最新ニュース

腸内細菌についての最新情報(2018)

腸内細菌が肥満や糖尿病、脳卒中に関係していることが明らかになりつつあります。

その腸内細菌を増やすにはやはり食物繊維を多く摂ること。

意識して食物繊維を摂って、生活習慣病を予防したいものです。

 

Dietary Fiber-induced improvement in glucose metabolism is associated with increased abundance of Prevotella

 

食物繊維を摂ることでブドウ糖代謝が改善されることは、腸内細菌プレボテラ(Prevotella)が増えることによって起きる

 

Petia Kovatcheva-Datchary Gothenburg大学.スウェーデン
Cell Metabolism .22.971-982 December 1.2015

 

始めに
腸内細菌が肥満、2型糖尿病、脳卒中に関係している証拠が増えています。ヒトの場合、腸内細菌は食事によって大きく変わります。脂肪とたんぱく質を多く摂るとバクテロイデスの仲間が増え、食物繊維を多く摂るとプレボテラ(Prevotella)が増えます。
私たちは、以前の研究で大麦ベースの夜の食事(デンプンではない多糖類と難消化性デンプンを多く含んでいる)が、正常なBMI値の健康な人の耐糖能(血糖値を下げる能力)を改善することを示した。しかし、食事に対する反応には個人差が大きく、食事によって改善される人はその人が持っている腸内細菌の種類によっている。

 

今回の研究では、大麦中心のパンを3日間食べた後にブドウ糖代謝が改善した人たちとしなかった人たちの腸内細菌を比較した。

 

結果
ブドウ糖代謝が改善した人たちは、そうでない人たちに比べてプレボテラ/バクテロイデスの割合が高かった。その中でもPrevotella copri株が多く、複雑な多糖類を分解する能力が高まっていた。
次に、ブドウ糖代謝が良くなった人たちの腸内細菌を、腸内細菌を無くしたマウスに移殖したところ、マウスのブドウ糖代謝が改善し、プレボテラが増加し、肝臓中のグリコーゲン量が増加した。

 

解説
デンプンを食べると血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が上昇し、ホルモンのインスリンが分泌され、筋肉や肝臓など全身の細胞に取り込まれ、エネルギー源となったり、肝臓ではグリコーゲン(ブドウ糖から作られる)として貯められ血糖値は下がります。この能力のことを耐糖能といい、血糖値が上がりすぎないよう、またインスリンが出過ぎないようコントロールされています。が、高血糖が続きすぎると、このコントロールはうまくいかなくなり、高インスリン血症、糖尿病へつながっていきます。今までは、食物繊維の役割は血糖を急激に上昇させないためと考えられていました(グリセミックインデックス)。しかし、食物繊維を多く摂り続けることで、腸内細菌の内のプレボテラ・コプリ株が増えることが重要なことが示唆されました。
他の論文では、インスリン濃度が上がることそのものが、発ガンを増加させる可能性も示されており、糖尿病のみならず、発ガンにも食物繊維が効果がある可能性が高くなってきています。
 

ニュースより:欧州の改訂高血圧ガイドライン、基準値は下げず

ー米欧で基準値にねじれも、降圧目標は実質的引き下げ

 

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

高血圧の基準値は変化しつつあります。

米国の高血圧治療ガイドラインは基準値を130/80 mmHgに下げました。

今年の欧州高血圧学会は高血圧基準を今まで通り140/90 mmHgに据え置きましたが、降圧目標をほとんどの患者で130/80 mmHgにしました。分かりにくい基準ですが、低い方が良いと考えているので降圧目標が低くなったのでしょう。高齢の人などの降圧目標は実態に合わせて設けることになったようです。

日本ではどうするか、注目していきましょう。

 

 

欧州の改訂高血圧ガイドライン、基準値は下げず

米欧で基準値にねじれも、降圧目標は実質的引き下げ

日経メディカル 2018/6/11

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201806/556434.html

ニュースより:石けんや歯磨き粉に含まれるトリクロサンの危険性

─がん細胞の成長促進も

 

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

今朝のニュースチェックで、身近に使われている殺菌剤トリクロサンに関する記事が目にとまりました。

マウスの実験で人が被ばくするレベルに匹敵するトリクロサンを投与すると、腸に異常が現れます。異常の内容は記事によると次の通りです。
○トリクロサンが腸内のビフィズス菌などの善玉菌を殺し、腸内フロ−ラの多様性を破壊
○直腸に炎症が現れる
○直腸に出血、下痢、腹痛、死期が早まる
○腫瘍がある場合は、腫瘍の成長が早まる

静岡で5月に行われた学習会で、母親が子供を出産する時期のトリクロサン濃度が高いと、子供の認知機能が低下することを紹介しました。トリクロサンの影響は目を離してはならないと思います。

薬用石けん中のトリクロサンは使用中止にしているようですが、歯磨き剤などその他パーソナルケア製品中にまだまだ残っているようです。気をつけましょう。

 

 

石けんや歯磨き粉に含まれるトリクロサンの危険性──がん細胞の成長促進も
6/11(月) 17:18配信 ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/woman/2018/06/post-10355.php

 

ニュースより:シャボン玉石けんが「香害」警鐘広告 ネット「英断に拍手」

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

先日お知らせしたシャボン玉石けんの「香害」に関する主張は、朝日や毎日に全面広告として掲載され、反響を呼んでいるそうです。

香害が化学物質過敏症患者を苦しめているという意味だけでなく、健康に対する影響が正しく認識されるのを望みます。

でも、さらに一歩前進ですね。

 

 

シャボン玉石けんが「香害」警鐘広告 ネット「英断に拍手」
6/10(日) 8:00配信 J-CASTニュース

https://www.j-cast.com/2018/06/10330942.html

ニュースより:「食物繊維で満腹感」仕組み一端解明 京都府立大など

各務原カンファレンス 渡部和男氏配信

http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

 

食物繊維をとると満腹感が得られます。私はこれを胃がいっぱいになった時のように食物が機械的に消化管を押し広げているためと考えていました。

ニュースチェックで読んだ記事によると、食物繊維が腸内細菌により分解され短鎖脂肪酸(酢酸や酪酸)ができ、それが神経に作用し、満腹感が生じるのだそうです。

 

 

「食物繊維で満腹感」仕組み一端解明 京都府立大など
6/8(金) 23:11配信 京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20180608000167



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ