食中毒について知ろう

男性不妊は先天的だけでなく後天的な原因も大きかった!!

 

不妊治療の補助制度ができるほど、現代は不妊が増えています。

男性不妊の多くの原因である精子減少症が先天的異常ではなく後天的原因で多く起こっているという論文が発表されました。

人は受精する時に精子・卵子共に特定の遺伝子に印をつけて受精し、それぞれの遺伝子を受け継いでいくことがわかっています。人体の神秘ですね。

この印をつけること(専門用語でメチル化といいます)が

  • タバコ
  • 炭酸飲料
  • 環境汚染物質(PCB)
  • 都会に住むこと

などが原因で上手くいかなくなり、不妊や受精後の子どもの発達にも影響があることをこの論文で示しています。

 

この論文の重大なことは、遺伝子が先天的や毒物によって突然変異しなくても、後天的な原因で男性不妊を起こすことがわかったことです。

未来の子供たちのためにも、できる範囲で、原因を避けることは今すぐにでもできそうです。

 

 

Factors associated woth aberrant imprint methylation and oligozoospermia.

精子減少と異常インプリントメチル化(遺伝子DNAが後天的にメチル化される事)を起こす要因

 

Norio Kobayashi 東北大学医学部

Scientific Reports 10.February. 2017

 

男性不妊が原因の不妊が半分あり、日本も含め先進国で増えている。精子減少症は精液中の精子濃度が低い事が特徴だが、男性不妊の多くの原因です。精子減少症を起こす遺伝変異は今までのところ少ししか同定されていない。精子形成の異常は後天的な遺伝子DNAのメチル化とヒストン(遺伝子にくっついているタンパク)修飾の異常によっていることが示唆されている。

私達及び他の研究グループは異常な精子形成は、異常なDNAのメチル化によって起こっていること、とくに精子減少症の男性がそうであることを示してきた。

ヒトでは100個以上の遺伝子がゲノムインプリンティング(精子や卵子ができる時に特定の遺伝子にメチル化が起きる事)され、これらの多くの遺伝子は初期発生に重要な役割を担う。正しくメチル化が出来なかったり、それを維持できなかったりすると、子供の発達がおかしくなったり、産まれてからも代謝や行動の異常になる。

 


 

 

 

これらを抑える方法として

 ・運動  ・農村、漁村に住むこと

 

解説

私達ヒトは父親からと母親からの2つの遺伝子を持っています。しかし、特定の遺伝子は、父親からの遺伝子しか働かない。母親からの遺伝子しか働かないといった、ゲノムプリンティングという働き方をしています。精子形成や卵子形成のときに特定の遺伝子をメチル化することでどちら由来であるか、印をつけているのです。今、この論文で明らかにされていることは、男性不妊の多くの原因である精子減少症では、このメチル化が異常になっており、それによって精子の異常、受精後の発生の異常が起こっているということです。この原因には、タバコ、炭酸飲料、都会に住むこと、PCB(環境汚染物質)などが分かっています。

この研究の重大なことは、毒物というと遺伝子DNAを突然変異させるものという点ばかりを意識してきたことです。

遺伝子DNAが突然変異しなくても、メチル化などに影響する因子があれば、重大な影響を与える事になります。今回の論文で言えば、炭酸飲料がその様な因子になります。炭酸が悪いのか、砂糖なのか、人工甘味料なのか、といった詳しいことは分かっていません。

伊澤

パーム油だけじゃない 油に含まれる発がん性物質

食品中の3-MCPD脂肪酸エステル及びグリシドール脂肪酸エステルの含有実態調査の結果について(平成24、25年度)

詳細版pdf

平成26年12月17日 農林水産省消費・安全局

 

これまで、EUのデータを元に、パーム油に発がん性が懸念されるグリシドール、3-MCPDが多く含まれているとお伝えしてきました。実際に、パーム油には多く含まれていて、使用量も多いので、最も影響が大きい油です。しかし、気をつけないといけないのは、パーム油だけではありません。
日本の農林水産省も、あまり注意喚起はしませんが、油に含まれる発がん性物質の調査をしています。EUと同様にパーム油(アブラヤシ油)が高いのですが、こめ油のグリシドールは、パーム油より高く、ぶどう種子油(グレープシードオイル)はグリシドール、3-MCPD共にパーム油とおなじぐらいです。

 

パーム油をこの様な油に切り替えても意味がありません。注意して下さい

 

関連記事

粉ミルクについて 1

パーム油にも含まれる発がん性物質「3-MCPD」の許容量

植物油脂及び食品中の加工汚染物質 −パーム油には発がん性物質が多く含まれている−

(2018/3/30 外山)

ネオニコチノイド系農薬のハチへの影響を確認

EFSA News (2018/2/28)  Neonicotinoids: risks to bees confirmed

 

EUでは、ネオニコチノイド系農薬のクロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサムの3種を2013年から暫定的に禁止にしています。この段階では、悪影響がはっきりと証明されていなかったので、2年間の「暫定禁止」としていました。これまで、問題が無い事を証明するデータが出てこなくて、延長されてきましたが、EFSA(欧州食品安全機関)が、ついに「ハチへの影響が確認された」と発表しました。

今回は、種子処理としての使用方法についてですが、EFSAが正式に公表したことで、「暫定」ではなく正式な規制につながっていくでしょう。

 

 

ネオニコチノイド系農薬について

  • 有機リン系農薬など古いタイプの農薬よりも、人体に対する毒性が低い殺虫剤(昆虫には良く効く)
  • 浸透性があるので、植物内部まで入り込む
  • 人体への毒性が低いので、使用量が多かったり、残留しやすい使用方法が認可されてきた(種子処理、土壌混和など)
  • 残留しやすく、大量に使われる様になったので、ミツバチ、トンボなど、昆虫に対する影響が問題になった

日本では、規制どころか、使用量が増えています。毒性が低いものを同じ量使うなら改善ですが、毒性が低くなった分多く使ってしまっては、意味がありません。

 

関連記事

ネオニコチノイド系農薬の基準値変更について

クロチアニジン(ネオニコチノイド系農薬)の残留基準値改正

(2018/3/30 外山)

超加工食品の摂取量が、ガンの増加と関連している

Consumption of ultra-processed foods and cancer risk: results from NutriNet-Santé prospective cohort. 
BMJ. 2018 Feb 14;360:k322 パリ第13大学

 

フランスで18歳以上の人104,980人を対象とした調査です。

  • 超加工食品が10%増えるとガンになった人が1.12倍に増えた。
  • 加工なしまたは最低限の加工のみの食品が10%増えるとガンになった人が0.91倍に少なくなった。

(解説)
Q 超加工食品とは?
A 工場で加工している食品。一般的には、5種類以上の原材料を使い、砂糖、油(脂)、塩、酸化防止剤、安定剤、防腐剤を使っている。

ガンが増える原因は、これだけではわかりませんが、この研究者は、1.高カロリー、食物繊維不足、2.添加物、包装材の酸化チタン、3.加熱調理(アクリルアミドなど)、4.プラスチック包装のビスフェノールAなどを考えています。また、加工度の低い加工食品(家庭で作るのと同じような造り方)の場合は、明確な差は見られませんでした。

 

手作りが基本、加工品を使う場合も、添加物の少ないものを選んでください。
(2018/3/30 外山)

EUではサルモネラが増えている

2017年12月12日 EFSA(欧州食品安全機関)のニュース「Salmonella cases no longer falling in the EU(EUでは、サルモネラ食中毒はもはや減っていない)」より

 

  • 2014年以降、EU内のサルモネラによる食中毒が3%増えた
  • 同じ期間に、産卵鶏の保菌率が0.7%から1.2%に増えた
  • 2016年にEU内で94,530人のサルモネラ症が報告された
  • 原因食品としては卵、卵製品、鶏肉が多い
  • 入院患者の45.6%、死者の50%と、ひどい食中毒の原因になっている

サルモネラによる食中毒は、年々減少してきましたが、EUではここに来て増加に転じたようです。日本はどうでしょうか?

  • 日本でも、2012年ごろから減らなくなっている(下の表 2012年ごろからほぼ横ばい)。
  • 日本の食中毒統計には、報告の無いケース入っていない。2013年の861人の裏には、実際には10万〜100万人もの患者が隠れていると推定。(食品媒介感染症被害実態の推定 厚生労働省薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会食中毒部会 2016年3月16日)

 

日本のサルモネラ食中毒統計
年    患者数    事件数
1998    11424    755
2000    6940    518
2004    3788    225
2007    3603    126
2009    1518    67
2010    2476    73
2011    3068    67
2012    670    40
2013    861    34
2014    440    35
2015    1918    24
2016    704    31
 



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ