと言う事です)

今、私達が心がける事は、この様な「化学物質社会」を反省すること(たばこも化学物質)、自分の体の代謝を高めるために運動、半身浴など、血流を高め、食事は控え目にする事が大切だと思います (伊澤)

(2012/06/08 掲載)

ある種のプロバイオティックバクテリアが免疫系を抑制する

論文で紹介します。

Selective probiotic bacteria indeuce IL-10 producing regulatory T cells in vitro  modulating dendritic cell function through dendritic cell specific intercellular adhesion molecule 3-grabbing nonintegrin.
ある種(すべてではない)のプロバイオティックバクテリアが抗原提示細胞(免疫の司令塔の細胞)と接触することで抗原提示細胞の働きを変え、調節、T細胞にIL-10を作らせ、免疫系を抑制する
J Allergy Clin Immunol 2005 Jun 115(6) 1266-7


解説

腸内細菌の内、有益な働きを持っている共生バクテリアの中でも、働きに違いが見られることがあります。今回のこの論文では、同じ乳酸菌に分類されている菌でも違いがあることを示しています。

(2012/06/08 掲載)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ